芸能

【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子

夫とは別居、人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子(10月下旬)

 母親は子供が3才になるまで子育てに専念した方がいい。世間では俗に言う“3才児神話”がいまも広く浸透している。だが、育児に熱心な姿勢が評価され、ベストマザー賞にも選ばれた篠田麻里子(36才)には2才になった愛娘と暮らせない複雑な事情があった。ついに法廷闘争に発展した泥沼トラブルの行き着く先は──。

 10月下旬の肌寒い夜。バケットハットを目深にかぶり、サングラスとマスクで顔を覆った背の高い女性が、都内の住宅街でたたずんでいた。少し前まで家族3人で暮らしたマンションは、ひとりで過ごすには持て余すほど広い。かつては幼い子供の手を引いた道を1人で歩く篠田麻里子の背中はどこか寂しげだった──。

 アイドルグループAKB48出身で、現在は女優、モデルとして活動する篠田が、3才下の一般男性A氏と結婚したのは2019年2月。翌年3月に女児を出産し“ママタレ”として活動を再開してからは、育児と仕事を両立する多忙な日々を送ってきた。

「離乳食を作るためにベビーフードコンサルタントの資格を取得するほど食育に熱心で、2才になったばかりの娘さんが成長する姿をYouTubeの『篠田麻里子ん家』で公開しています。今年2月には娘さんによく似たご主人も顔出しで出演し、仲むつまじい家族の日常をオープンにしていたのですが……」(芸能関係者)

 実は篠田は数か月前からA氏と別居し、愛娘とも離れて1人で暮らしている。発端は夫婦間のトラブルだった。篠田の知人が明かす。

「別居の原因は、Aさんが彼女の浮気を疑ったことでした。篠田さんは『絶対にない』と否定したものの、不信感を募らせるAさんと口論に。Aさんの怒りは収まらず、娘さんを連れて実家に戻ってしまったといいます」

 何度か話し合いの場が持たれたというが、その後も夫婦関係が修復されることはなかった。かねて相談を受けていたA氏の知人が語る。

「篠田さんの言うことが信じられなくなったAさんは、彼女が不倫を否定しても納得できず……相手の男性も一向に話し合いの提案に応じようとしないため、Aさんは近く男性を提訴する意向だと聞いています」

 2021年にベストマザー賞を受賞し“娘ファースト”で生活してきたはずの篠田に、何があったのか──。

 福岡出身の篠田がAKB48の初期メンバーに加入したのは2006年。当時、彼女は20才でアイドルとしては遅咲きのデビューだった。

「第一期メンバーのオーディションで披露した歌が中島みゆきさんの『悪女』。プロデューサーの秋元康さんから『あざとい』と指摘され一度は落選したものの、劇場に併設されたカフェでバイトをする姿が評判を呼び“復活当選”しました。AKB48ではお姉さんキャラとして大所帯を牽引し、オフの日も演技の勉強やボイストレーニングに励むグループきっての努力家としても知られていました」(芸能リポーター)

 2013年にグループを卒業するまで、ほとんど休まずステージに立ち続けた篠田は、女優転向後の一時期、“燃え尽き症候群”に悩まされたという。

「目標を見失い、スケジュールに空きがあることに不安を覚えたそうです。周囲の友人たちが次々に結婚することにも焦りを覚え『タイミングを計っていたら先延ばしになってしまう気がする』と漏らしたことも。共通の知人に紹介されたAさんとは、出会って2週間で結婚を決めたそうで『交際0日婚』と報じられました」(前出・芸能リポーター)

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン