芸能

丘みどりディナーショー中止「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」

ディナーショーを中止した丘みどり

ディナーショーを中止した丘みどり

 歌手・丘みどり(38)のディナーショーが当日になって中止が発表された。名古屋観光ホテルの不手際により会場である「那古の間」を確保できていなかったためだという。ネット上では「秋篠宮家の長男・悠仁さま(16)の伊勢神宮参拝が関係しているのではないか」という噂が広がっているが、結論から言えばこれはデマである。

 丘は10月2日、名古屋観光ホテルの「那古の間」にて昼夜2部制でショーを開催する予定だった。しかし、昼の部の受付開始まで1時間を切った同日午前10時52分、丘はブログを更新。名古屋観光ホテルの総支配人・中神章裕氏の署名のもと、〈名古屋観光ホテルの不手際によりまして、開催会場である3階那古の間を確保出来ておりませんでした。つきましては、ディナーショーを開催する事が不可能となりました〉とつづられた書面を公開した上で、丘は〈昨夜ホテルに到着してから発覚したことで私自身もまだ把握できていないことだらけで何がどうしてどうなったのか…〉と吐露していた。

 翌3日、名古屋観光ホテルは詳しい経緯を発表した。ディナーショーを主催する東海ラジオから予約の申込みがあったあと、新たな案件が同じ宴会場で受注されたため、〈ホテル担当者は、ダブルブッキングを承知の上で、主催者様の承諾なしに要件満たさない別宴会場をディナーショーの会場として押さえました。その事実を主催者様に前日21時まで、お知らせせずにあたかも該当会場が押さえられているかのように虚偽の報告をしておりました〉といったことが明らかに。ダブルブッキングの事実が判明した頃にはもう会場準備や設営のための時間が残されておらず、中止に至ったと明かし、〈ホテルの全面的な不手際〉と認めている。

 一連の発表を受けて、ネット上を中心に〈ありえないミスだ〉とホテル側を批判する声が殺到。前代未聞のトラブルゆえに、こんな風説が浮上してしまった。

「名古屋観光ホテルは1936年に開業し、国内外のVIPが滞在してきた”中部の迎賓館”です。皇室の常宿としても知られ、2019年も天皇・皇后両陛下が行幸啓の際に宿泊されました。

 皇室ゆかりのホテルだからこそ、丘みどりさんのディナーショー中止に“何か裏があるのではないか”と疑う人もいた。ちょうど悠仁さまが10月1日、伊勢神宮を初めて単身で参拝されたのが話題になっています。そのため『悠仁さまが参拝後、名古屋観光ホテルに宿泊することになり、そのせいでディナーショーが中止されたんだ』という噂がネット上で広がっています」(皇室ジャーナリスト)

 実際にTwitter上では、〈丘みどりさんディナーショーのダブルブッキングの相手は秋篠宮家〉〈丘みどりさんディナーショーは、秋篠宮悠仁伊勢神宮参拝のために中止になった〉といった書き込みが殺到している。
名古屋観光ホテル側に噂の真偽を聞いた。

「そのようなデマが広がっていることは確認済みですし、ホテルに問い合わせされる方もいらっしゃいますが、(秋篠宮家は)全くの無関係です」(担当者)

 ディナーショーの代わりに「那古の間」で何が行われたかについては、「個人情報なのでお答えしかねる」とのことだった。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン