芸能

【日比谷野音100年物語】キャロル解散炎上コンサート、キャンディーズの解散宣言…ロックの聖地で繰り広げられた伝説

キャロルの炎上解散コンサート。1975年4月に野音で行った解散コンサートでは、ステージが炎上するハプニングも(写真は1973年4月のロックイベントにて)

キャロルの炎上解散コンサート。1975年4月に野音で行った解散コンサートでは、ステージが炎上するハプニングも(写真は1973年4月のロックイベントにて)

 1923(大正12)年に日本初の大規模野外音楽堂として誕生した「日比谷野外音楽堂」。100周年の今年、さまざまなイベントが行われているが、施設の老朽化による建て替えのため2024年10月より使用休止となる。多くのアーティストに愛され、数々の伝説を生んだ野音の歴史を、ここで振り返ってみよう。1969年、野音で本格的なロックコンサート『ニューロック・ジャム・コンサート』が開催された。これをきっかけに野音は“ロックの聖地”と呼ばれるようになっていった──。【全3回の第2回。第1回から読む】

『ニューロック・ジャム・コンサート』の成功をきっかけに、日本のロックバンドやフォーク歌手などが集結するイベントが多く開催されるようになる。1972年には、吉田拓郎(77才)、アリス、五輪真弓(72才)、かまやつひろしさん(享年78)、加藤和彦さん(享年62)などのフォーク歌手が『フォーク・イン・サマー』を開催。「フォークの殿堂」とも呼ばれ始める。

 1975年4月13日。雨の中、リーゼントスタイルに革ジャン姿で日本のロックシーンを牽引してきた「キャロル」の解散コンサートが行われたのも、この野音だ。

 代表曲である『ファンキー・モンキー・ベイビー』で始まり、ラストの『ルイジアンナ』で会場のボルテージは最高潮に。だが、その直後に事件が起こる。演出のために放った爆竹の火が舞台を形作っていた発泡スチロールに燃え移り、炎は天井にまで達するという、まさに「炎上」状態となったのだ。日比谷野音館長の菊本誠二さん(63才)はこう話す。

「天井に燃え移っても大事に至らなかったのは、野音が屋外だったからでしょう」

 このキャロルの炎上解散コンサートから2年後、人気絶頂のアイドル3人組が世間を驚かす発言をしたのも野音だった。

 ラン、スー、ミキの愛称で親しまれたキャンディーズの解散宣言だ。

キャンディーズの解散宣言。’77年7月、当時人気絶頂だったキャンディーズの「普通の女の子に戻りたい」という衝撃の解散宣言も、野音のステージ上でのことだった

キャンディーズの解散宣言。1977年7月、当時人気絶頂だったキャンディーズの「普通の女の子に戻りたい」という衝撃の解散宣言も、野音のステージ上でのことだった

 1977年7月17日、6000人のファンで超満員の野音は、「キャンディーズ! キャンディーズ!」というファンの熱いコールに包まれていた。

 残すところあと1曲というところで、3人が抱き合い、突然、「私たちは9月いっぱいで解散します」と涙ながらに叫んだのだ。ファンは騒然となり、言葉にならない叫びが会場を包んだ。

「彼女たちが解散宣言の場として野音を選んだ理由はわかりません。ただ、あのようにファンとの距離が近い会場では気持ちも高ぶりやすい。結果的に涙の解散宣言につながったのも、野音がファンと一体化しやすい空間だったからかもしれません」(菊本さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン