スポーツ

【賛否】大谷翔平の史上最高契約金に「回収できるわけない」「彼はお金を生み出す工場」「日本のMJ」世界の本当の反応

ドジャースと10年総額約1014億円の大型契約が決まった大谷翔平(時事通信フォト)

ドジャースと10年総額約1014億円の大型契約が決まった大谷翔平(時事通信フォト)

 大谷翔平(29才)が現地時間9日(日本時間10日)、10年総額7億ドル(約1014億円)というMLB史上最高額でドジャースと契約することを発表した。

 これは、アメリカンフットボールNFLチーフスのパトリック・マホームズの10年5億300万ドル(約729億円)を超える北米プロスポーツ史上最高額。また、年俸換算では及ばないが、世界のスポーツ史上最高額サッカー・アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがかつてバルセロナと結んだ4年5億5500万ユーロ(約860億円)も突破。野球が盛んではない英国の大衆紙『ミラー』の電子版でも「MLBスターが、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを超える」と報じた。

 まさに地球全体を驚かすメガ・ディール(巨額契約)となった。

 ただ、事前の予想は5~6億ドル。しかも、右ひじを手術して、来シーズンは投手ができないだけに、米国では称賛と驚きの声とともに、一部からは“疑問”の声も上がっている。

 米ポッド・キャスト番組『Talkin Halos』の司会ジャレット・ティムズ氏は「DHだけの選手に年俸7000万ドル(約101億円)だぞ」と異論を唱え、スポーツコメンテーターのクリス・ルッソ氏は「大谷に6億ドルを払うヤツは頭の検査を受けろ」と手厳しい。サッカーなどに比べてマイナーなスポーツ、しかも、アジア人であることも関係あるのだろう。一部では「回収できるわけない」という論調もあるようだ。

 しかし、間近で大谷フィーバーを見てきた人ほど「その契約金は高くはない」と主張する。『The Athletic』のエンゼルス担当サム・ブラム記者は「6、7年の広告費だけで元は取れる。彼は“お金を生み出す工場”。大谷は日本人にとってマイケル・ジョーダンのような存在」と語っている。同じくエンゼルスの地元スポーツ局『Bally Sports West』の実況ウェイン・ランダッソ氏も「彼を取り巻くビジネスを理解するには、実際にその影響力を目にしないと無理なだけ。7億ドルでも安すぎると感じている」と言い切った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン