芸能

《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”

フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)

フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)

 多くのファンを魅了したピアニスト、フジコ・ヘミングさんが92歳で亡くなって1か月。67歳でのデビューCDとなった『奇蹟のカンパネラ』(1999年)は日本クラシック界では異例の大ヒットを記録し、波乱万丈の人生はテレビドラマ化もされた。フジコさんに長きに渡り密着し見守ってきた写真家・中嶌英雄さんが、フジコさんの意外な交友関係や飾らない恋愛模様を明かした。

 中嶌さんがフジコさんと初めて出会ったのは、『奇蹟のカンパネラ』で「フジコブーム」が巻き起こったあとの、2004年のことだった。

「当時、ベルギーのオーケストラの来日公演の撮影を頼まれたんですが、そのゲストとしてフジコさんが出たんです。その時に撮った写真を見せたら、本人が気に入ってくれて。それから彼女の写真を撮り続けることになった。

 彼女は写真が嫌いで、決まった人に撮らせていなかったんです。シャイで照れ屋だったから、あまり正面から撮られるのが好きじゃなかった。僕は偶然、横顔を多めに撮ってたから、それで気に入ってくれたのかもしれません」(中嶌さん、以下同)

 周囲の評価に流されず、自分のスタイルを貫く——そんなフジコさんのイメージからはなかなか想像しにくい一面だ。

「出会ったばかりの頃、池袋にある東京芸術劇場でフジコさんを撮影して帰ろうとしていたときのことです。ハイヤーからフジコさんが『写真屋さん、乗って行きなさい』と声をかけてくれました。ピアノを弾いてる姿を撮ろうとすると、ピアノの上に置いてあるハンカチや小物をどけてくれたり。そういう優しい気遣いをいっぱいしてくれる人でした。

 芸術家の人はとっつきにくいイメージがあるかもしれないけど、フジコさんは会っていくうちに『この人は、人が好きなんだろうな』と思うシーンがたくさんありました。練習中にピアノの上に猫が乗ってくると、練習曲を止めて『猫ふんじゃった』を急に弾き出したりする。そんなお茶目な感性も好きでしたね」

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン