国内

悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し

悠仁さま(写真/JMPA)

高校1年生にして単身での伊勢参拝をされた(10月、三重県伊勢市。写真/JMPA)

 筑波大学附属高校(筑附高)への入学から半年が過ぎ、秋篠宮家の長男・悠仁さまは、クラスメートやバドミントン部の仲間と充実した高校生活を送られているという。徐々に新しい環境と人間関係に慣れてきたご様子の悠仁さま──しかし、すべてが順調とはいかないようだ。

 先だっての10月、秋篠宮家の長女・眞子さんの夫・小室圭さんが三度目の正直でニューヨーク州の司法試験に合格。秋篠宮ご夫妻にうれしいニュースが届いた。眞子さんの将来にひとまずの光明が差し、ご夫妻の心配事は、悠仁さまの今後へと移ったようだ。

「将来の天皇としての人格、素地を身につけていただくことが重要ですが、ご夫妻、特に紀子さまの関心事は目下、悠仁さまの“学業成績”におありのようなのです」(宮内庁関係者)

 前後期制を取り入れている筑附高では、9月末に前期の期末試験が行われた。

「科目によっては、どうやら芳しくない成績をおさめられたようなのです。特に現代文では『赤点レベル』とまで一部で報じられました。まだ1年生ですし、悠仁さまご本人はそこまで気にされていないご様子の一方、紀子さまは、そうした報道がなされたことを含めて、頭を抱えられているといいます」(前出・宮内庁関係者)

 かねて、悠仁さまの東大進学が紀子さまの悲願とされてきた。

「悠仁さまを“東大を卒業した初めての天皇”とするお気持ちがあったといいます。そのためにも、慣例である学習院ではなく、幼稚園から中学校まではお茶の水女子大学の附属校を選ばれ、さらに高校進学に際しては『提携校進学制度』を使っての筑附高への進学に前向きでいらっしゃった」(皇室記者)

新幹線に、名古屋駅からはお車に、乗られ、参拝された(写真は神宮美術館(伊勢市)訪問時)

筑附高に通う悠仁さまだが、同校でも東大に行けるのは上位の生徒(写真は神宮美術館(伊勢市)訪問時。写真/JMPA)

 しかし、いくら進学校の筑附高とはいえ、東大合格をつかめるのはその中でも成績上位の生徒だけだ。東大には「学校推薦型選抜」という名称の推薦制度も存在するが、「1校につき4名までとされ、共通テストの正答率8割以上が求められるなど、“推薦だから成績が少しくらい悪くてもいい”という類いのものではない」(大学受験予備校関係者)という。

 そもそも、筑附高は定期試験の結果による「順位付け」が公表されない点が「国民と争わない」という皇室の姿勢とマッチし、紀子さまのお眼鏡に適った背景がある。にもかかわらず、「成績が振るわない」という報道がされることで、悠仁さまに世間の目が向けられることはふさわしくないだけでなく、学業不振のイメージ先行は、後々の大学進学にまで影響を及ぼす可能性がある。それだけに、紀子さまの焦燥ぶりは激しいのだろう。

「お立場上、筑附高のほかの生徒のように塾へ通うわけにもいきませんから、従前より宮邸に家庭教師を招いて悠仁さまの学力の底上げを図られてきました。

 ただ、成績が伸び悩んでいる現状に、最近になって紀子さまは新しい家庭教師をお探しになっているとも聞いています。勉強の方針について、紀子さまと悠仁さまとの間に立ってより密接なコミュニケーションを取る必要があるでしょう。ただ、そうした人物が簡単に見つかるかどうか……」(別の宮内庁関係者)

※女性セブン2022年12月8日号

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン