スポーツ

阪神・岡田彰布監督は家庭もアレだった! 妻は英仏西語が話せてバースをサポート、長男は阪大に現役合格

阪神・岡田彰布監督(時事通信フォト)

18年ぶりの歓喜をもたらした阪神・岡田彰布監督の意外な家族事情(時事通信フォト)

「岡田監督は普段から言葉を省略して話す癖があり、会話の中でも『アレ』や『コレ』が頻出します。選手にプレッシャーをかけないように優勝を『アレ』と表現していましたが、岡田語録としてシーズン前からたびたびメディアで取り上げられ、ファンの間でも『アレ』がすっかり定着しました」(スポーツ紙記者)

 今シーズン、圧倒的な強さで首位を独走していた阪神タイガースが9月14日、18年ぶりのリーグ優勝を果たした。快進撃を続けるチームの中心で指揮をとった、岡田彰布監督(65才)の言動にも注目が集まっている。

「監督が試合中に何度も口にする大好物のパインアメは、優勝の影響で公式オンラインストアの販売を一時ストップするほど大量に注文が入ったそうです。優勝に合わせて球団とコラボした商品も30分で完売しました。阪神優勝による経済効果は969億円と試算され、関西だけで850億円以上ともいわれています。大阪全体が阪神の優勝に沸いています」(前出・スポーツ紙記者)

 朴訥とした雰囲気で昭和のオヤジ然とした岡田監督だが、その素顔はかなりの頭脳派なのだとか。

「一般入試で早稲田大に入学した秀才で、野球部では5季連続でベストナインを獲得。ドラフト1位で阪神に入団しました。野球だけでなく将棋もプロ級の腕前で、かつてプロ棋士を目指していた番記者と対戦した際も互角以上の戦いでした。その記者いわく『記憶力が半端じゃない。同じ失敗を繰り返さない』と唸っていました」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな岡田監督が生涯の伴侶を得たのは入団3年目のことだった。

「1才年下の陽子さんとの出会いは、後援会関係者がセッティングした“お見合い”でした。早く身を固めた方がプロで活躍できると当時の球団社長からもアドバイスされていたそうです」(元在阪スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン