ライフ

昭和を代表する「不適切発言」にまつわるクイズ【政治家編&芸能界編】

「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)

「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)

 賢者は歴史に学ぶものである。歴史を学ばないものは、それを繰り返す運命にある。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 あの人気ドラマのせいで若い人たちにもバレてしまいましたが、昭和の時代には「不適切」があふれていました。ただ、令和の基準で見ると立派なセクハラ発言やパワハラ発言でも、当時は問題視されていなかったものがほとんどです。ま、大半の人が無自覚にスルーしていたところが、もっとも不適切なんですけど。

 そんな昭和の時代でも、押しも押されもせぬ「不適切」はたくさんあります。昭和を代表する「不適切発言」にまつわるクイズ(政治家編&芸能界編)に挑戦して、自分の“血中昭和濃度”がどれだけ濃いかをチェックしてみましょう。平成生まれの方も、昭和への理解を深めたりあらためて呆れたりするために、ぜひやってみてください。

●政治家編

【問題】次の1~4の不適切発言をしたのは誰か。ア~エの4人(肩書は発言当時)から選びなさい。

1「中小企業の5人や10人の破産、自殺はやむを得ない。子孫を残そうとする利他の要素です」

2「無礼なこと言うな。バカヤロー!」

3「熊本県では、申請すれば水俣病患者になってカネがもらえるから、そのうちに県民全部が水俣病患者になる。私も熊本県に住んで水俣病患者になりたい」

4「ヒロポンは戦前は薬局で売っており、ぼくらの学生時代には試験の前などによく飲んでいた。気持ちがいいし、能率が上がる」

 

ア.吉田茂(内閣総理大臣)

イ.世耕政隆(自治大臣・国家公安委員長)

ウ.池田勇人(通産大臣)

エ.森下泰(参議院議員)

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン