スポーツ

引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉

引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)

引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)

 9月19日、西武の内海哲也投手兼任コーチが楽天戦(ベルーナドーム)で引退試合を行った。試合後のセレモニーでは、内海の巨人入団時の監督である堀内恒夫氏が現れて花束を贈呈。スピーチで以下のように述べた。

「君の技術、経験を若い選手に伝えていって、一人でも多くの第2の内海、第3の内海を育ててほしいと思います。それもこの西武ライオンズでやってほしいと思っております」

 このメッセージに西武ファンがどよめき、大きな拍手を送った。スポーツライターが話す。

「意外な言葉に驚きました。『第2の内海、第3の内海を育ててほしい』で終わってもいいのに、『それもこの西武ライオンズでやってほしい』とわざわざ明言した。堀内さんとしては内海ほど貢献した選手を人的補償で移籍させた巨人に、思うところがあったのかもしれません」(以下同)

 内海は2003年自由枠で巨人に入団。堀内監督のもとで2年目の2005年に開幕ローテーションに抜擢されて4月こそ3勝したものの、その後はわずか1勝に終わった。現役時代に巨人のエースとして203勝を挙げた指揮官は、いくら打たれても将来を見込んで辛抱強く起用した。

 内海はその経験を2006年から2度目の指揮を取った原辰徳監督のもとで生かした。2007年には最多奪三振、2011年からは2年連続最多勝に輝き、第2次原政権6回の優勝に貢献した。しかし、原監督が3度目の就任を果たした2019年、FAで巨人に入団する炭谷銀仁朗の人的補償として、内海は西武へ移籍することになってしまった。

「今年、巨人の若手中心の投手陣を見て、何度も『内海がいたらどう接していたかな……』と考えてしまいました。桑田真澄投手チーフコーチが計画性を持って、うまく育てていると思いますが、現役のベテランでお手本になる人がいるといないでは大きく違う。たしかに菅野智之というエースはいますが、若手から気軽に話しかけられる存在ではないでしょう。

 内海は実績がありながらも自ら若手と積極的にコミュニケーションを取り、的確なアドバイスを送り、巨人の伝統を受け継げる貴重なピッチャーだった。今さらながら、人的補償で西武に移籍させてしまった痛手を感じましたね。原監督も後悔していたかもしれません」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン