芸能

高田文夫氏が“お笑いの首領”と真昼の会談、東京人の後輩とのチョイワル話について語る

高田文夫氏の後輩だという俳優・斎藤工(イラスト/佐野文二郎)

高田文夫氏の後輩だという俳優・斎藤工(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は世間をざわつかせた会談とチョイワル話について綴る。

 * * *
 テレビもラジオも銭湯も、何処でもWBCだ。野球好きの私としても大興奮だが少し落ち着こう。私も古くから「WBC」のメンバーで、人呼んで「若くはないぞ バカ センター」のWBCだ。

 こんな時こそ普段なかなか会わない人と会ってみようと思い私のラジオのゲストにあの吉本興業の大崎洋会長に来てもらった。結構業界的にはピリついたようで「東西お笑い界の首領が昼間に会談」なんてあおるところもあった。業界通であればあるほど、息を殺して生放送を聴いていたようで、東西を知る松村邦洋など珍しく興奮していて「だってあの吉本会長が生スタジオに来るっていうんでしょ。西の吉本の首領VS.かつての『関東高田組』の組長。今や東京の漫才協会外部理事ですよ。そのふたりが会うなんて……」(オレはちっとも偉くねぇじゃねぇか。なんだ外部理事って?)松村しみじみと「やはり40年の月日は伊達じゃありませんね。高田センセーがにこやかに吉本を迎え入れて、まさに無血開城の勝海舟かと思いました」

 思えば1980年“漫才ブーム”が突如吹き荒れ大阪の吉本は慌てて急遽赤坂に黒電話一本ひき、電話ボックスのような小さな部屋を借り“Mr.吉本”といわれた木村(政雄)、そして部下の大崎が小さくなって電話をあわただしく受けていた。私は番組の用件で“やすきよ”のスケジュールと“紳竜”“ぼんち”の依頼と打ちあわせに行っていた。こっち側(東京側)の持ち駒はツービートとセントルイスしかなかった。つい昨日のことのように覚えている。

 あれから43年、横山やすしは死に、紳助は引退し、セント・ルイスはふたり共亡くなった。田園調布に家は建たなかった。

 そして10数年前。吉本が新宿歌舞伎町の中古の小学校に来るときいた。私は18歳の頃から通いつめていたゴールデン街へ行くのを60歳を過ぎてピタッと止めた。あれほど毎晩呑んだくれていたのに、だ。私の耳に、ゴールデン街が大阪弁ばかりになったと噂が届いたからだ。根っからの渋谷・新宿っ子としては、また行く所がなくなった。

 俳優・斎藤工も映画『零落』のチラシを持ってゲストに。私の高校の大後輩なのだ。世田谷は松原(明大前)にある「日本学園」。戦前は日本中学といい吉田茂、横山大観、永井荷風らが出て、戦後は荒井注、私、斎藤工である。聴いたみんなから「同じにおいがした。世田谷の坊ちゃんのチョイワル」だと。近所の女子校の話などですごい盛りあがった。いい後輩だ。東京人はいい。

※週刊ポスト2023年4月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン