桂歌丸一覧/4ページ

【桂歌丸】に関するニュースを集めたページです。

歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン
歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン
 50年間、座布団の上からお茶の間に笑いを届け続けた「ミスター笑点」が引退する。『笑点』(日本テレビ系)は5月15日で放送50年を迎え、その翌週の22日、桂歌丸(79才)が司会を後任に譲り、「終身名誉司会」に就く予定だ。「体力の限界」「歩くことが大変苦しくなって息切れしてしまう」と司会引退の理由を説明した歌丸だが、その表情には悔しさが滲んでいた。落語関係者が言う。「2009年に肺気腫、昨年は腸閉塞を患い、体調が大変なことは周知のことでした。それでも歌丸師匠が笑点への出演にこだわっていたのは、古くからのファン、全国のお年寄りの声に応えようとしていたから。師匠のところには、『歌丸さんが現役で頑張っているから自分もまだ頑張れます』『50年前から毎週、楽しみにしてきました。オリジナルメンバーの最後の1人としていつまでも頑張ってほしい』という手紙がいっぱいきているそうです。そんな声に押されて、体調を騙し騙し、今までやってきたのでしょう」 松本人志(52才)も「高齢化が進む今の日本の象徴」「座布団をやめて布団に変えて、寝ながらでも続けてほしい」とコメント。ツイッター上でも「歌丸師匠、引退か。寂しくなるな」などと引退を惜しむ書き込みが相次いでいる。 歌丸引退ショックが続く中、22日放送で次の司会者の名前が明かされることになる。「古くからのファンは変化を嫌うので、『内部昇格』が既定路線だといわれています。現在出演中の笑点メンバーの中から指名されるということです。ということは、木久扇(78才)、小遊三(69才)、円楽(66才)の3人が筆頭候補でしょう」(テレビ局関係者) まず木久扇だが、「以前、歌丸師匠が入院し、『次期司会者は木久扇』という報道があった時には自分は弟分キャラでずっとやってきたから、『そんな話がきても絶対断る!』と言っていた」(前出・落語関係者)というので可能性は低そうだ。 小遊三は、歌丸が会長を務める「落語芸術協会」の副会長であり、「江戸落語はいくつかの団体が協力して支えているのに、1つの団体から二代続けて司会者が出ることはちょっと考えにくい」(前出・落語関係者)という。 その点、歌丸とは気心が知れた仲で、先代司会者である故・圓楽の流れをくむ円楽は大本命と言えそうだ。しかし、66才の円楽でも、往年の視聴者から見るとまだまだ若い。「円楽は、ぼくらから見るといまだに“楽太郎”“楽さん”のイメージ。司会を任せるのは時期尚早。大丈夫かなァ」(80代の男性ファン) とはいえ、振り返れば番組が始まった時の出演者の平均年齢は28才と若かった(当時、歌丸は29才)。思い切った刷新か、“偉大なるマンネリ”を続けるか──高齢化ニッポンでは悩みはどこも同じようで。※女性セブン2016年5月26日号
2016.05.14 07:00
女性セブン
笑点の司会者「円楽本命」を決定づけた「先代円楽の遺言」
笑点の司会者「円楽本命」を決定づけた「先代円楽の遺言」
 1966年の放送開始から50年、ついに初回放送から出演を続けていた唯一の“生え抜き”が引退する。『笑点』(日本テレビ系)の5代目司会者を務めてきた落語家の桂歌丸(79)が5月22日の放送を最後に、体調不良を理由に同番組から引退することを発表した。 本誌は前号で〈円楽が暴露した『笑点』歌丸「降板近し」の病状〉と三遊亭円楽(66)がテレビ番組で緊迫する歌丸の病状を「暴露した」と報じたばかりだったが、どうもその円楽が「後継者」となる6代目司会者の“筆頭候補”のようだ。日テレ関係者がいう。「笑点の視聴者は変化を嫌うので、リスクを伴う外部からの司会者招聘はとてもできません。昨年、歌丸師匠がお休みだった時期も今のメンバーで順番に司会を回していました。中でも毒舌キャラで番組の“顔”である円楽師匠が抜きんでている。最年長は林家木久扇さん(78)ですが、代理で務めた司会ぶりを見る限り、キャラ的に厳しいでしょう(笑い)。逆に円楽さんは司会をそつなく務めたことで、評価を上げた」 歌丸の引退発表を報じた2日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、「あれっ、もう円楽が次の司会に決まったの?」とお茶の間に錯覚させるような演出があった。歌丸が次の司会者への言葉として「決して、暗い話題に触れるな」と語ると、若き日の映像として歌丸と円楽のやり取りが流れた。 会見の様子に戻っても、円楽が涙声で「笑点を通じて、時々『生きてるか~?』って信号送りますから。そしたら『生きてるよ』と言ってください」と話す姿が。なぜか円楽とのシーンばかりが映るのだ。さらに街頭アンケートでは明石家さんまやビートたけしといった現実味のない大物の名前が挙がり、それがかえって「円楽しかいない」という空気を醸し出していた。 2人の関係を考えても「歌丸のあとは円楽しかいない」というのが落語界の共通認識だ。テレビでは歌丸の悪口ばかり言っている円楽だが、「桂歌丸を人間国宝にする会」を立ち上げるなど尊敬の念が強く、歌丸も円楽との二人会を数多く開いて口の悪い後輩を格別に引き立ててきた。 その背景には、笑点の司会を引き継いだ故・五代目三遊亭円楽から歌丸に託された「遺言」があったのだと、落語関係者は明かす。「歌丸師匠は先代の円楽師匠が亡くなる際、『あとは頼む』と託されていたそうなんです。その『あと』というのは、笑点の次の司会を頼む、というだけでなく、『楽太郎(現在の円楽)のことも頼む』という意味だと歌丸師匠は受け取ったようです。だから、『円楽師匠から受け取った司会を、円楽に返す』という感覚なのでしょう」 後任の司会者について日本テレビは「近日中に発表できるように調整しています」と回答した。それにしても、円楽の歌丸への「毒舌」が見られなくなるのは寂しい。※週刊ポスト2016年5月20日号
2016.05.09 16:00
週刊ポスト
『笑点』関係者が桂歌丸の現在の状況を声を潜めて語る
『笑点』関係者が桂歌丸の現在の状況を声を潜めて語る
「いま大変だよ。舞台袖にね。看護師さんが常駐」「ディレクターとかADも全員、AEDの講習受けて」──4月15日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した三遊亭円楽(66)は、人気長寿番組『笑点』(日本テレビ系)についてこうブチまけた。 円楽が語ったのは、名物コーナー「大喜利」で司会を務める桂歌丸(79)のことである。この発言が『笑点』ファンをやきもきさせているという。 歌丸といえば、昨年6月に背部褥瘡と腸閉塞を患い、入退院を繰り返した。2か月の休養を経て復帰して以来、元気な姿を見せているが、テレビには映らない舞台裏では、まだ緊迫状態が続いていたのだった。 歌丸の事務所は「全く問題なく元気にしています」というが、22日には会見で歌丸本人が「(降板について)そろそろ考える時期が来ているかなという気がしている」と話した。笑点関係者は声を潜める。「万が一に備えて、常備薬を含めたお薬手帳と健康保険証のコピーを提出してもらっています。また最近の歌丸師匠は足腰が弱り、普段は車椅子です。『笑点』の高座にあがるときも付き人の手を借りています。 それすら厳しいときには、一旦幕を閉めて車椅子のまま運び、高座に据えてから幕を開ける。加えて正座も辛いというので、実は正座しているように見える『補助椅子』を使っているのです」 2014年から罹患している慢性閉塞性肺疾患の影響で呼吸もままならないという。「高座にあがる30分前から舞台袖で酸素ボンベを使って呼吸を整えていますが、それでも舞台で咳きこんでしまうこともあり、これ以上、司会を続けるのは難しいのではないかという意見も少なくありません」(同前) 2006年から続いた“歌丸政権”に点った危険信号──5月に50周年を迎える『笑点』だが、このままだと、それを機に電撃降板もあり得るかもしれない。※週刊ポスト2016年5月6・13日号
2016.04.26 07:00
週刊ポスト
『笑点』メンバーに選ばれた落語家は地方営業でギャラ高騰の利権
『笑点』メンバーに選ばれた落語家は地方営業でギャラ高騰の利権
 1966年にスタートし、来年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)。その大喜利をまとめる司会者の座を巡り、笑えない“跡目争い”が起きている。その理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。 複数の落語関係者は“座布団利権”の存在を指摘する。ベテラン放送作家がいう。「大喜利メンバーになれば、年収が数千万円になるのは落語界では知られた話。番組出演のギャラは大した額じゃないけど、『笑点』に出れば全国区の有名人になり、地方営業に引っ張りだこ。 メンバーではない落語家が地方営業に呼ばれると、真打ちでもせいぜいギャラは10万~20万円だが、メンバーなら1本50万円以上に跳ね上がる」 2006年からメンバーに抜擢された春風亭昇太は、昨年、自宅を新築した。2階に居酒屋風のスペースを設けた邸宅で、周囲からは“座布団御殿”と呼ばれているという。メンバー入りは、落語家個人だけでなく、所属する団体にとっても大きな利権となる。 現在の『笑点』は、歌丸、三遊亭小遊三、昇太が所属する「落語芸術協会」、林家木久扇、林家たい平が籍を置く「落語協会」、6代目・三遊亭円楽、三遊亭好楽の「円楽一門会」の3団体で構成されている。 東京の落語界は、これに立川談志が創始者の「立川流」を加えた4団体で成り立つが、『笑点』の初代司会者でもある談志が番組の方向性をめぐって制作サイドと喧嘩別れして以降、立川流からはメンバーが選出されていない。 歌丸は芸術協会の会長、小遊三が同副会長、木久扇は落語協会相談役、好楽は円楽一門会の会長(円楽は幹事長)を務めるなど、“派閥”のトップクラスが顔を揃える『笑点』において、司会者はメンバー選出の人事権を握るなど絶大な権力を持つとされる。「次の司会者」は従来の3派閥から──と有力視される所以だ。※週刊ポスト2015年8月21・28日号
2015.08.12 07:00
週刊ポスト
『笑点』司会者交代説 タモリ、みのもんたの名出るも即消滅
『笑点』司会者交代説 タモリ、みのもんたの名出るも即消滅
 1966年にスタートし、来年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)。その大喜利をまとめる司会者の交代説が浮上している。その理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。 今年6月、歌丸は背部褥瘡(床ずれ)で入院。手術は成功して退院したのも束の間、すぐに腸閉塞のため再入院した。昨年も慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折、帯状疱疹などで入退院を繰り返していたこともあり、周囲は不安を募らせていた。 歌丸の次に座る司会者候補として最初に関係者の間で浮上したのは、タモリやみのもんたといった“超ビッグネーム”だった。 2人とも落語家ではないが、過去『笑点』ではタレントの前田武彦(2代目)や「てんぷくトリオ」リーダーの三波伸介(3代目)が司会を務めた前例がある。三波の急死後、正月特番でリリーフ司会を務めたのも俳優の愛川欽也だった。番組関係者が語る。「タモリさんもみのさんも知名度は抜群ですし、生放送の経験が長いので、時間や流れを計算して番組進行するのもお手のもの。安心感があります。タモリさんはこれまで落語界とは縁がありませんが、『笑っていいとも!』で見せた当意即妙の受け答えで、レギュラー陣から一味違った笑いを引き出せるのではないでしょうか」 一方のみのもんたは、かつて桂米助や立川左談次らがレギュラーを務めた演芸番組『生放送! おもしろ寄席』(テレビ東京系)で司会を務めた経験があり、いまも落語界とつながりがあるという。『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)で見せた鋭いツッコミで番組を盛り上げてくれるのではと期待された。 しかし、2人の名前はすぐに消えたという(タモリ、みのもんたの事務所はともに「司会者起用の打診は受けていない」と否定)。 外部からタレント司会者を起用すれば出演者からの反発が予想され、「今のメンバーを総入れ替えせざるを得ない」(番組関係者)事態を招きかねなかったからだ。歌丸はかつて雑誌のインタビューでこんな話をしている。〈マエタケ(前田武彦)さんは放送作家出身で、「フリートークの魔術師」とまでいわれた名司会者。だけど、いかんせんマエタケさんは噺家じゃない。だから、どうしても“息”や“間”が合わない。こっちが投げたボールを受けてくれないんですよ。(中略)噺家の間は噺家じゃないと出せない。ボールのやりとりが心地よくできるというのは、大喜利にとって一番大事なことなんです〉(『文藝春秋』2012年3月号)※週刊ポスト2015年8月21・28日号
2015.08.11 07:00
週刊ポスト
日テレ『笑点』 秘かに新司会者候補の検討に着手との情報
日テレ『笑点』 秘かに新司会者候補の検討に着手との情報
 寄席で演者が出番を終えて引っ込むと、前座が出てきて座布団をひっくり返す。これを高座返しといって、次の演者を迎える準備である。さて、1966年にスタートし、来年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)に、前代未聞の“高座返し”騒動が持ち上がっている。 理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。日テレ関係者が話す。「笑点は局側の意向が反映されにくい“治外法権番組”なんです。この20年間、演芸と大喜利という同じ内容で平均視聴率20%近くをキープしてきた。それはひとえに出演者の功績。 番組内容や出演者の人事に関して局側の人間はなかなか口を出しにくい。しかし、近年、歌丸師匠の体調が芳しくないため、局としても“そろそろ本気で次を考えなければいけない”と、秘かに新司会者候補の検討に着手しました」 日テレ側が心配するのも無理はない。今年6月、歌丸は背部褥瘡(床ずれ)で入院。手術は成功して退院したのも束の間、すぐに腸閉塞のため再入院した。昨年も慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折、帯状疱疹などで入退院を繰り返していたこともあり、周囲は不安を募らせていた。7月11日の退院直後に会った知人はこういう。「腸閉塞での入院は痩せすぎで血管が腸を圧迫したのが原因でした。もともと40kg台の痩身は入院で30kg台半ばにまで体重が落ち、さすがに憔悴して見えた。基本的に移動は車椅子で、万が一に備えて酸素ボンベも携帯しています。 ただ、いまは茶碗一杯のご飯を平らげるほど食欲は戻っています。師匠は神奈川県横浜市の出身で、現在も住み続けている生粋のハマっ子。最近も中華街にある馴染みの店でラーメンを啜っていました」 8月8日には、『笑点』の収録に復帰。同11日には東京・国立演芸場の「8月中席」で、約50分間の「怪談乳房榎」を演じる予定で、“復活”を印象付けている。 放送開始から大喜利メンバーとして活躍してきた『笑点』への思い入れは強く、近しい人間には記念すべき50周年に向けて「絶対に司会を続ける」と意気込みを語っているという。ただし日テレ側の思惑は別にあるようだ。「歌丸師匠の復帰は喜ばしいことですが、不安は拭えない。今後を見据え、局側として“ポスト歌丸”の準備だけはしておこうと判断しています。 というのも、この番組に不測の事態は許されない。日曜夕方5時半から始まる『笑点』は、その後に続く『ザ!鉄腕!DASH!!』(同夜7時~)、『世界の果てまでイッテQ!』(同夜7時58分~)という視聴率20%を連発する超人気番組へ視聴者をいざなうゴールデンコースの起点。『笑点』の最大の強みである“不動の安定感”に揺らぎがあってはならないのです」(日テレ関係者)※週刊ポスト2015年8月21・28日号
2015.08.10 16:00
週刊ポスト
『笑点』跡目争い 本命=円楽、対抗=小遊三、大穴=立川流
『笑点』跡目争い 本命=円楽、対抗=小遊三、大穴=立川流
 1966年にスタートし、来年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)。その大喜利をまとめる司会者の座を巡り、笑えない“跡目争い”が起きている。その理由は2006年から5代目司会者として番組の“顔”を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題だ。 今年6月、歌丸は背部褥瘡(床ずれ)で入院。手術は成功して退院したのも束の間、すぐに腸閉塞のため再入院した。昨年も慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折、帯状疱疹などで入退院を繰り返していたこともあり、周囲は不安を募らせていた。8月8日には番組収録に復帰し、11日には東京・国立演芸場の「8月中席」で、約50分間の「怪談乳房榎」を演じる予定で、“復活”を印象付けているものの、その健康状態は万全とはいえないだろう。 番組関係者への取材を進めると、「ポスト歌丸」レースの最新の下馬評が見えてきた。「歌丸師匠を5代目司会者に指名したのは、先代の5代目・三遊亭円楽さん。次の司会者も歌丸師匠が指名するのが自然で、そうなると師匠がいたく気に入っている6代目・円楽さんが現在のところ最有力になる。円楽さん自身も光栄に思っていて、ヤル気を見せていると聞きます」(笑点スタッフ) 歌丸と円楽の掛け合いは『笑点』の名物だ。円楽が歌丸に「ガイコツ!」「お迎えが近い」と毒を吐くと、返す刀で歌丸が「山田君、円楽さんの座布団、全部持っていきなさい」と余裕綽々で応じる。円楽が無遠慮な毒舌を吐けるのも、それだけ歌丸からの信頼が厚い証拠だろう。 一方で軽妙なトークが持ち味の三遊亭小遊三なら司会者の大役も無難にこなせる、と評価する番組スタッフも少なくない。演芸評論家で作家の吉川潮氏が語る。「適任は小遊三だと思います。年齢でいえば、歌丸の次は林家木久扇ですが、彼には息子で噺家の木久蔵がいる。いずれ息子に禅譲することも考えているはずで、自分が司会者のポストにいながら息子がメンバーになれば“身内びいき批判”を受ける可能性もある。小遊三と同年齢ながら、息子・王楽がいる三遊亭好楽も事情は同じでしょう。 木久扇と好楽には代替わりを機に息子に“座布団”を譲り、メンバー最年長となる小遊三が司会を務めると収まりがいいと考える人は多いでしょう」 一方でウルトラCも検討されている。初代司会者・立川談志の遺志を甦らせる立川流からの大抜擢だ。実現すれば、談志が司会を降りてから46年ぶりの立川流の復活劇となる。名前が挙がっているのは立川流を背負う志の輔、談春といったスター落語家らだ。「話題性は十分で新たなファン層も獲得できるので局としては魅力的な人選。ただし番組と疎遠になって久しい立川流の噺家がうまく仕切れるのか。不安のほうが大きく、あくまで“大穴”扱いです」(前出・日テレ関係者) 名前の挙がった当事者たちに訊ねた。談春は「外部の人間が何かしゃべるのは非礼に当たる」と本人が取材を断わり、志の輔の事務所は「そんな(司会者の)話が回ってくることはないでしょう」と話した。本命視された円楽も、事務所を通じ「そのような事実はない」と回答した。 では、対抗の小遊三はどうか。本人を直撃すると、「オファーは届いていないよ(笑い)。歌丸師匠が死んでもないのに次は誰だなんて、そんな不謹慎なことは口が裂けてもいえないでしょ!」と苦笑いした。 日テレは「歌丸師匠を中心にさらに皆様に支持される『笑点』を制作していく」(広報部)と回答するのみ。 自身もかつて大喜利メンバーで、現在は落語協会・最高顧問の鈴々舎馬風(れいれいしゃ・ばふう)はこう話す。「やっぱり『笑点』は桂歌丸が司会を務めないとまだまだダメだと思うね。だって“歌さん”ほど機転が利いて、言葉に力を持った人間は現メンバーの中にもいないんだもの。 候補に挙がっている面々も“自分のほうがうまく司会をやれる”なんて思っている奴はいないはず。国民的番組なんだから、本当は後継者選びはちゃんとしなくちゃいけないんだけどねぇ……」 動き始めた“歌丸の座布団”を巡る争奪戦。歌丸から「ハイ、オレの座布団あげて!」の声が掛かるのは誰か。※週刊ポスト2015年8月21・28日号
2015.08.10 07:00
週刊ポスト
桂歌丸が幼少時代や噺家人生や趣味などを軽妙に記した半生記
桂歌丸が幼少時代や噺家人生や趣味などを軽妙に記した半生記
【書籍紹介】『歌丸極上人生』桂歌丸/祥伝社黄金文庫/640円+税 放送50周年を迎えた『笑点』の開始時からの唯一のレギュラーである著者の半生記。祖母が営む横浜の遊郭で育った幼少時代から、中学3年時に弟子入りして始まった噺家人生、協会分裂騒動のほか、大好きな釣りや趣味の話などが軽妙な語り口で記される。※週刊ポスト2015年7月3日号
2015.06.24 16:00
週刊ポスト

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン