スポーツ

【元通訳の違法賭博問題】大谷翔平、現地では“擁護の動きが批判材料になる”状況 過去には「暗号資産広告塔」「後払い契約」が問題視

違法賭博問題の報じ方には日本とアメリカで温度差も(写真/AFLO)

違法賭博問題の報じ方には日本とアメリカで温度差も(写真/AFLO)

 シーズン本番を迎えたドジャース・大谷翔平(29)だが、水原一平・元通訳(39)の違法賭博問題は沈静化の気配がない。大谷の会見後、日本では“相棒”を失った大谷を応援する声が溢れたが、米国メディアは大谷への忖度はなく、むしろ厳しい声も上がっている。

 もちろん、米国内で大谷を擁護する声も少なくない。メジャー事情に詳しいスポーツジャーナリストの友成那智氏は、「MLBがあらゆる方向から、大谷本人に処分が及ばないように動いていることはたしかでしょう」と指摘する。

「MLBにはビジネスを大きくしなくてはならないという宿命があり、別法人を作ってカジノ産業にも手を出している。ギャンブル自体には親和性のある組織という背景もあるし、大谷には多くの集客やグッズ収入が期待できる。最悪のシナリオは大谷が違法な野球賭博をやっていて永久追放になることでしょうが、周囲の証言からも大谷がギャンブルに全く興味がないのはたしかでしょう。そのことからも、本人に処分が及ぶことはないと考えられます」

 問題は、そうした動きでさえも、米国では一部から批判を招く材料になりかねないことだ。米国在住の日本人ジャーナリストが解説する。

「選手としての大谷の実績があまりに偉大で、欠場によるビジネス上のマイナスが大きいのは厳然たる事実なんです。ただ、そうなるとMLBが調査の帰結として処分を見送っても、“リーグの利益のために疑惑を葬った”と曲解されかねない構造がある。

 そうした空気があるからこそ、米メディアでも『大谷が水原氏の賭博を知っていたとすれば、処罰されるべきだ』『処罰されれば、ワールドチャンピオンを目指すドジャースの足を引っ張ることになる』といった論調が消えない」

関連キーワード

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン