芸能

稲垣吾郎、フラットな受け手に徹することのできる彼あってこその作品で知る「傷ついても得られる人生の豊かさ」

妻について「ある悩み」を持つフリーライターを演じる稲垣。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

妻について「ある悩み」を持つフリーライターを演じる稲垣。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

 稲垣吾郎(48才)が今泉力哉監督と初タッグを組んだ映画『窓辺にて』が好評だ。公開御礼・全国生中継つき舞台挨拶も実施され(11月17日)、稲垣、出演者の一人である中村ゆり、今泉監督が登壇。

稲垣自身、こっそり映画館に足を運んで、この作品を鑑賞したという。

稲垣自身、こっそり映画館に足を運んで、この作品を鑑賞したという。

 稲垣が映画内の自身について、「演じてないんじゃないかな」と思うほど、また周囲からも「演じてないんじゃないの?」と言われるほど、自分に近い役だった、と語った。

 それほど、彼を中心に、どこかにありそうで、たぶんどこにもない、そんな豊穣な人間ドラマが綴られている作品である。

「演じてないんじゃないかな」と思うほど自分に近い役だった、と稲垣。

「演じてないんじゃないかな」と思うほど自分に近い役だった、と稲垣。

 本作は、『愛がなんだ』(2019年)や『街の上で』(2021年)などの代表作を持つ今泉監督のオリジナル最新作。来年は有村架純主演の『ちひろさん』の公開も控えている、いまもっとも新作が期待される今泉監督と、朝ドラへの出演をはじめ、映画や舞台での主演が続くなどアクティブな俳優活動を展開する稲垣との幸福な初タッグとなった。ウィットに富んだ会話の応酬や軽妙洒脱な展開の連続に魅了される作品だ。

舞台挨拶で、今泉監督、稲垣、中村ゆり(11月17日)。

舞台挨拶で、今泉監督、稲垣、中村ゆり(11月17日)。

 あらすじはこうだ。かつて『STANDARDS』という小説を世に出し、現在はフリーライターとして活動している市川茂巳(稲垣)。彼はある日、とある文学賞の授賞式で高校生作家の久保留亜と出会う。彼女の書いた小説『ラ・フランス』に惹かれた茂巳は、主人公のモデルとなった人物に会わせてもらうことに。その一方で茂巳は、ある問題を抱えていた。編集者である妻の紗衣が、彼女の担当する人気小説家と浮気していることを知っていながらもそのことを言い出せない日々を過ごしているのだ。しかも彼は、妻の浮気を知ったときの自分の感情についても悩んでいる。そんな茂巳の元にさまざまな者たちが現れては、人縁関係が複雑に絡み合っていくーー。

稲垣演じる茂巳は、妻が浮気していることに気づきつつも、何も感じない自分にショックを受けていた。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

稲垣演じる茂巳は、妻が浮気していることに気づきつつも、何も感じない自分にショックを受けていた。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

 若手からベテランまでのユニークな俳優陣がチャーミングなキャラクターたちに扮し、独特な世界観を構築している本作。茂巳とともに穏やかな時間を過ごす妻・紗衣(中村ゆり)は荒川円(佐々木詩音)と不倫関係にあり、この二人の関係が茂巳にとって“ある種”の悩みのタネとして存在する。

 そんな彼の前に現れるのが、どこかミステリアスな雰囲気を持った高校生作家の久保留亜(玉城ティナ)。彼女のあけすけで大人びた言動が、茂巳の日常にゆるやかな変化をもたらす。

 久保の「ラ・フランス」の主人公のモデルとなった何人かの人物の一人である恋人の優二(倉悠貴)は不良じみた見た目をしているが純粋な青年で、もう一人のモデルである久保の伯父・カワナベ(斉藤陽一郎)は俗世間をでの生活を捨てて山小屋で暮らしている。茂巳を慕う友人のマサ(若葉竜也)とその妻・ゆきの(志田未来)もそれぞれに問題を抱えており、少なからず彼に影響を与える存在だ。

ちょっぴり可笑しい大人のラブストーリーだ。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

ちょっぴり可笑しい大人のラブストーリーだ。(c)2022「窓辺にて」製作委員会

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト