国内

愛子さま、『ヤクルト1000』をご愛飲か 雅子さまにおすすめも入手困難続く

なんとしてでも手に入れたい(2021年9月、東京・千代田区。写真/JMPA)

なんとしてでも手に入れたい?(2021年9月、東京・千代田区。写真/JMPA)

 プロ野球・東京ヤクルトスワローズが快進撃を続けている。昨年、日本一に輝いた勢いそのままに今季もセ・リーグの首位を走り続け、リーグ優勝は確実な情勢だ。打線を引っ張る村上宗隆選手(22才)は、シーズンホームラン記録を塗り替えるペースでホームランを打ちまくっている。

「ヤクルトの選手は、“入手困難な『ヤクルト1000』を好きなだけ飲めるからだ”と記者の間で冗談交じりに囁かれていますよ」(スポーツ紙記者)

 昨年4月の販売以降、世間の話題をかっさらい、品薄状態となっている『ヤクルト1000』。その影響は、どうやら天皇家の食卓にまで及んだようで──。

 2020年4月の大学入学以降、キャンパスにはほとんど通われず、オンラインで講義を受けられている天皇家の長女・愛子さま。新型コロナの新規感染者数が高止まりしていることもあり、一時は検討された今年秋以降の“通学”も立ち消えになったとされる。

「ただ、天皇皇后両陛下がエリザベス女王の葬儀のため、イギリスを訪問されました。両陛下の海外訪問の機会は、言うなれば、天皇ご一家の外出の“解禁”になるかもしれません」(皇室記者)

 改めて、愛子さまがキャンパスライフを楽しまれる可能性が見えてきた。

「おこもり生活を続けられてきた愛子さまが、好んで飲まれていたのが、ヤクルト1000だといいます」(宮内庁関係者)

 ブームの発端は、お笑い芸人の博多大吉(51才)やマツコ・デラックス(49才)らがその効能をテレビで絶賛したこと。

「ストレスの緩和や睡眠の質の向上が期待できるとの触れ込みで、発売直後から芸能界やスポーツ界には愛飲者がいました。テレビで扱われるようになって一気にブームとなり、店先では品薄の状態が続いています。インターネットのフリマサイトで高額で取引されていたケースもあったほどです」(全国紙社会部記者)

 きっかけは、天皇ご一家の「野球好き」だった。

「これも1つの“ヤクルトつながり”と言えるでしょうか。愛子さまは、スワローズに所属する内川聖一選手(40才)のファンなんです。もともとは、2009年に開催され、日本が優勝を果たした『ワールド・ベースボール・クラシック』をご覧になったことで野球に興味を持たれ、その大会で活躍した内川選手のファンになったそうです。

 同年7月には内川選手が当時所属していたチームの試合を、ご両親と3人で生観戦されました。試合前には内川選手と歓談され、愛犬の話題で盛り上がったそうです」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン