「女子生徒のメイクを取り締まるときに、クレンジングシートを持って追いかけてきた先生のメイクが宝塚並みに濃かったです」(47才・主婦)

 あ~、私も高校生のときは必死でメイクしていたなあ。でもね、いまだからわかる。若い子はメイクなんてしなくてもきれい! する必要なし‼ でも先生はバッチリメイクするのがマナーでしょう。卒業後、先生にメイク法を聞くのもおもしろかったかもね。

「校則に『モヒカンとリーゼントを禁止する』と明記してあったけど、誰もそんなヘアスタイルにはしていなかった」(45才・会社員)

 1980年代はリーゼントは不良の代名詞だったもんね。そりゃ校則にあっても仕方ないかも。ちなみに、1980年代初期の公立中学校の3分の1に「男子は丸刈り」とする校則があったんですって。極端だよね。リーゼントでも丸刈りでもない髪形、いっぱいあるのに。

「真面目で地味な友人は、校則違反である透ける素材の黒タイツをはいていても、先生に気づかれず注意もされなかった。それなのに私は、規則通りの黒タイツをはいていても、必ず呼び止められてあら探しをされる始末……。人生の不平等さは学校で学びました」(47才・パート)

 校則は「社会の規則を守る練習」のためにあるのか、「理不尽な規則をスルーする訓練」のためにあるのか、それが問題ですね。

取材・文/前川亜紀

※女性セブン2022年7月21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン