清少納言役のファーストサマーウイカ(時事通信フォト)

清少納言役のファーストサマーウイカ(時事通信フォト)

清少納言とのバトル

【4】死を招く疫病の流行

 紫式部が生きた時代には、死に直結する病である天然痘などの疫病が大流行した。

「史実では道長の長兄の藤原道隆(井浦新)と次兄の道兼が次々に命を落とします。紫式部ひとりの受難というわけではありませんが、当時の社会が大きな不安に包まれていたと考えられます」

【5】清少納言との軋轢

 同時代の宮中には『枕草子』の作者である清少納言(ファーストサマーウイカ)がいた。

 一条天皇の后で藤原道隆の娘・定子(高畑充希)の女房だった清少納言は、彰子に仕える紫式部にとって、まさに“目の上のたんこぶ”だった。

「清少納言は明るく社交的な女性で、天皇と后の間を行き来する役人の男たちは、定子のサロンで清少納言と話をするのを楽しみにしていた。『枕草子』によると、歌はあまり得意ではなかったようですが、道長を支え続けた藤原行成(渡辺大知)も、いつも清少納言を指名して漢詩をやり取りしていました。

 紫式部は巻き返すため、彰子を訪れる男たちを楽しませようと一生懸命『源氏物語』を書いたのだと思います」

 紫式部が出仕してから1年ほどで定子が他界。その後の清少納言に関する歴史的資料は残っていない。

「人気者だったので、彰子の元に女房として呼ばれた可能性もありますが、紫式部は『紫式部日記』で清少納言を批判するような言葉を長々と書いている。

“彰子には私がいるから、清少納言なんていらない”とアピールしていたのかもしれません」

 これらの史実は『光る君へ』でどう描かれるのか。木村氏がいう。

「ドラマはまだ序盤ですが、幼少期に亡くなった紫式部の姉が出てこないなど、史実とは違う描き方をしている箇所も多い。ドラマオリジナルの試練も多数用意されているのではないでしょうか」

※週刊ポスト2024年2月2日号

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト