芸能

長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】

25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子

25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子

 報道番組のキャスターを経て政治の世界に進出する女性は少なくないが、もちろんそれだけではない──。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、女性キャスターの現在地について綴る。

嫉妬という漢字を男偏にしてほしいと思ったこともあった

 6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選。今回は4年前に行われた前回の倍以上となる50人近くの立候補者がいらっしゃるというのに、テレビの生ワイドでは「蓮舫(56才)VS小池百合子(71才)」ばかりがクローズアップされています。

 そして必ず説明されるのは「ニュースキャスターを経て」というお二人の経歴。共に民放各局でレギュラー番組を持っていらしたので、“お宝映像”とも言うべき過去素材はそろっていて、視聴者に「さぁ、ツッコんで」と言わんばかりの“イジワル編集”が気になりました。

 いまと変わらず男性スタッフが大半の報道フロアにおいて、ネイビーやグレーとかではない色の装いでニュースを伝えたり、現場に出てインタビューをしていた小池さんや蓮舫さん。「女のくせに」という空気が濃いめに漂う現場で闘ってきたキャリアは選挙にプラスに働くのか否か……とても興味深いです。

 そして気になるのは、小池さんや蓮舫さんがキャスターとして活躍されていたのと同時期に、現場で奮闘しておられた皆さんたちのいまです。

 まずはフジテレビの局アナを経て、フリーになってから『ザ・スクープ』『朝まで生テレビ!』『報道ステーション』『サンデー!スクランブル』『サンデーステーション』(すべてテレビ朝日系)など人気報道番組でメインキャスターやフィールドキャスターとして活躍された長野智子サン(61才)です。

 そんなニュース畑出身でも局アナ時代に『オレたちひょうきん族』を3年弱担当していたため、“ひょうきんアナウンサー”と長年言われ続けたと、エッセイで愚痴(?)っていらしたのを読んだ覚えがあります。

 そんな長野サンは今年4月から、学生時代にパーソナリティーを務めて人気を博した『ミスDJリクエストパレード』の文化放送で、夕方の帯番組『長野智子アップデート』をスタート。文字通りニュースをアップデートし、リスナーに伝えていらっしゃいます。

 長野サンの歯に衣着せぬ斬りこみや、ベテラン報道キャスターとしての知識や人脈、さらには生活者としての目線などがこうした番組を待っていたリスナーにウケ、番組タイトルがXのトレンドになる日が多数。

 一度電話出演させていただいたのですが、台本とは異なる長野サンからの矢継ぎ早の質問に少々焦りつつも、生放送の限られた時間を絶対に無駄にしないという長野サンの心意気がビンビン伝わってきた十数分間。光栄な時間でした。Facebookを拝見していると、より活動的になり、文字通りアップデートされている様子が垣間見えて、こちらまで元気になります。

 同じような思いを元TBSの吉川美代子サン(70才)にも感じています。

 1984年、『JNNニュースコープ』の平日のメインに女性として就かれたとき、TBSラジオ954キャスタードライバーとして働いていた私は局内のさまざまな声をリアルに聞いたものです。嫉妬という漢字を男偏にしてほしいと思ったり、「女々しい」を「男々しい」に変えてほしいと思ったこともありました。

 取材テープを編集室に入ってご自分で切っていらした吉川サンを見たこともあるし、スタイリストもつかない吉川サンに私服を“お貸し出し”したことも……。

 果たして、1周も2周も回って、ニュースキャスターとしてのキャリアを存分に発揮し、ジャズシンガーとしてライブを行ったり、政財界のトップ中のトップと語り合ったり、さらにTBSの女性アナウンサーの研修をいまも担当している吉川サン。昔もいまも心から尊敬しています。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン