国際情報

カミラ王妃、キャサリン皇太子妃、メーガンさん…女王亡き後の英王室“女の闘い”

(写真/GettyImages)

カミラ王妃とキャサリン皇太子妃(写真/GettyImages)

 久々に揃った「ファブ4」に英国が揺れた。9月10日(現地時間)、英国のウイリアム皇太子(40才)とキャサリン皇太子妃(40才)がロンドン近郊・ウィンザー城の門外に現れた。誰もがこのふたりだけの登場だと思ったが、同時に車から降りたヘンリー王子(38才)とメーガンさん(41才)の姿に多くの英国民が目を潤ませた。

 Fabulous(素晴らしい、素敵な)を意味するFabから「ファブ4」と呼ばれる両夫妻が一緒に公の場に現れるのは、2020年3月以来、実に2年半ぶり。4人はエリザベス女王追悼のため門外に集まった人々と言葉を交わし、手向けられた花束や女王を悼むメッセージカードを見つめた。兄弟間の確執が伝えられるなか、ウイリアム皇太子が弟のヘンリー王子に話しかけるシーンもみられた。

 現地の報道によれば、このお出ましはウイリアム皇太子の提案で実現したという。4人の「素晴らしく素敵な顔合わせ」は40分に及んだが、その間、気まずそうに視線を交わさない2人がいた。キャサリン妃とメーガンさんだ。

 9月8日、英国の君主であるエリザベス女王が96才で死去し、女王の長男で王位継承順位1位のチャールズ皇太子(73才)が新国王として即位した。歴代最長の70年にわたって君臨した女王亡き後、王室の行く末は予断を許さない。在英国際ジャーナリストの木村正人さんが指摘する。

「英国は若者を中心に王室離れが進み、王室を維持すべきと考える16〜24才はわずか33%。25才で即位したエリザベス女王は国のために人生を捧げると誓い、王族のスキャンダルが続出しても国民に寄り添い尊敬を集めました。しかし、彼女の死で君主制を安定させる礎がなくなり、英王室は、存続の危機に立たされていると言ってもいいのです」

 振り返れば、女王の在位中は女の闘いの連続だった。

「最初は妹のマーガレット王女と16才年上で離婚歴のあるタウンゼント大佐との結婚を女王が認めず、姉妹の確執が囁かれました。また、チャールズ国王とカミラ王妃(75才)の不倫関係に苦しんだダイアナ元妃(享年36)はストレスで拒食症と過食症を繰り返し、1997年に事故死した際は、ダイアナ元妃に冷淡だったといわれた女王が国民から厳しく批判されました」(在英記者)

 女王の孫になるウイリアム皇太子とヘンリー王子が結婚すると、バトルは次の世代へ。

「富豪の令嬢としておっとり育ったキャサリン妃と、アフリカ系米国人の母を持ち、裕福とは言えない家庭で育ち、米国の厳しい芸能界を生き抜いたメーガンさんは生き方が対照的で、何度も両者の不仲が報じられました。

 2020年3月に英王室を離脱したメーガンさんは『王室メンバーに人種差別された』と発言し、暴露本を出版するなどやりたい放題。奔放な言動にキャサリン妃だけでなく、女王やカミラ王妃も怒り心頭だったとされます」(前出・在英記者)

 この先の覇権争いには王室の存亡もかかってくる。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「チャールズ国王が誕生してカミラ夫人が王妃になり、将来はウイリアム皇太子とキャサリン妃が国王と王妃になります。女王不在のなか、カミラ王妃とキャサリン妃にメーガンさんを加えた3人が、どんなポジションを取るかが王室の未来を大きく揺るがすことになります。英国民は固唾をのんで3人の動向を見守ることになるでしょう」

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン