真矢みき一覧

【真矢みき】に関するニュースを集めたページです。

芸名誕生秘話を語る真矢ミキ 2か月熟考の3案が却下
芸名誕生秘話を語る真矢ミキ 2か月熟考の3案が却下
 情報番組『ビビット』(TBS系)のMCなどを務める元宝塚のトップスター真矢ミキさんが、「真矢みき誕生の瞬間」について語る。 * * * ときどき、無性に本名に会いたくなるときがある。音楽学校生活も2年になり卒業間近の頃、宝塚では初舞台を踏む入り口ともなる芸名を決める。芸名は歌舞伎のように襲名制ではないので自分発信で決まる。恩師につけていただく人、憧れの先輩に見てもらう人、姓名判断からつけている人とさまざま。わが家は至って普通の家庭。従って私は自力で考えることにした。 当時16才の私は『里見八犬伝』にハマっていたので、八犬士が持っている霊玉に印された漢字一文字のような芸名をつけたかった。“義”とかどうよ?と思ったものの、どうにも発音すると短すぎて収まりが良すぎて悪い。でも、漢字一文字の姓にこだわりたく私は考え続けた。 そして第1候補となったのが“展七緒”であった。展“てん”は夢広がる展望の意味から。そして“展”を後ろの七緒としっくりいくように、あえて“のり”と読ませて(実際読むのですが)“展七緒(のりななお)”。 七緒は、世界の七つの海のイメージ。確実に頭の中では帆船が大海原を行く大スケール。まだ初舞台の苦労もしていないのにヤケにドラマチックな頭だけはあったが、母が「男名前だけはやめてね…」と、貴方の好きなようにしなさいと寛容に発した先日の言葉を早くも撤回して介入してきた。 母はステージママとは程遠い人だが、テレビが普及されていない時代の宝塚への思いからか、言葉に厚みがあった。“展七緒”じゃ男っぽいかなと早くも迷いだした私の芸名選び…第3候補まで書き提出し、先生方が話し合いをし後日、最終決定がくだされるといったシステムだった。 すると母「七緒はいいと思うけど名字の“のり”ってなかなか読めないから、一文字なら、お友達を大切にするという意味で“友”がいいんじゃない?」。フムフム、芸名からドラマチックな世界は見えないものの、友達の大切さは転勤族の私には同世代の子よりあったので心は即座に傾いた。 ではではと“友七緒”に決定!! 意外と最後はアッサリ決まった。ほぼ第1候補の“友七緒”推しで私の心は決定していたが、一応第3希望まで書き込み…ハァ~。こんなやり取りを、寮のピンク電話から10円をガチャンガッチャン落としながら夜な夜な母親と2か月くらい話し合った。 提出し2週間くらい経った頃、音楽学校から結果発表が出た。自分に芸名ができる! 心躍る瞬間だ。しかし、お答えはNO。考えに考えただけに困憊した。学校から来た理由はこうだった。◎“友七緒”は先輩に“奈々央とも”さんがいらっしゃり、逆にした名前は紛らわしいので却下です(おぉー!!!そうだった、素敵な先輩がいらした!)◎“展七緒”は展がのりとは読みにくい(やはりかぁー)◎“展みき”読みにくい上に、のり巻きみたいに聞こえないか?(な、な、な、なんと!!) こうして私はスタート地点に戻った。母も、「もう、何でもいいじゃない!」なんて、あり得ないザックリとした意見で私を驚愕させる。 そんな焦りの中、母もそれでGO! となったのが、今まで出た姓と名の組み合わせを変えた〝友みき〟であった。何かヤケにあっさりしているが…ともみき…ともみき…何度も口に出したり書いてみたり。うーむ!? と悩みに悩んだある朝、寮に母からの電話、母「マヤってどう?」。急に入りこんできた言葉にまたもや驚愕した。“マヤ”?…何で?「お釈迦様のお母様は“マヤ”っていうんだって、神社のかたが教えてくださったのよ。あとね、晴子(アメリカに長く住む母の妹だ)が、マ行ではじまる日本人の名前は外国ではかわいく聞こえるって前に言ってたの思い出したの」と、母もあまりに決まらず、まずはと拝んでくれていたのか、そんな神社さんのお話から“マヤ”はやってきた。 正直、初めて聞くマヤはピンとこなかった。しかしそこにピンっ! と決定づけることが。それは“まや”の“ま”だった。当時、授業をサボってまで観劇に通った大地真央さんの“真”をいただけたら私のテンションは確実に上がる。そんな熱き思いから“真”が決まった。男名前を避けての本名の“みき”を名前につけて“まやみき”、これはどうだろう!?“や”の字はどうしよう? 母「貴方、お守りより破魔矢を毎年初詣で欲しがるから“矢”にしたら?」。何だかバタバタとしていた芸名選びがマヤと出てからパタパタときれいに整頓されるように話が進んだ。“真矢みき”…勿論、宝塚から即座に決定と出た。 あれから“真矢みき”として35年くらいが過ぎた。結婚して姓も変わり私の記憶の深いところに仕舞い込まれた私の本名の時代。結局、姓も名も共に母のアイディアで決まった芸名だけど、あの頃の母の閃きと踏ん張り。四つの思いが入った懐かしいドタバタした思い出の芸名探し。 あの日から本名と別れるなんて知らずに必死で新しい名前を探していた。“初心忘るべからず”と、芸名から時おり本名の私を思い出している。撮影/渡辺達生※女性セブン2017年5月25日号
2017.05.16 07:00
女性セブン
「理想の上司」上位の真矢ミキ、実際は「空想の上司」と喝破
「理想の上司」上位の真矢ミキ、実際は「空想の上司」と喝破
 明治安田生命が2月に発表した、毎年恒例『理想の上司』ランキング。自身も9位にランクインしている女優の真矢ミキさんが、『理想の上司』を語ります。 * * * 少し早い春。理想の上司ランキングなるものが今年も発表され、私も恐縮ですが、辛うじて今年も入れて頂きました。 夢と希望にあふれた若い方からそう思っていただけるのはありがたいなと思う今日この頃ですが、しかし、おそらく(上司の)役柄のイメージが強いのではと思う事もしばしば。この役というのは私が演じたとはいえ、脚本や監督、そしてカメラといったスタッフのお一人お一人が私のかっこいい角度をプロの目線で探しに探し、プロの技を駆使した挙句、バリッ! と今日も映画館のスクリーンやテレビ画面に凛と存在しているのだ。 実物の私といえば、オフィス経験はなく、また警察署で働いた事もなく、当然犯人を逮捕した事もない。そう、私がよく頂くキレッキレの上司役とは縁のない生活を送ってきたのだ。イメージというのは本当に、ある時から本人を越えて一人歩き、いや、時に一人爆走しだすので、いまだ本来の自分との距離に戸惑うことがある。『踊る大捜査線』が上映されている頃なんか(ヒール役で出演)、デパートでリュックを買おうと店員さんに「これは何色展開ですか?」と聞いただけで、女性の店員さんが今にも泣き出しそうになったことも。“何色でも、あります! あるか全国探します! 何なら私が作ります! 縫います!”みたいな…人間が究極に緊張した時の強張りが、顔や全身から漏れ伝わった。本当に申し訳ない。 交番の前を通れば、警官の方が敬礼しそうになったり、飛行機の機内でウトウトしていると、おやすみ中すみませんとばかりに顔を近づけてきては「憧れてキャビンアテンダントになりました」なんて感謝されたり。私もつい「今日は不具合はなかった?」なんて、つい口をつきそうになるから怖い。早い話、ドラマの見過ぎならぬドラマのやり過ぎなのだ。 もっと言うなら、私は理想の上司ではなく、空想の上司なのだ。ただ、宝塚という世界も阪急電鉄が母体となる大きな組織の中にあるので、私は一社員であり、劇団内では“上級生”という“上司”ではあった。 そして18年の在籍で、最も難しいと感じたのは、やはり下級生の育成であり、その伝え方だった。人それぞれ性格が違うから、同じように言っても捉え方は同じじゃない。 ある子は思いをしっかり受け止め、またある子は首を大きく横に傾けている。この子は育つと発破をかければ、何で私ばかり注意?褒めて欲しいと嘆かれる。またマイナス志向の子に前向きなアドバイスをすれば、一緒に落ち込んで欲しかった…なんて呟かれたり。この子にはこう!みたいな、見抜く力の鈍さにもほとほと疲れたりもした。 お子さんを持つお母さん達がよく、同じように育てたのに全く性格が違うのよね~なんて仰る気持ちも大いにわかった。生まれ持つ性格、そしてまたそこに付属的に存在するのが互いの相性だから尚更だ。 かくいう私も下級生だった時“新人類”という、いかにも遭遇したことのない惑星からの訪問者というネーミングで、世間を賑わした時代の若者だった。そして私が新人類だったころ、ある上級生の方のメイクがすごく素敵だったので、その方のブロマイドを購入し、とにかく彼女と同じようなメークを日夜勉強していた。 そしてある日、その先輩に「お使いになってるドーランの番号を教えてくださいますか?」と、どうしてもわからなかった地肌となる美しい色を知りたく私は勇気をだし尋ねた。すると「あなた、真矢みきだよね、じゃ教えてあげるね、そんなん聞くの100年早いわ!」といわれてかなりショックを受けた経験がある。 簡単に聞いてはいけないものなのだと鈍感な私もズバッと深く分かった日だった。しかし時は経ち、その苦い言葉は形を変えた。“自分に合うメイクは自分で試行錯誤してから人に聞くものだって、真矢みきには気づかせたいんだ。あの子の個性は大切に育てないとね”と先輩がいわれていた、と人伝えに私は聞いた。その先輩はその後、退団されていく日に、あの時質問したドーランを私の化粧前にそっと置いていかれた。 厳しさと温かさ。いつの時代もいくつになっても、この対照的な言葉は一つのセットなのかも知れない。 上質な上司に出会えば人生は豊かだ。それはいつまでも心のひだに染み入る温かさだ。 「感謝(孝行)したいときには、親はなし」ならぬ「感謝したいときに上司は会社におらず」なのだ。『理想の上司』 この言葉は永遠に探したい先輩であり、また自分もいつか誰かの…と己を奮い立たすテーマなのかも知れない。撮影/渡辺達生※女性セブン2017年3月16日号
2017.03.07 07:00
女性セブン
Women of Excellence Awardsを受賞した真矢ミキ
「女性のお手本」真矢ミキ 「みき」から改名の理由とは?
 元タカラジェンヌの女優・真矢ミキ(51才)が、働く女性のロールモデルとなるようなリーダーやスペシャリストを表彰する「Women of Excellence Awards」の第1回スペシャリスト部門を受賞。5月23日に授賞式が行われた。 3月にオスカープロモーションに移籍し、「真矢みき」から「真矢ミキ」に改名。なにか特別な意図があって改名したわけではないが、新たに挑戦する余裕が出てきたとのことだ撮影■小彼英一
2015.06.02 07:00
NEWSポストセブン
宝塚ファン歴20年の中井美穂 ハマる魅力は「極上の嘘の世界」
宝塚ファン歴20年の中井美穂 ハマる魅力は「極上の嘘の世界」
 宝塚歌劇団は今年で創設100周年を迎える。宝塚好きとしても知られ、『タカラヅカ・カフェブレイク』(TOKYO MX)でMCを担当し、今年で12年目を迎えるフリーアナウンサーの中井美穂(48才)。だが、意外にも、宝塚に苦手意識を持っていた時期があった。「当時の私は、女性が無理にキザな男性を演じているイメージを持っていて、濃い化粧も苦手で、『ベルばら』ブームの頃はちょっとひいていました」(中井・以下同) そんな彼女に宝塚好きの友人がすすめてくれたのが、彗星のごとく現れた月組の男役トップ天海祐希(46才)だった。1995年、探偵小説を舞台化した『ハードボイルド・エッグ』を見て、印象が大きく覆されたという。「まず、宝塚で現代物をやることにビックリしました。そして、主演の天海さんを見て、一気にファンに。独特のメイクも不自然ではなく、スマートで、現実にいそうだけどいない、理想の男性、“アレックス”として受け入れられたんです。ショーも煌びやかで、大階段を颯爽と下りる姿がかっこよくて、口あんぐり(笑い)。ビデオも買いました。DVD化されるまで、大切に保存するつもりです」 ファンになったのも束の間、天海はその年の12月公演『ME AND MY GIRL』で退団。「その後も引き続き、月組公演は見に行っていました。でも、高校の同級生の妹が星組にいるとか、『エリザベート』が日本で初めて雪組で上演されるとか、花組男役トップの真矢みきさん(50才)が大人気だと聞き、気づけば当時あった4組すべてを見ていたんです」 ファン歴は約20年。そこまでハマる魅力は何だろう?「男役のカッコよさはもちろん、娘役の気遣いも素敵です。大規模なレビューや大階段など、全てがゴージャス。全国ツアーや規模の小さな劇場で行うバウホール公演や新人公演などで次のスターを探す楽しみもあり、退団まで成長を見守れるなど日本中探してもふたつとない劇団。ひと言で言えば“極上の嘘の世界”が魅力だと思います」 100周年の今年は、さらに見どころが多いと熱く語る。「宝塚の十八番的存在の『ベルサイユのばら』や『エリザベート-愛と死の輪舞-』も上演されますし、全国ツアーでも過去に人気のあった演目の再演も。宙組公演のショー『シトラスの風2』(名古屋・中日劇場、2月28日まで)は、1998年宙組発足の最初のショーのリメイク版で久々の上演です。より近い距離で楽しめ、入門編としてもおすすめです」※女性セブン2014年2月27日号
2014.02.16 07:00
女性セブン
45歳独身お局OL ブーケトスで取ったブーケは通算13個
45歳独身お局OL ブーケトスで取ったブーケは通算13個
 職場を仕切る古参の女性社員である「お局」。「意地悪」「口うるさい」といった意味を含み、そういったOLを嘲る際に使われることが多いです。社長や部長以上に怖い存在だったりしますが、中には稀に、人間ができていて、後輩から憧れられているお局もいるようです。OL5人が語り合いました。 * * *ゆり(団体・32歳):イケてるお局は小金持ってるから、いい店を一杯知ってるのが助かるよ。あき(商社・26歳):お局主催の女子会はハズレ知らず。店の手配はもちろん、参加者全員への連絡や、お勘定の計算までしてくれるから、頼りがいありまくり。みお(金融・25歳):男性社員の下ネタを、「おいコラよせ」って、黙らせる術も普通じゃないしね。あんな(IT・26歳):2次会の前、「後は若い子同士で楽しんで」って自分はサッと帰って、お金だけ置いてった局にはシビれたな。ゆり:カラオケで「AKB歌ってよ」と肘で胸ツンツンしてくるようなオッサンとは大違いwあんな:ホント。しかも最近のお局って、みんなキレイ。ウチの部のお局係長だって、40代後半だけどモデル体型で真矢みきみたいだよ。みお:仕事中はひっつめ髪にメガネでピリピリしてるのに、飲みに行くと髪の毛おろして表情も柔らかくなって、妙に色っぽく変身する。れい(メーカー・27歳):バブル世代が多いせいか、それを見せずにはいられない性分には引くけどね。美脚が自慢のお局は雪の日でもミニスカ死守だったりするじゃん。みお:ベリーダンスで鍛えたエロい体が自慢の局なんて、人の結婚式があると、2次会で踊りたがるからね。そのせいで、ウチは海外ウェディング組続出。ゆり:結婚式で花嫁より目立つド派手ドレスを着たがるのも、美貌系お局の悪いクセだよ。あんな:45歳でちゃっかりブーケトスに参加してたりするしw 聞くと、今まで勝ち取ったブーケは13個。効果な~いw※週刊ポスト2013年3月8日号
2013.03.09 16:00
週刊ポスト
『家政婦のミタ』長男役の13才・中川大志くんは年上が好き
『家政婦のミタ』長男役の13才・中川大志くんは年上が好き
NHK大河ドラマ『江』や『JIN -仁-』(TBS系)を超えて、今年放送されたドラマで最高視聴率を記録するほどの大ヒットとなった『家政婦のミタ』(日本テレビ系)。当然のごとく、出演する俳優たちにも注目が集まるわけだが、なかでも人気急上昇中なのが、阿須田家の長男・翔を演じる中川大志くん(13)だ。ローティーン向けファッション誌『ニコラ』でメンズモデルとしても活躍する中川くんは、中学1年生ながら171cmと背が高く、スラリとしたスタイルが印象的だ。すでにNHKの連続テレビ小説『おひさま』や大河ドラマ『江』といった国民的な作品に出演を果たしている中川くんだが、デビューのきっかけはスカウトだった。「小学5年生のとき、ジャズダンスの練習の帰りに父親と歩いていて、声をかけられたそうです」(芸能関係者)2才年上の姉がいるためか、“年上好き”とちょっとおマセさん。デビュー当時出演したあるバラエティー番組では、こんな“爆弾発言”をしていた。「好きな芸能人は天海祐希さん、真矢みきさん」 「強そうな人に叱られたい」さらに、小学5年生のときに、中学1年生の年上の女の子と交際していたことをカミングアウト。『ミタ』の劇中で、ミタさんのお風呂を覗こうとしたり、服を脱がせようとしてたけど、もしかして中川くんのアドリブだったりして!?しかし、素顔は真面目な少年だという。「次男の海斗役の綾部守人くんと口げんかするシーンを練習しながらトイレから出てきたんです。それを見たスタッフは、常に完璧な演技を目指している姿に本当に感心してました」(別のテレビ局関係者)『ミタ』は中川くんの学校でも人気で、登校すると同級生に先のストーリーを聞かれることもしょっちゅう。思わず答えそうになるけど、ドラマのためにグッと堪えてるんだとか。本当に真面目で偉い!※女性セブン2011年12月22日号
2011.12.14 07:00
女性セブン
元タカラジェンヌはうつ病や認知症になりにくいとの調査結果
元タカラジェンヌはうつ病や認知症になりにくいとの調査結果
白澤卓二氏は1958年生まれ。順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い白澤氏によると、宝塚歌劇団のOGの女性たちは、うつ病や認知症になりにくいという。以下、白澤氏の解説だ。* * * 女優の黒木瞳さん、大地真央さん、真矢みきさん、天海祐希さんなど宝塚出身の女優さんは、何歳になっても若々しい。最近の研究によると、外見が若々しい人は介護のリスクが低く、ボケにくいと報告されている。果たして宝塚出身の宝塚歌劇団OGの皆さんは、高齢期も若々しく健康長寿を全うできるのだろうか。自らも宝塚歌劇団OGで神戸大学大学院医学研究科を修了した桝谷多紀子博士は、宝塚OGとの交流を通じて、若い頃の歌やダンスの練習が高齢期に認知症予防に良い影響を及ぼしているのではないかと考えた。博士は宝塚歌劇団OG組織「宝友会」会員から無作為に選んだ宝塚OGと一般女性の計124人に言葉の復唱や計算をしてもらって認知機能を評価、更に31人に脳MRI(磁気共鳴画像装置)で海馬の容積を測定、また全員の咀嚼力などの口腔機能をチェックした。その結果、精神状態に関するアンケートでは、宝塚OGはうつ状態になりにくい傾向にあることがわかった。脳MRIでは、海馬の容積が一般女性よりも大きく、認知機能検査でも認知機能が保たれていることが示されたのである。ほかにも、一般女性では残された自分の歯の数が少ないと日常生活の活動性が低下する傾向が見いだされたが、宝塚OGでは、この傾向は見られなかった。桝谷博士は若い頃の宝塚での10年以上の舞台教育経験がその後の人生において、「生きがい」や「前向きに生きる」ことにつながったのではないかと分析している。※週刊ポスト2011年11月18日号
2011.11.12 07:00
週刊ポスト
宝塚の入学試験は“東の東大、西の宝塚”というほど狭き門
宝塚の入学試験は“東の東大、西の宝塚”というほど狭き門
 大地真央(55)、黒木瞳(50)、天海祐希(44)、真矢みき(47)、檀れい(40)…。現在、ドラマ、映画、舞台、CMなどで活躍する女優に宝塚出身のスターが、なんと多いことだろう。歌えて、踊れて、芝居ができるという基礎の上に、華があり、さらに根性が加わるとなれば、宝塚の舞台で磨かれた彼女たちが、芸能界で重要な位置を占めるのは、当然であろうか。「そのスターたちをはぐくむ宝塚歌劇団に入団するには、2年制の宝塚音楽学校で学び、卒業することが、最低条件です。まず宝塚音楽学校を目指さなければなりませんが、その入試は、“東の東大、西の宝塚”といわれ、東大入試と比べられるほどの狭き門なんです」 こう話すのは、大阪大学で宝塚歌劇史を研究する作家の草葉達也さんだ。「1994年入学の82期生は史上最高の48.2倍という競争率でした。近年はそこまではいかないですが、平均すると、20倍前後の難関であることには変わりがありません」(草葉さん) これは、定員50人に対して1000人前後の応募者がいるという計算になる。 中学入試であれ、大学入試であれ、受験には進学塾や予備校へ通うのが一般的だが、宝塚も例外ではない。小さなときからバレエや声楽のお稽古事をしているのは当然のこと。宝塚を受験すると決めたら、合格者を多く出すことで定評のある専門の“予備校”へ通い、傾向と対策を練りながら、レッスンを重ねるのが普通だという。 とくに地元の宝塚周辺には、小学生から受け入れる“予備校”もあり、かつて『ベルばら』で圧倒的な人気を誇り、月組・花組で男役トップを務めた榛名由梨(66)も、そこへ通っていた。もっとも、小学生ほどの幼い時期から宝塚を意識する受験者はさほど多くはない。あの天海でさえ、宝塚音楽学校受験を決めたのは、中学生のときだったという。<小学生の頃にほんの少しバレエを習っていただけの私は、宝塚を受けられるだけの技術をまったく持ち合わせていなかった。最低、受験科目である声楽とバレエの技術を習得しなければならなかった>(著書『明日吹く風のために』より) そのために、高校は宝塚受験を前提に、レッスンと両立できる学校を選び、宝塚歌劇団の講師でもある女性が主宰するバレエ教室に熱心に通ったと明かしている。 天海は、高校1年が終わるときに受験を希望するが、通っていたバレエ教室の講師から、受験許可をもらえなかったとか。宝塚音楽学校では、それだけ、受験もその後の授業も厳しいものなのだ。 なお、宝塚音楽学校の受験資格は、義務教育修了から高校卒業までの年齢(15才から18才まで)だ。試験は3次まで行われ、面接、歌唱、健康診断があり、その都度、面接が重視される。※女性セブン2011年10月13日号
2011.10.02 07:00
女性セブン
地上波放送のなくなった宝塚 新規ファン取り込めず危機に
地上波放送のなくなった宝塚 新規ファン取り込めず危機に
根強いファンがいることで有名な宝塚歌劇団だが、ここ数年、入場者数は減少している。今年2月12日付の読売新聞は、2010年度の大劇場の来場者数が100万人を割り込み、2月段階で約80万人にとどまっていると報じている。2014年には初公演から数えて100周年を迎える宝塚。宝塚ファンで作家の草葉達也氏はこういう。「実は宝塚は“15年後にはなくなるのでは”といわれるほど危機的状況にあるんです」天海祐希(44)や真矢みき(47)などがトップスターだった1990年代は、入場券は「プラチナチケット」と呼ばれ、団員の家族でさえ入手困難だったほどだ。それがなぜ近年になって空席が目立つような状況になってしまったのか。前出・草葉氏はこう指摘する。「ひと言でいうと、宝塚がファンにとって身近なものではなくなったんです」まず、2002年から独自のCS放送チャンネルを作ったために、それまでの地上波の放送がなくなってしまった。「それまで関西では、宝塚歌劇の舞台が当たり前のように茶の間で見られたんです。それを見た子供が両親に頼んで、劇場に足を運ぶ、そんな家族連れが多かったんです」(草葉氏)さらに2003年に、動物園と遊園地を併設した宝塚ファミリーランドが経営難のため閉鎖になってしまった。家族連れの客が多く訪れ、この施設で遊んでその後、歌劇を見るという総合テーマパークだった。来場者数減少の原因について、草葉氏はこのふたつの理由が大きいという。「つまり、子供のころに宝塚に接する機会が失われてしまったんです。そのため次世代のファンが育たず、観客が高齢化してしまった」※女性セブン2011年9月29日・10月6日号
2011.09.17 07:00
女性セブン
トレーニングで福山雅治やケンコバのようなモテ声になれる
トレーニングで福山雅治やケンコバのようなモテ声になれる
 390万アクセスを記録する大人気のサイト『モテ声診断VQチェッカー』を運営している声総研の調査では、“モテ声”の男性有名人の1位は福山雅治(42)。また、外見の割に声の良さで得しているという“得声”の有名人の1位はケンドーコバヤシ(39)という結果となっている。一方、女性のモテ声1位は仲間由紀恵(31)。以下、真矢みき(47)、吉瀬美智子(36)と続く。 VQチェッカーの監修者である東京工芸大学助教の森山剛さんは「この調査で名前が挙がっている芸能人は、皆さん先ほど挙げた、基本の五大要素をきっちり押さえています。それに加えて今回名前が挙がった女性陣は、高音と低音の使い分けが非常にうまい。普段は落ち着いた低めの声なのに、何かの弾みで『キャッ』と高い声を出すので、男性はそのギャップに惹かれてしまうわけです」と解説する。 もともと落ち着いた声でもないし、驚いたときには「ぎゃあ~」と吠えてしまう四十路の本誌女性記者。モテ声にはほど遠い…と思っていたら、「大丈夫です! 心がけやエクササイズ次第でモテ声になることだってできますよ!」と、励ましてくれたのは、日本音響研究所の鈴木松美所長。「多くの人は、自分が出す声について、特に何かを意識したりせず、いいかげんに声を出すことが多いのです。外見だけでなく声にも気を使い、モテ声の五大要素を意識しながらしゃべってみたり、簡単なエクササイズをするだけで、魅力的な声に変身することができますよ」(鈴木さん) ならば、と、歌手であり、ボイストレーナーとしても数多くのレッスンやセミナーを行う濱田真実さんに教えてもらうことにした。「まず第一に、自分の声をよく聞くことが大切です。自分の声を好きになってよく知ると、声のコントロールもできるようになり、モテ声に大切な五大要素を押さえられるようになりますよ」(濱田さん) そのためには、うまく声を出す体の使い方のトレーニングが必要になってくる。まずは正しい姿勢。背中が丸まっていると、肩が上がり首も前に出てしまうことで、声帯が圧迫され声が出にくくなってしまう。「鎖骨を開くように胸を張り、あごを引いて首の後ろをすっと伸ばす。これが、声も出しやすく、かつ楽な姿勢です」(濱田さん) 続いて深い呼吸。前述の通り、口先だけの声と腹式での声では聞き取りやすさが違うのだが、その差は声を出すときに吐く息の量だそう。「吐く息に声をのせる意識で発声できると良いですね」(濱田さん) そして大事なのが、体をリラックスさせること。マッサージやストレッチで体の緊張をほぐせば、いい声に直結するという。「脱力しながら声を出すのも効果的です」(濱田さん)※女性セブン2011年9月15日号
2011.09.06 07:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン