芸能

広瀬すず「すごい揺れている」圧巻のドリブルとスタイルの良さに深夜の公園がざわついた

ボールさばきが光った広瀬すず

高速ドリブル!ボールさばきが光った広瀬すず

 流れるような足の運びで、手のひらに吸い付くようにバスケットボールを扱う──ここまで華麗で絵になるドリブル姿を披露できる女優が、一体、何人いるだろうか。しかも、彼女は、日本屈指の人気も誇る。5月下旬のある深夜。都内の大型公園で、来年公開予定の映画『片思い世界』のロケが行われていた。杉咲花(25)、清原果耶(21)とともにトリプル主演を務める広瀬すず(24)だ。

「いずれも演技力も高く評価されている朝ドラヒロイン経験者3人が集う超話題作。中でもすずさんにかかる期待は大きい作品です」(映画関係者)

 そんな注目作で、高速ドリブルから巧みなシュートを繰り出し続けたものだから、ロケの見学客たちからもどよめきが起きるのも当然だった。見学していた20代女性は「すずちゃんは、細くて顔が小さくてひと目で分かるほど華やか。それなのにバスケのドリブルでは横にすごい揺れていて、相手を華麗に抜き去っていくんです! サッカーも上手いようですが、バスケも驚くほど上手で、パーフェクトすぎてめっちゃ感動しました」と目を輝かせて話した。

 広瀬は、女優界屈指のスポーツ女子である。スポーツジムでの筋力トレーニングやキックボクシングでボディーメイクをしていて、自身でも「(バキバキに割れた腹筋の)シックスパックが目標」と話すほど。

 しかも、バスケに関しては、小2からプレーしていてチームの司令塔PG(ポイントガード)で活躍。今年は、8月25日開幕の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」のテレビ朝日系中継番組スペシャルブースターも務めることが決まっている。昨年秋の米国プロバスケットボールリーグNBAの「NBAジャパンゲームズ2022」も、女子プロテニスプレイヤー大坂なおみ(25)、東京五輪男子スケートボード金メダリスト堀米雄斗(24)らと並んで観戦していたほどだった。

関連記事

トピックス

羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
懸命なリハビリが続く西川史子
【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態
女性セブン
騒動はどのような結末を迎えるのか(左から田中将大、安楽智大/時事通信フォト)
《楽天・安楽智大がパワハラで自由契約》田中将大にも波及するなか、スポーツ紙が削除していた「文言」
週刊ポスト
女児が転落したとされたジャングルジム
「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分
NEWSポストセブン
河村建夫・元官房長官が機密費に関して重大証言
【全文公開】河村建夫・元官房長官、馳浩氏の“機密費を五輪招致に使用”発言に重大証言 「ああいう形で大っぴらにするのはマズイ」
週刊ポスト
アン・シネ
日本ツアーにアン・シネが戻ってくる! QTはパンツスタイルも、来季は「膝上30センチのミニスカ」が復活濃厚
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
上目遣いショット(インスタグラムより)
加護亜依、ぶっちゃけトーク連発の“衰えないバラエティースキル” 刺激的な発言でネット番組のスターになるか
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)
記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
NEWSポストセブン