芸能

『仁義なき戦い』『北陸代理戦争』『日本の首領』…実名が登場した作品も 日本最大の暴力団「山口組」に迫ったヤクザ映画

様々なヤクザ映画に出演した高倉健さん

様々なヤクザ映画に出演した高倉健さん

 全国の暴力団は厳しく取り締まられ、九州の工藤會はトップ2人が無期懲役判決を受け、弱体化した。そうしたなか、山口組は日本最大の暴力団として今も勢力を維持し、時に政財界をも動かす影響力を有している。

 抗争から裏切り、全国進出まで、山口組は映画の世界でも数々の題材となってきた。『仁義なきヤクザ映画史』(文藝春秋刊)の著者で映画史家の伊藤彰彦氏が、山口組の実像に迫った映画について語った。

 * * *
 山口組中興の祖とも言える三代目の田岡一雄組長は、組員たちを食わせるために、様々な事業を手掛けました。

 その一つが浪曲の興行を手始めとする芸能界への進出です。神戸芸能社を立ち上げ、所属する美空ひばりの出演作などで、組の関係者が主に東映の撮影所に出入りするようになった。それが1960年代頃ですね。

 ここから山口組と映画界の結びつきが始まりました。

 映画界では大正時代から、撮影隊がロケに出かけると、地元のヤクザがちょっかいを出してくるので、スタッフ側も地元のヤクザを雇ってボディーガードを務めさせ、これを「露払い」と言った。彼らはロケ先の手配など重要な仕事を任され、撮影所になくてはならない存在になっていく。この役割を次第に山口組が担っていった。

 1963年から、東映は明治、大正から昭和初期を舞台にした任侠映画を作っていました。鶴田浩二の博徒シリーズや高倉健の日本侠客伝シリーズといった、いわゆる着流しヤクザが活躍する映画です。これらの作品が1970年代の初めに作られなくなって、入れ替わるように、1973年1月に封切られたのが『仁義なき戦い』シリーズです。着流しヤクザ映画はヤクザの様式美を描いていたのに対し、仁義シリーズは、実物のヤクザをモデルにし、金や欲にまみれた姿を描きました。

 同シリーズで、山口組は『明石組』という名で登場します。丹波哲郎が演じた明石組組長・明石辰男は田岡一雄がモデルになっています。

 シリーズ第三作目の『仁義なき戦い 代理戦争』(1973年9月公開)は1960年代初頭が舞台。山口組がモデルの明石組と、同じく神戸を拠点とする神和会、その二大勢力に傘下入りした広島ヤクザの戦争を描いています。続く『仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年1月公開)も含めて、高度成長期の日本で勢力を広げていく山口組(明石組)の姿を知ることができます。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン