芸能

【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント

元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る

元NHK・内藤裕子アナ(写真)や元フジ中村仁美アナら6人が入局当時の思い出を振り返る

 在京の民放キー局とNHKからOGが集結し、大同窓会を開催。NHK・内藤裕子アナ(1999年入局)、日本テレビ・馬場典子アナ(1997年入局)、テレビ朝日・石井希和アナ(2000年入局)、TBS・竹内香苗アナ(2001年入局)、テレビ東京・亀井京子アナ(2005年入局)、フジテレビ・中村仁美アナ(2002年入局)の6人が集まった。テレビで言えなかった知られざるエピソードをノンストップで語り尽くす。【全4回の第2回。第1回から読む】

 * * *

「メイク研修、あった?」

内藤:皆さん衣装はどうでした? 私は熊本時代は衣装もメイクもほぼ自前。給料のほとんどは洋服に消えて「制服があれば良いのに!」と本気で思っていました。拠点局の大阪に異動してスタイリストさんがついた時はホッとしましたよ。

中村:大阪とか東京など大きな拠点局だとスタイリストがつくんですね。

内藤:そうなんです。とはいえ私は身長が174cmでスタイリストさん泣かせでしたけど……。

中村:皆さん、「メイク研修」はありました?

竹内:私の代はなかったけど、下の代から始まりました。多分、私たちを見て「必要だ」と思ったんでしょうね(苦笑)。

馬場:私もなかったので悲惨でした。入社前までほぼスッピンで生きてきたから、カメラテスト前日に人事部長から「メイクをしてない女性がいますが、カメラの映りが変わるので気をつけましょう」と言われてもポカンとしてたんですよ。

 そしたら隣の人に「馬場ちゃんのことだよ」と教えてもらって。もう25年前のことですけどきっと“メイクして来い”って直接言うとセクハラになるから、当時も気をつけていたようで、遠回しに言われて気づかなかったんですよ。

中村:なるほど(笑)。だけどさ、教えてもらったメイクはすごく濃くなかったですか? だから私は少しずつ薄くして自分で変えてましたね。

竹内:フジテレビのアナウンサーさんはフリートークの技術もすごくて、切り返しがとても上手だった印象です。

中村:その代は凄かったですよね。

竹内:はい。“私はあんな風にできない”と卑屈な気持ちになっていました……。人気もすごかったから制作の方々からは「フジテレビみたいな感じで」と言われることも多く、頭を悩ませていました。

中村:でもフジテレビは言葉や選手名のアクセントはNHKさんを参考にしてましたよ。「NHKがアクセントを変えたからうちも変えよう」みたいな。『すぽると!』をやってた時はスポーツ選手の呼び方もNHKさんを参考にしていたので、フジテレビは常にNHKさん待ちでした。

内藤:そんな私は中継で「背景」を「拝啓」のアクセントで伝えてしまったことがあって、視聴者の方からお叱りの言葉があり、それ以来『アクセント辞典』を肌身離さずでした。

石井:ところでNHKさんはニュースで“ひと噛み”したら罰金っていうのは本当ですか?

内藤:そんな噂があるんですか? 罰金は絶対にありません。

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン