芸能

松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮

オーラを放ちながら店を出る松本

オーラを放ちながら店を出る松本

 生ビール400円、牛すじ煮500円──1月下旬の日曜、都内の庶民的な居酒屋で場違いなほどまばゆいスターオーラを放っていたのが、嵐の松本潤(39才)である。ちょうど松本が主演するNHK大河ドラマ『どうする家康』の放送直前の時間帯に友人と思しき男性と入店。国民的アイドルにして大河主演の晩餐としては意外な店に思えるが、実はここは知る人ぞ知る名店だという。

「毎朝豊洲市場から仕入れる新鮮な食材を使い、良心価格で絶品の居酒屋メニューを出してくれます。いつも満席で、近隣住民だけでなく遠方から通う人もいるそうです。ここが松本さんの行きつけならさすがグルメ。店内にはテレビもあるので、大河を見ながら食事をしていたのかも」(グルメ雑誌ライター)

 松本の「食へのこだわり」は芸能界でも有名だ。“嵐のグルメガイドブック”を自称し、全国各地に行きつけの店を持つ。その“グルメ舌”は、大河の座長としても発揮されている。昨年末には都内の創作料理レストランで、大河の共演者やスタッフ約30人を集めて忘年会を開催している。

「ここは“グルメ感度が高い大人”が通う無国籍レストラン。貸し切りにするのも食通のオーナーが認めた人のみというハードルの高さです。もちろん松本さんは常連でオーナーとも仲よし。大物俳優たちも参加した忘年会は大盛況だったそうですよ」(NHK関係者)

 また、昨年10月には、撮影現場に何台もの鉄板とコンロを搬入して、その場で焼きたての極上肉を振る舞う「特製焼き肉弁当」を差し入れ。“座長力”の高さも見せつけた。美食だけでなく健康にも充分すぎるほど配慮している。

「夕食以外はジムのトレーナーが作ったたんぱく質中心の弁当を食べ続けたり、水は常に常温のものしか摂取しないなど贅沢三昧というわけではありません」(芸能関係者)

 その姿に本家の徳川家康が重なるという声もある。「人間50年」といわれた戦国時代にあって73才まで生きた家康も食へのこだわりは強かった。美食の限りを尽くすのではなく、麦飯を主食とし、海の幸、山の幸をバランスよく食べていたことが長寿の秘訣だったと考えられている。

「松本さんの行きつけは高級店ばかりではありませんし、普段は健康的な食生活を送っています。そのおかげか、ファンの間では“5年間顔が変わっていない”と驚かれているとか」(前出・芸能関係者)

 家康役はうってつけだったようだ。

※女性セブン2023年2月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン