芸能

沢尻エリカ、初主演舞台で「圧巻の再出発」 背中を押した薬師丸ひろ子からの「お手製のれん」

舞台で復帰した沢尻

舞台で復帰した沢尻

「舞台は約3時間の長丁場ですが、ブランクを感じさせない堂々としたせりふ回しと、圧倒的な存在感に会場の視線が釘付けになっていました。“完全復活”を印象付ける熱演で、早くも彼女の代表作にふさわしい傑作との評判も聞こえてきます」(芸能リポーター)

 世間を騒がせた薬物事件から4年余り。沢尻エリカ(37才)が表舞台に帰ってきた。

 沢尻の女優復帰作にして、初の主演舞台『欲望という名の電車』はアメリカの劇作家、テネシー・ウィリアムズの名を世に知らしめた不朽の名作。1947年にブロードウェイで初演されて以来、ジェシカ・タンディやヴィヴィアン・リーなど数々の名優が主演のブランチを演じてきた。

「日本でもたびたび舞台化され、杉村春子さんや栗原小巻さん、大竹しのぶさんが演じて高い評価を受けました。DVや同性愛、人種差別など、現代にも通じる数々の問題を内包したストーリーで、ヒロインのブランチは上流階級から転落し、愛に破れて精神が崩壊していく難役。2012年の映画『ヘルタースケルター』で狂気的な役を演じた沢尻さんにとっても、大きな挑戦となりました」(前出・芸能リポーター)

 2月10日に東京・新国立劇場で初日を迎え、満席の観客が沢尻の“女優復帰”の瞬間を見届けた。

「ブロンドのロングヘアを振り乱し、舞台を所狭しと駆け回る沢尻さんの一挙手一投足に観客の視線が集まっていました。東京全12公演、大阪全6公演は、チケットの発売と同時にソールドアウト。注目度の高さをうかがわせます」(前出・芸能リポーター)

 2020年2月に薬物事件で執行猶予付きの有罪判決を受けて以来、沢尻はいっさいの芸能活動を休止して更生に努めてきた。一度は本気で引退することを考えたものの、休業中に出会ったファンの“辞めないでほしい”、“応援しています”という声に鼓舞され、不安を抱きながらも復帰を決意したという。

「彼女の背中を押したのはファンだけではありません」と言うのは、ある舞台関係者。

「沢尻さんの楽屋口に、青地に白い文字で彼女の名前が書かれたのれんが掲げられているのですが、そののれんは彼女が尊敬してやまない薬師丸ひろ子さん(59才)からの贈り物なんです。

 沢尻さんをイメージしたトリコロールの周りに彼女を応援する人々や薬師丸さんのイニシャルが描かれた温かみのあるデザインで、薬師丸さんが自ら考えて作られたものだとか。もちろん共演者の間でも評判になっています。薬師丸さんの思いを知った沢尻さんは涙が出るほど喜んでいたそうですよ」(舞台関係者)

 沢尻と薬師丸の出会いは約20年前。2005年に放送された初主演ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)の共演がきっかけだった。

「脊髄小脳変性症を発症した実在の少女の闘病記をベースにした物語で、薬師丸さんは沢尻さんが演じた主人公の母親役を務めました。ドラマは最終回の視聴率が20%を超える大ヒットを記録し、沢尻さんの出世作になりました」(前出・芸能リポーター)

 共演は一度きりだが、シリアスな役からコメディーまで難なくこなし、年を重ねても少女性を失わない薬師丸は、常に憧れの存在であり続けた。沢尻は後のインタビューでこう振り返っている。

《当時19歳だった私は、役や台詞へのこだわり方、俳優としての矜持、そして品格。演技の素晴しさはもちろんですが、それらすべてを備えた彼女の姿に感銘を受けたことを覚えています》(『GINGER』2024年3月特別増刊号)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン