ライフ

医薬品に比べて自由度高い「健康食品」は玉石混交 薬と併用には注意すべき点も

薬との飲み合わせに注意

健康食品と薬とののみ合わせに注意

 終わりそうで終わらないコロナ禍。私たちの生活も知らぬうちに変化している。千葉県に住む会社員の高野春子さん(52才・仮名)が明かす。

「サプリ頼みの生活になりました。運動不足で3kgも太ったから体脂肪を減らしたり、糖質を吸収しづらくするサプリを探してのみ始めたのがきっかけ。リモートワークで目が疲れて肩も凝るから、ビタミンEとブルーベリー由来のサプリを摂っています」

 コロナ禍による運動不足やダイエットなどでサプリメントをのむ人が増えている。富士経済の調査によると、2021年の健康志向食品の市場は1兆5431億円で、前年比3.4%増と右肩上がり。ストレス緩和や睡眠サポートのほか、栄養バランスをとる製品が特に好調だという。

 感染症の蔓延により、健康意識は高まっている。サプリメントを含む健康食品に頼りたくなる気持ちは理解できる。しかし、摂りかたによっては、逆効果となる場合もある。国立健康・栄養研究所の研究員が指摘する。

「健康食品を薬と併用して健康被害を起こすケースも少なからず報告されています。健康食品は薬とは違って、消費者の自己判断で使われることが多いうえ、原材料や成分などが明確ではない。似た名称の製品でも中身が大きく異なり、健康被害の原因究明や対策が難しいです」

 医薬品であれば厚生労働省の厳重なチェックを通り抜けなければ承認されない。しかし、健康食品は「食品」に分類されるため自由度が高い。すなわち“玉石混交”とも言え、「健康食品だから大丈夫」と思って気軽にのむと、思わぬしっぺ返しをくらう。前出の研究員が続ける。

「血栓(血の塊)の形成を予防するワルファリンという薬をのんでいる人がクロレラや青汁をのむと、成分のビタミンKによって薬効が減弱することが報告されています。そもそも、青汁はケールや大麦若葉、アシタバ、モロヘイヤなどを原料とする健康食品の俗称。詳細な定義もありません」

 ワルファリンの薬効が減弱すれば、血が固まって脳卒中や心筋梗塞になる危険が高まる。健康のためを思ってのんでいる健康食品が、逆に命を奪うことすらあるのだ。

 西日本のある医師が明かしたのは、多くの現代女性が無縁ではいられない事例だ。

「高齢女性患者がだるくて食欲がないうえ、常に眠気がとれないと訴えていました。血液検査をしたところ高カルシウム血症であることが判明。話を聞くと活性型ビタミンD3製剤が処方されていたのに、カルシウムのサプリメントをのんでいたのです」

 どういうことか。薬剤師の三上彰貴子さんが解説する。

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン