芸能

【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも

(時事通信フォト)

81才で亡くなった山本陽子さん(時事通信フォト)

 女優の山本陽子さん(享年81)が2月20日、急性心不全のため亡くなった。2日には、若かりし頃に映画で共演した俳優の高橋英樹(80才)と『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。3日には自宅がある熱海市の神社で節分の豆まきに参加するなど、最後まで精力的に仕事をこなしていたという。だからこそ、突然の訃報に周囲も驚いていたようだ。

 いまから、約60年前にデビューした山本さん。高校卒業後は秘書に憧れ、証券会社で働いていたが、職場の同僚が応募した「日活ニューフェイス」に合格し、芸能界入りを果たす。しかし、同世代に浅丘ルリ子(83才)や吉永小百合(78才)といった人気スターがひしめいていたこともあり、目ぼしい役を与えられる機会に恵まれなかった。

「新人の契約期間である5年間のうちにブレークできず、早々と日活を退社しています。女優としての転機は、当時は映画より格下に見られていたテレビに活路を見出したことでした。『太陽の涙』(TBS系)では出戻り娘、『白い影』(同)では主人公を支える看護師を演じ、瞬く間にお茶の間の人気者になったのです」(映画関係者)

 山本さんも後に、「小柄だったこともあり、スクリーンよりもお茶の間のテレビの画面の方が合っていた」と振り返っている。

 1980年代には『黒革の手帖』(テレビ朝日系)でクラブのママとしてのし上がる元銀行員、『ザ・ハングマン』シリーズ(テレビ朝日系)では悪事を暴く秘密組織のリーダーを演じて、女優としての幅を広げた。テレビCMでの印象も強く、特に山本海苔店とは1967年の専属契約開始以来、57年にわたってイメージモデルを務め、ギネス記録にも認定された。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン