宇都宮直子さん

ホス狂いはなぜ「物語」を求めるのか

宇都宮:なるほど、貴重な卵子を提供して、身をゆだねるだけの理由がほしいと考えれば、自分を説得してくれるような物語が必要だという彼女たちの気持ちがわかりました。そうすると、ホス狂いたちが身を粉にして担当ホストに尽くしまくるのも、「尽くすだけの価値がこの男にはある」と思いたいからなのかもしれない。

橘:女性のロマンス願望って、「共感したい」ということなんじゃないかと思うんですよね。知人にとても優秀な女性がいるのですが、彼女はなぜか「ダメ男」に尽くしてしまう。相手の男はアート系の仕事をしていて、その業界では少し名前が売れているものの、私生活がすごくだらしない。彼女から愚痴を聞かされて「ほんとヒドい男だよね」と同情すると、「でも最後は、私が彼の骨を拾ってあげなきゃ」といわれて驚くみたいな。何度も痛い目にあっているのに、「仕事のサポート」と称して何から何まで手伝っている。

宇都宮:すごくよくわかります(笑い)。それってきっと、「仕事の業界で少し有名」というところもポイントなんだと思います。きっと彼女の中では「私のがんばりで、この人を成功させてふたりで幸せになる」という物語ができている。

橘:まわりを見ても、中途半端にダメな奴がいちばんモテる(笑い)。そもそもダメなだけの男は相手にされませんが、一方ですごく才能があって、自分一人で成功できる男もあまりモテない。尽くし甲斐がないんでしょうね。

宇都宮:確かにホストクラブでもナンバー入りするような男の子って、みんながイケメンで完璧という訳でもなくて、「なぜこの人が?」と疑問に思うようなホストも多いイメージでした。

橘:あくまでも個人的な印象ですが、離婚と結婚を繰り返す男は、自分に共感して尽くしてくれる女を見つけるのがものすごくうまい。だけどそんな風に、賢い女がバカな男に尽くすことが日本をダメにしているんじゃないかと、暗澹たる気持ちにもなります。

宇都宮:私も、ホス狂いのエネルギーを別の場所に向けたら、何でもできるんじゃないかと思います。だけど愛する「担当」がそのエネルギー源であることを考えると、そう上手くはいかないかもしれませんが。

関連記事

トピックス

高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
新朝ドラ『ブギウギ』ヒロインの趣里
新朝ドラ『ブギウギ』は「お茶の間に無理のないカラッとした明るさを」 6つのトリビア紹介
女性セブン
イベントに向け、さまざまな企画が進行中(写真は永野のインスタグラムより)
永野芽郁、異例の日本武道館単独公演『非公開』で何をやる? 大型二輪免許取得のために教習所通いか
女性セブン
『東北サファリ』の代表取締役社長・熊久保氏
《ライオンに襲われたか》東北サファリパークで従業員が死亡、同園グループでは同様の事故が合計5回目 代表取締役はレーシングドライバーの熊久保信重氏
NEWSポストセブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《不倫報道で実母が複雑胸中》MEGUMIとの別居に「Dragon Ash」降谷建志の母が語った「とにかく円満に」
NEWSポストセブン
邦画史上類をみないロングラン上映中の『ミッドナイトスワン』で、3年もたっての舞台挨拶に登壇した草なぎ剛。
草なぎ剛が小泉今日子に確かめたかった17年前のTシャツ
NEWSポストセブン