ライフ

子供の急性肝炎が“原因不明”の急増 コロナ禍での感染症対策との関連も指摘

国内で子供の急性肝炎の報告が増加する背景は?(写真=Avalon/時事)

国内で子供の急性肝炎の報告が増加する背景は?(写真=Avalon/時事)

 新型コロナの感染者数が高止まりし、子や孫を持つ大人たちは依然、気を緩められない日々が続いている。そんななか、大人たちの不安に拍車をかける「原因不明」の病が流行の兆しを見せている。

 国内で子供の急性肝炎の報告が増加している。4月25日、厚労省は国内初の患者を確認したと公表したが、その後も報告は相次ぎ、5月18日までに16歳以下の子供12人に急性肝炎が確認されている。いずれも死亡や肝移植などの重症化例は報告されていないという。

 海外でも報告が相次いでいて、なかには重症化例も確認されている。

 イギリス保健当局は4月6日に、小児の急性肝炎が高い割合で確認されていると公表し、5月3日には患者が163人に達していると発表した。その多くが5歳未満の小児で、嘔吐や下痢などの初期症状のあと、濃い色の尿や灰色の便が出て、皮膚や白目が黄色くなる黄疸が出るのが特徴で、死者は出ていないものの、重症化した小児10人以上が肝移植による治療を受けた。

 アメリカでも109人の患者が報告され、うち5人が死亡している(米疾病予防管理センターの5月6日の報告)。

 発生は世界同時多発的で、欧州疾病予防管理センター(ECDC)の5月11日の発表によると、イスラエルやイタリアなど世界27か国で発生していて、患者は計450人にのぼるという。

 この小児の急性肝炎が不気味なのは、原因が不明とされていることだ。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の小児科医、高橋謙造医師はこう語る。

「今回の肝炎はウイルス性のものと推測されていますが、まだ原因となるウイルスは特定されていません。診察の現場では、ここ最近、嘔吐などで小児科を受診された親御さんから、『急性肝炎ではないですか?』と聞かれることが非常に増えています。原因不明で、重症化することがあるというのが、親御さんを不安にさせる原因でしょう。『ただでさえ共働きで、コロナにも戦々恐々としているのに、急性肝炎まで流行ったら怖い』とおっしゃる方も多いです」

 日本小児肝臓研究会の発表によると、以前から子供の原因不明の急性肝炎は年に10件程度あるということだが、この短期間で例年を超えるペースとあって、同研究会は近く調査チームを立ち上げることを表明した。日本小児栄養消化器肝臓学会でも精査・治療をするべく準備を進めている。

「日本は海外に比べると症例数が少ないので、小児科学会などもまだ明確な情報を発信していません。先行して調査しているイギリスをはじめとした海外の報告を待つしかない状態が続いています」(高橋医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン