芸能

三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ

百恵さんの「芸能界の父」は亡くなった(写真は2022年5月)

百恵さんの「芸能界の父」が亡くなった(写真は2022年5月)

 一昨年から山口百恵の名曲がサブスクリプションサービスにより聴き放題となったのも、過去のライブ映像をテレビで見られるのも、すべては百恵さんの育ての親である彼の尽力があってこそだった。引退後も百恵さんが信頼し続けた恩師の急逝に彼女は──。

 ダイナミックで美しいハワイの自然、パリのおしゃれなカフェ、海沿いでの優雅なバカンス、古代エジプトの壁画──一歩会場に足を踏み入れると、そこには世界中のさまざまな美景を表現した作品があふれていた。

 5月11日から24日まで静岡駅からほど近い会場で開催されている「静岡キルトフェスティバル」。「旅と休日」をテーマに、日本のトップキルト作家の秀逸な作品を集めた本展で、会場の中でも、大きな人だかりができ、ひときわ注目を集めている作品があった。「ようこそ!」というタイトルがつけられたそのキルトの作者は、三浦百恵さん(63才)だ。

 このキルトフェスでは、百恵さんのキルトの師である鷲沢玲子さんの教室の特別展示が行われており、百恵さんも数多くの弟子のなかから選ばれて作品を出展していたのだ。イベントを主催している「テレビ静岡」のホームページには、作品とともに百恵さんの近影も掲載されている。

「今回出展された百恵さんの作品は、2019年に制作されたもの。新作ではないのですが、フランス出身の画家・モネの家をモチーフにした作品のため、旅のテーマに合っているということで選んだそうです。ピンクを基調にした花々のリースの周りを蝶が舞っている華やかなキルトです。モネの終の棲家となったフランス・ジヴェルニーの庭の散歩道で、モネが訪れた人を笑顔で迎えるようなイメージからこのタイトルがつけられたのだとか」(キルト専門誌編集者)

 現在はキルト作家として活躍する百恵さんだが、このキルトフェスが始まる少し前、「歌手・山口百恵」をともに作り上げた人生の師を失っていた。

 4月30日、前ホリプロ会長の小田信吾さんが急性心不全のため83才で亡くなった。小田さんは、1968年に大手芸能事務所のホリプロダクション(現・ホリプロ)に入社。和田アキ子(72才)や百恵さんのマネジャーを務め、同社の成長に大きく貢献し、マネジャーから社長、会長を歴任した。芸能界の重鎮といわれる人物だったが、葬儀は親族のみの密葬という形でひっそり執り行われたという。

「故人の希望とご家族の意向だったそうです。混乱を避けるため、小田さんの死はしばらく伏せられており、発表されたのは葬儀が終わった後でした」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン