国内

天皇皇后両陛下『全国豊かな海づくり大会』にご出席 子供たちのまぶしさに満面の笑み

「全国植樹祭」「国民体育大会」「国民文化祭」とともに “四大行幸啓”と称される天皇皇后両陛下の定例地方訪問の締めくくりに当たる「全国豊かな海づくり大会」が11月13日に行われた。両陛下は“海”になぞらえて青色のリンクコーデに身を包み、式典前日の12日から現地・兵庫県を訪問された。2日間、地元の子供たちや漁業関係者らとご交流される中で満面の笑みを何度も見せられた両陛下。“笑顔の2日間”を写真で振り返ります。

●11月12日 絵画・習字優秀作品をご鑑賞

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 同大会の絵画・習字のコンクールの優秀作品をご覧になった両陛下。陛下が立ち位置を間違われるハプニングにも、おふたりで顔を見合わせながら笑顔でご対応。優秀作品に選ばれた小中学生と視線を合わせ、優しい笑顔でお話を聞かれていた。

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

●11月12日 神戸空港ご到着

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 お昼頃に到着された両陛下は、出迎えの人々に何度もお手振りをされていた。陛下が11月8日にMRI検査を受けられて以降、初めて臨む地方公務となった。

●11月12日 スーパーコンピュータ「富岳」ご見学

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 国立理化学研究所計算科学研究センター(神戸市)で、スーパーコンピュータ「富岳」をご見学。時に目を見開くようにして熱心に説明を聞かれていた両陛下。「どうしてこんなことができるのだろうと思っていました」と感想を述べられたという。

●11月13日 歓迎行事のため明石港ご到着

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 100隻の漁船団から歓迎を受ける海上パレードのため、明石港に到着された両陛下。色とりどりの大漁旗をかかげた船に向け、お手振りをされていた。

●11月13日 マダイとヒラメの稚魚を放流

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 パレードの後に行われた放流行事で、両陛下はマダイとヒラメの稚魚を放流。丁寧に稚魚を放された後、海へと泳いでいく様子をじっくりと見守られていた。

●11月13日 全国豊かな海づくり大会式典ご出席

(撮影/JMPA)

(撮影/JMPA)

 同大会の式典に出席され、おことばを述べられた陛下。「豊かな海づくりの輪が、ここ兵庫県から全国へと広がっていくことを願い、私の挨拶といたします」とさらなる発展に願いを込めた。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2022年12月1日号

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト