芸能

朝ドラ『らんまん』涙の死を遂げた広末涼子演じる母 早くも期待される「再登板シナリオ」

『らんまん』に出演した広末涼子

『らんまん』に出演した広末涼子

 43日より放送がスタートしたNHK連続テレビ小説『らんまん』。日本の植物分類学の礎を築いた植物学者・牧野富太郎博士の人生をベースにした作品で、主人公・槙野万太郎を神木隆之介(29)が演じる。第1週は万太郎の幼少期が描かれているが、一際輝きを放ったのが万太郎の母・ヒサを演じる広末涼子(42)だ。 

 広末演じるヒサは3度の流産の末に万太郎を産んだが、身体が弱く病床に伏せっているという役どころ。懸命に子供たちの行く末を案じていたが、7日の放送で天国へと旅立ち、お茶の間の涙を誘った。1週間の出演ではあったが、そんな“薄幸な空気”を漂わせた広末の演技にSNS上では、〈大河のような空気感〉〈本当に儚い〉など絶賛の声が相次いだ。『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版刊)の著者で朝ドラウォッチャーの田幸和歌子氏はこう評する。 

「キャストが発表された当初は、『あのヒロスエが朝ドラで母親役?』と驚きの声が多数上がっていました。私も昔から変わらない少女のような透明感に、本当に3児の母なのかと改めて驚きました。そんな広末さんが演じるヒサは息子の万太郎を誰よりも愛し、温かく見守る役柄。病弱で儚いですが、それでいて芯が強い“聖母”のような雰囲気に朝から癒やされた視聴者も多いのではないでしょうか」 

今後は「幽霊」としての登場に期待? 

 今回の広末のキャスティングは、作品の舞台となっている高知県の出身であることも影響していると見られる。田幸氏は広末のナチュラルな「土佐弁」が作品に安心感と信頼感を付与していると言う。 

SNSでも広末さんの土佐弁を絶賛するコメントが多いです。それは“ネイティブ”だからというだけでなく、広末さんの“地元愛(高知愛)”の強さがある気がします。私が過去にインタビューした際には、小中学生時代の親友とずっと連絡を取り合っていることやご自身の“楽観的で壁を作らない”性格は、『空も海も広くて青い自然のなかで育ったからだ』とお話しされていました。朝ドラにとって重要な“幼少期”を彩る重要なキャスティングになっていると思います」(田幸氏) 

 実は広末が神木の母親役を演じるのは、宮藤官九郎脚本のドラマ『11人もいる!』(2011年、テレビ朝日系)に続いて2度目だ。ただ、すでにヒサは亡くなっており順当に行けば今回は神木との共演シーンは見られないかもしれない。田幸氏が続ける。 

「子役から神木さんにバトンタッチする前に、広末さん演じるヒサは亡くなってしまいました。以前、母親役を務めた『11人もいる!』でも“幽霊役”で出演しており、神木さんからは見えないという役どころでした。7日の放送では最後に、亡くなった広末さんが万太郎に語りかけるシーンが描かれました。今後も直接のやり取りは見られないかもしれませんが、神木さんに交代してから“幽霊”などの形で広末さんが登場するシーンがあるのでは……と勝手に期待しています」 

 多くの視聴者を魅了した広末。田幸氏の“妄想”が実現し、「幽霊」としての出演が叶うことを今から祈るばかりだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
元乃木坂46の伊藤万理華の演技に注目が集まっている(公式HPより)
《難役が高評価》異例のNHK総合W出演、なぜ元乃木坂・伊藤万理華は重用されるのか 将来的には朝ドラ起用の可能性も
NEWSポストセブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
報道陣の問いかけには無言を貫いた水原被告(時事通信フォト)
《2021年に悪事が集中》水原一平「大谷翔平が大幅昇給したタイミングで“闇堕ち”」の新疑惑 エンゼルス入団当初から狙っていた「相棒のドル箱口座」
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
大谷翔平の妻・真美子さんの役目とは
《大谷翔平の巨額通帳管理》重大任務が託されるのは真美子夫人か 日本人メジャーリーガーでは“妻が管理”のケースが多数
女性セブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン