国内

がんのニオイを嗅ぎ分ける「がん探知犬」 かなりの初期段階に反応する可能性も

トレーナーの佐藤悠二さん

「がん探知犬」トレーナーの佐藤悠二さん

 日本人の死亡原因でもっとも多い「がん」は、全体の27.6%を占め、およそ4人に1人はがんで亡くなっている(厚生労働省「人口動態統計(確定数)」2020年より)。しかしながら、「がん=不治の病」という認識はいま変わりつつある。

 その鍵を握るのは「早期発見」。早く見つけることさえできれば、約9割が治るともいわれている。早期発見によって救える命があるかもしれない……。そのヒントは、なんと“犬の嗅覚”にあるという。いま研究が進んでいる「がん探知犬」の最新情報をキャッチした。

「このニオイを探すんだぞ。よし行け!」

 トレーナーの佐藤悠二さんの掛け声で、真っ黒なラブラドールレトリバーのサラは、5つの箱の横を静かに歩く。箱の中には乳がん、肺がん、前立腺がん、直腸がん、腎臓がん、すべて異なるがん患者の呼気が1つずつ入っている。事前に注射器でサラに嗅がせたのは、がん探知犬が特定した乳がん特有と思われるニオイ物質。同じニオイが入った箱の前で足を止め、クンクンと箱の中身を嗅ぐ仕草を始めた。

「がんには特有のニオイがあって、がん探知犬はそのニオイを嗅ぎ分けることができます。最近は訓練の結果、がんの種類まで識別できるようになりました」(佐藤さん)。

 その的中率はほぼ100%に近いという。

 千葉県館山市にある『セント・シュガージャパン』では、「がん探知犬」の育成を2005年より行っている。現在は全国約40軒の病院と提携し、呼気を詰めたパックを送るだけで手軽にがん検診ができる『ドッグラボ』も展開中だ。人間ドックのように体への負担もなく、自宅から呼気を送るだけで検診できるとあって、コロナ禍で利用する人も多いという。

 佐藤さんががん探知犬の育成を始めたのは、マリーンという水難救助犬との出会いがきっかけだ。

「マリーンはとても賢く、驚異的な嗅覚を持っていました。訓練を続けるうちに、水深20mにあるニオイまで嗅ぎ分けられるようになったんです。これをさらに生かせる方法はないかと考えたときに、愛犬が飼い主の皮膚がんを見つけたという海外の論文を読み、もしかしたら犬はがんのニオイを嗅ぎ分けられるかもしれないと思いました」(佐藤さん)

 早速実験を開始すべく、がん患者の検体(呼気や尿)を提供してもらえないか100軒以上の病院に電話をしたが、協力してくれる医療機関は1軒もなかった。

「“犬がわかるなら医者はいらない”、“そんなバカなことはやめた方がいい”と、どこも門前払いでした」(佐藤さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン