芸能

浅野温子&前田敦子“瓜ふたつな母娘”役が大好評 31才差の新コンビ「Wあつこ」の破壊力

トレンディードラマブームの火付け役に

トレンディードラマブームの火付け役に

 明るい茶髪、真っ赤な口紅にサングラス、大声を張り上げながら両腕両足を振り回し、ストレートな物言いで周囲を困惑させる……。オーバーすぎるリアクションで圧倒的な存在感を示したのは、5月16日放送の『育休刑事』(NHK)第5話にゲスト出演した浅野温子(62才)だ。

 4年ぶりのドラマ出演ながら、ブランクをまったく感じさせないどころか、主役級の存在感と振り切れた演技が注目を集めた。SNSでは《思いっきり笑わせてもらった》《コメディエンヌぶりがすごい》との声が寄せられ、なかでも盛り上がったのは主要キャストの前田敦子(31才)との“絡み”だった。

 前田の役は、主役で育休中の刑事を演じる金子大地(26才)の姉で、浅野とは“瓜ふたつな母娘”設定。大袈裟な身振り手振りを交え、目を見開いて話す姿がソックリな“Wあつこ”の姿は、《ふたりとも顔がうるさい笑》《本当の親子と言われても違和感がない》と視聴者を沸かせた。

 浅野は1980年代に『あぶない刑事』(日本テレビ系)や『パパはニュースキャスター』(TBS系)など数々の人気ドラマに出演。同年代の浅野ゆう子(62才)とともに「W浅野」として一世を風靡し、ダブル主演したドラマ『抱きしめたい!』(フジテレビ系)はトレンディードラマブームを巻き起こした。

「若い女性を中心に人気が沸騰し、視聴率は18%超え。連ドラ放送後、スペシャル版が4作も放送されました。彼女たちの華やかなファッションを真似したがる女性が巷にあふれ、社会現象になったほどです」(テレビ局関係者)

 浅野はこれまでコミカルな役からシリアスな役まで幅広くこなし、毎年新しい舞台に挑戦するなど、女優としてのキャリアを積み上げてきた。

 しかし、2019年3月に体調不良で予定していた舞台を降板し、休養を余儀なくされることに。その経緯を浅野を知る芸能関係者はこう語る。

「原因不明のだるさと疲労で、とても舞台に出られるような状態ではなかったそうです。2か月後には体調も安定し、復帰を宣言しましたが、折り悪く新型コロナウイルスが蔓延。浅野さんは感染を恐れ、“おこもり”生活を徹底していました。外食は一切せず、撮影現場で人が集まるのも怖がり、仕事はすべて白紙状態になってしまったほど。

 2003年から俳優業と並行して続けてきた古事記などの『よみ語り』も、一時休止していました」

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン