芸能

【山田裕貴&西野七瀬】交際は順調 過密スケジュールの合間を縫って2泊3日九州旅行、初めて見せたツーショット

旅先でもオンラインゲームに興じていたという

旅先でもオンラインゲームに興じていたという

 大河ドラマに、映画に、連続ドラマにと、途切れなく出演を続ける俳優の山田裕貴(33才)。交際相手の西野七瀬(29才)も、アイドル卒業後は女優としてのキャリアを着実に積んでいる。約1年に及び順調な関係を育んできたふたりが、仕事の合間を縫って選んだ旅行先は九州だった。

 リニューアルから約1年を迎えた熊本空港(阿蘇くまもと空港)は、土産物店が充実していることで知られる。2月下旬の週末、フライトを待つ間に買い物や試食に勤しむ客のなかで、ひときわ目立つオーラを放っているカップルがいた。山田裕貴と西野七瀬である。

 ふたりはおそろいのマスクを着用し、山田はサングラスをかけ、黒のデニムジャケット、デニムのワイドパンツという出で立ち。旅支度が入っているのか、かなり大きなバッグを肩から下げている。西野は山田と比較すると身軽で、ベージュのダウンベストに黒いワイドパンツ、スニーカーを合わせたラフな姿だ。

「ふと隣を見たら、山田さんと西野さんがお土産を選んでいて驚きました。阿蘇の特産品であるジャージー牛乳や、くまモンのグッズを買っていましたよ。地酒コーナーでは、日本酒や焼酎などをかなり長い時間眺めていましたが、最終的に選んでいたのは海苔でした」(居合わせた人)

 時折、腕を組んだり手をつないだりすることもあったというふたり。別の居合わせた人も驚きを隠さない。

「熊本名物の馬油のスキンケア商品の売り場では、“これはまだ家にあったよね”と山田さんが西野さんに話しかけていたり、“七瀬が楽しんでくれればおれはそれでいいよ”という山田さんの声も聞こえてきて、王道の少女漫画かと思いました。終始仲睦まじく、微笑ましかったです」

 本誌『女性セブン』がふたりの真剣交際を報じたのは2023年7月のこと。その直後、山田自らラジオ番組で「温かくそっと見守ってくれるとうれしいです」と言及した。

「交際が公然の事実となったのちも、ふたりはひっそりと交際を続けてきました。西野さんは元アイドルですから、ファンを慮りたいという側面もあったのでしょう。しばらくはふたりで外出することを避けていました」(芸能関係者)

 恋路を忍んできた山田と西野が初めて見せたツーショット。これまでとは打って変わって、人目を気にする様子もない。ふたりにどのような心境の変化があったのか──。

 現在、山田は月9ドラマ『君が心をくれたから』(フジテレビ系)に、西野は『大奥』(フジテレビ系)にそれぞれ出演中。「お互い1年以上先までスケジュールが埋まっている」(前出・芸能関係者)といわれるほど多忙だが、交際は至って順調のようだ。

「ふたりは一緒に過ごす時間をとても大切にしていて、仕事が終わればすぐに半同棲している山田さんの自宅に帰っていく。時間を捻出して共通の趣味であるオンラインゲームに興じることもあるそうですよ。昨年のクリスマスイブも一緒に過ごしたと聞いています」(前出・芸能関係者)

 過密スケジュールの合間を縫って今回の旅行を実現させることは、簡単ではなかったという。

「たまたま山田さんのスケジュールに空きができ、西野さんのスケジュールも調整がつくということで、急遽旅程を押さえたそうです。行き先は九州地方で、2泊3日。福岡や熊本をレンタカーで回ったのだとか。

 山田さんはお寺巡りが好きで、御朱印を集めるために何度もひとりで京都に出向くほどの旅好きです。30才を前に応じたインタビューでは“行ったことのない場所へ旅をしたい”と語っていました」(テレビ局関係者)

 一方の西野もたびたび海外へ足を運んでおり、かなり旅行慣れしているようだ。

「有名な観光地よりも、地元の人に愛されている場所に行きたいタイプだそうです。ひとりで飛行機に乗ることにもまったく抵抗はないとか。バラエティー番組ではトルコへの憧れを明かしたこともありました」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン