共同通信社

吉田茂元首相(共同通信社)

 では、正解の発表です。まずは「政治家編」から。

【正解】1‐ウ、2‐ア、3‐エ、4‐イ

 1の「中小企業の5人や10人の破産、自殺はやむを得ない。子孫を残そうとする利他の要素です」は、のちに総理大臣になる池田勇人が通産大臣だった昭和25年に、記者会見で発言した言葉。政治家としての本音なのかもしれませんが、正直にもほどがあります。

 2の「無礼なこと言うな。バカヤロー!」は、昭和28年に吉田茂首相が国会での野党議員とのやり取りの中で、ついヒートアップして発した言葉。国会は騒然となって、やがて衆議院解散(バカヤロー解散)につながりました。

 3の「熊本県では、申請すれば水俣病患者になってカネがもらえるから、そのうちに県民全部が水俣病患者になる。私も熊本県に住んで水俣病患者になりたい」は、昭和54年に「環境問題」をテーマに行なわれた「第2回経団連フォーラム」で、環境庁政務次官を務めていた森下泰が冒頭の挨拶で述べた言葉。当たり前ですが、大きな批判を浴びます。

 4の「ヒロポンは戦前は薬局で売っており、ぼくらの学生時代には試験の前などによく飲んでいた。気持ちがいいし、能率が上がる」は、昭和57年に自治大臣だった世耕政隆が、「なくせ暴力団、覚醒剤、交通事故」というテーマの対談番組で発言。その頃は合法だったとはいえ、立場や状況をあまりにもわきまえていなさすぎと言えるでしょう。ちなみに、現在の自民党幹事長・世耕弘成議員の伯父さんです。

 続いて、「芸能界編」の正解を発表します。

【正解】1‐エ、2‐ウ、3‐ア、4‐イ

 1の「女優を2号(妾)にしたのではなく、2号を女優にしたのだ」は、昭和35年に映画会社である新東宝のワンマン社長だった大蔵貢が、所属女優との関係を問われて発した言葉。たぶんそういうことなんでしょうけど、開き直るにもほどがある発言です。

 2の「私作る人、僕食べる人」は、昭和50年に放送されたインスタントラーメンのテレビCMにおけるやり取り。婦人団体から「性的役割分担の固定化につながる」と抗議を受けて、CMは2カ月で放送中止になりました。日本においてジェンダー的な観点から問題視された記念すべき第一号の事例です。今なら多くの人が敏感なコンプラセンサーで危険性を察知するでしょうが、当時は「気にするにもほどがある」という声が大半でした。

 3の「おばさん、歌うまいね」は、昭和55年に当時15歳だった近藤真彦が、とあるテレビ番組のリハーサルの際に、日本を代表する大物歌手である美空ひばりに向かって言った言葉。大胆にもほどがあるというか何というか……。ただ、この“事件”をきっかけに、美空ひばりは近藤真彦をかわいがるようになったそうです。

 4の「オ×××」は、昭和59年にアイドルとしてデビューして2年目だった松本明子が、『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』と『オールナイトフジ』がコラボした生放送の番組の中で、念入りに3回連続で発した放送禁止用語。共演していた片岡鶴太郎や笑福亭鶴光が、冗談で「言えば売れるかもよ」とそそのかしたとのこと。以来、2年ほど芸能界から干されてしまいますが、結果的には先輩たちのアドバイス(?)どおりになりました。

 とまあ、昭和の底力を感じさせてくれるパワフルな不適切発言の数々をご紹介いたしました。勇気を授かったり失言の怖さを思い知ったりしたことと存じます。いつの時代も、人は不適切と無縁では生きられません。不適切と適度な距離で上手に付き合いながら、時には不適切なことを言ったり不適切を楽しんだりしましょう。

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン