芸能

個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ

神田正輝が引退となるのか──その思いを存分に語った

神田正輝はせりふを覚えるのに苦労していたという

 昭和の大スター石原裕次郎が創業し、その後は渡哲也が継いだ芸能事務所「石原プロモーション」が昨年、58年の歴史に幕を下ろした。それから1年半、1976年のデビューから解散まで石原プロに所属した神田正輝(71才)が、ある決断に踏み切ったことで、周囲がザワついて──。

 芸能関係者の間に衝撃が走ったのは、今年7月のことだ。

「官報に神田正輝さんの個人事務所が、6月30日をもって解散したという公告が掲載されたのです。関係者の間では、“神田さんが芸能界を引退するのでは”という噂が駆け巡りました」(芸能関係者)

 芸能界に関心を持たなかった青年が、運命的な出会いを果たしたのは、いまから約50年前。神田が23才のときのことである。神田はプロ級だったスキーの特技を生かし、日本大学芸術学部卒業後、スキー用具メーカーの新製品を山でテストするアルバイトを続けていた。そんななか、ある日ふと訪れたレストランで出会ったのが、石原裕次郎さん(享年52)だったという。

「裕次郎さんに『ドラマに出てみないか』とスカウトされ、軽いノリで石原プロモーションに入社したそうです。その後、1980年の『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)のドック役でブレークし、1986年の最終話まで出演を続けました。1985年の松田聖子さん(60才)との結婚も“聖輝の結婚”として世間を驚かせました」(テレビ局関係者)

 以来、神田は50年近くにわたって石原プロ一筋で芸能生活を送ってきた。その石原プロが昨年1月、芸能マネジメント部門の業務を終了し、事実上の解散。石原軍団のメンバーはそれぞれ別々の道を歩むことになった。

 神田とともに長年石原プロを支えた舘ひろし(72才)は、2021年4月に新事務所「舘プロ」を設立。会見では「裕次郎さん、渡哲也さん(享年78)の夢だった映画作りの灯を引き継いでいきたい」と抱負を語った。また、「21世紀の裕次郎」として売り出された徳重聡(44才)はホリ・エージェンシーに移籍している。そんななか、ほかの事務所に移籍することなく、ひとり去就を明らかにしてこなかったのが神田だった。

「芸能人は税金対策のために所属事務所とは別に個人事務所を作る人が多いのですが、神田さんも40年近く個人事務所を持っていた。その事務所を閉じたということは、芸能界を引退するということではないか……と噂が広がったのです」(前出・芸能関係者)

 ここ数年、神田が受ける仕事を制限してきたことも、「引退」の噂を加速させた。

「近年、関係者には、“台本を覚えるのに苦労していて、せりふが覚えられないから、もう俳優はやらない”とこぼしていました。俳優として出演したのは2018年のドラマ『下町ロケット』(TBS系)が最後で、その後のオファーはすべて断っているようです。いまの仕事は1993年から続けている情報番組『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)のMCだけなんです」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン