日本ではタワマンを持つ大谷翔平(2018年)

日本のタワマンに入る姿が目撃されたことも(2018年)

「当たり前のように、二刀流をやるにあたって妻となる女性が食生活を支えてくれていたのかという質問もありました。きっと、大谷のために彼女が作る手料理が、右ヒジの手術を経てリハビリをしていた大谷選手の支えになっていたといった類の美談が聞きたかったのでしょう。

 プロ野球の長野久義選手(読売ジャイアンツ)と結婚したテレビ朝日アナウンサーの下平さやかさんも、『スポーツ選手を食事で支える妻』という『虚像』を抱かれることについての違和感を朝日新聞のインタビュー(2021年)で語っていましたが、いまだ『妻の役目は料理』という考えの記者がいるのかもしれません。

 ですが、さすがの大谷選手はこの質問についても『シーズン中は特には来てなかった』『渡米してから今まで基本的には1人でいたので、そこは特に去年も変わらなかったかなと思います』とあっさり流していて、痛快でした」(同前)

 さらに記者から「奥さんの好きな食事はありますか」と聞かれた大谷だが「まだこっちにきてそこまで日は経っていないというか、そんなに長いことではないので、まだそこまで食べてないですかね」と再び受け流すのだった。なお、3月2日に配信された『Number Web』のインタビューでは、大谷は彼女が作る「ドライカレー」が美味しかったと答えている。

 女性側からの「匂わせ」も一切なく、交際報道もないなかでの電撃結婚だったが、SNSなどでは愛犬の「デコピン」を飼い始めたことが結婚のフラグだったと見る向きも多かった。が、これについても大谷は会見で“期待”を裏切る回答をしている。

 記者からの「ワンちゃんを飼われたのはご結婚と影響があった?」との質問に「ボヤッとは考えてましたけども、基本的には手術した時も僕が1人で見てたので、基本的にはそこまでは。ボヤッとはもちろん考えてましたけど、そこまで必ずっていう感じではなかったです」と答え、「ワンちゃんを飼うのは2人で決めたっていう感じですか?」との問いには「いや、僕が勝手にって言うか(笑)。僕はもちろん前々から飼いたいなっていうのはあったので、タイミング的に良かったっていうのはあったので、電話した時にむしろビックリしたっていう感じだったので」と語ったのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン