ライフ

料理コラムニスト・山本ゆりさんが「ジワッとホクホクした気持ちが続く」と語る漫画

料理コラムニストの山本ゆりさんが『トラとミケ』の魅力を語った

料理コラムニストの山本ゆりさんが『トラとミケ』の魅力を語った(単行本4巻より。久しぶりに名古屋に戻った中村君を囲んでの高校の同窓会。実はこのときすでに…)

 女性セブンの人気月イチ連載漫画『トラとミケ』の単行本4巻が発売になった。トラとミケが営む“どて煮屋”に集うお客の人生模様を描いた本作の魅力について、料理コラムニストの山本ゆりさんが綴る。

 * * *
 また友達に全力でオススメしてしまう漫画を知ってしまった……。むしろ今までなぜ知らなかったのだろう。今回4巻を読ませて頂き、貪るように1~3巻を読み、まさに「トラとミケ」のお店から出てきたような、ジワッと温かくホクホクした気持ちが続いている。甘い名古屋のおみその匂いも髪についていると思う。

 本誌の読者の方にすれば何を今さらだと思うが、予備知識ゼロで開いた瞬間イラストに衝撃を受けた。表紙の雰囲気、猫が主役ということから、ゆるくてほんわかした、あまり線のない絵の想像をしていたのだ。全然違いました。風景、小物、生き物の1つ1つがなんて丁寧で精巧で美しく、それなのになんて可愛くて味のある絵なのだろう。季節の移り変わり、天気や時間帯、気温や空気の匂いまで伝わる光と影の色使いが映画を観ているようである。雨上がりのマンホールに群がるスズメ、川沿いの住宅街にある狭い公園、花火に照らされる店前の3人、古い銭湯にあるやたらうるさいマッサージチェアや乗るとガシャンと重りが動く音がする体重計……絵を見ただけでこの漫画を買って良かったと思えるほど、ノスタルジーでたまらなく愛しい。……アカン絵が好きすぎて絵の話だけで終わってしまうから自粛するわ。でも最後に1個だけ言わせて……金木犀にやどる野鳥めっちゃ好き。

 本書はところどころに食べ物が登場する。「トラとミケ」の看板商品どて煮、串カツ、三吉の助六、メグミのお弁当(野菜の多さや色合い、詰め方で奥さんの性格がわかる気がする)、新じゃがの煮っころがし、冷ややっこ(薬味の多さが嬉しい)、きしめんと天むす、お風呂上がりのコーヒー牛乳(最高)、〆サバ、ひなあられに桜餅……季節や心情にピタリと合うご飯が本当においしそうで、湯気や香りがここまで届きそうだ。

 さて4巻は同級生のお葬式から始まる。昔の仲間が集まり、その中のひとり、中村君が癌で先が長くないことがわかる。いつも明るく爽やかでみんなの相談役。パーフェクトな人間に見えるけれど、裏では人知れず涙を流し、死に怯える姿があった。そんな彼が故郷に戻って仲間たちと過ごし、学校でいじめに遭うリコちゃんの相談に乗るうちに、少しずつ変わっていく。

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB