三遊亭圓楽一覧

【三遊亭圓楽】に関するニュースを集めたページです。

年齢は小遊三が3才上。地方で仕事とゴルフはセットだった(写真提供/大有企画)
三遊亭小遊三、六代目円楽さんを振り返る「笑点でもゴルフでもずっと一緒だった」
『笑点』(日本テレビ系)などで活躍した三遊亭円楽さんは2022年9月30日、肺がんのため亡くなった。 青山学院大学在学中に五代目三遊亭圓楽さん(享年76)に入門。楽太郎の名で1977年に『笑点』のレギュラーになり…
2022.12.23 16:00
女性セブン
六代目三遊亭圓楽さんを偲ぶ(イラスト/佐野文二郎)
高田文夫氏が思い出す三遊亭圓楽さんの言葉「名人にはなれなかったけど、達人にはなれた」
 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、先日、亡くなった六代目三遊亭圓楽さんについてつづ…
2022.10.20 11:00
週刊ポスト
林家木久扇(撮影・小倉雄一郎)
林家木久扇が見た「日曜夕方の伝説司会者たち」、その意外な素顔
 国民的長寿番組「笑点」(日本テレビ系)で、おバカキャラの“黄色い人”として大人気の林家木久扇さん。今日も日本じゅうに、バカの素晴らしさと底力を見せつけている。最新刊『バカのすすめ』(ダイヤモンド社)…
2022.03.20 16:00
NEWSポストセブン
三遊亭白馬がトリを務めた寄席の魅力を語る
自分自身が面白がりながら噺を進化させる春風亭一之輔の魅力
 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、今、最も落語会のチケットが取りづらい春風亭一之輔を紹介する。 *…
2017.09.22 16:00
週刊ポスト
『直虎』 大河常連の前田吟の好演、中村梅雀の語りに注目
『直虎』 大河常連の前田吟の好演、中村梅雀の語りに注目
 女優の柴咲コウ(35才)が主演を務めるNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が1月8日、スタート。初回の平均視聴率16.9%の好スタートを切った。2年ぶりに女性主人公ということもあって話題性は上昇中。時代劇研究…
2017.01.11 07:00
NEWSポストセブン
「笑点」で2017年を生きる(写真:アフロ)
笑点は笑いだけでなく「大人の教訓」を届けている
 伝統的お笑い番組の「笑点」には、大人の知恵が詰まっていた。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が、2017年に生きる活力を学ぶ。 * * * もし「笑点」(日本テレビ系)という番組がなかったら、日本は今よ…
2016.12.31 16:00
NEWSポストセブン
三遊亭円楽「放任主義の母ちゃんが持ってきた真打のご祝儀」
三遊亭円楽「放任主義の母ちゃんが持ってきた真打のご祝儀」
 いくつになっても男にとって母親の思い出は甘美なもの。落語家の三遊亭円楽(66)が現在95歳となった母との思い出を語る。 * * * 二ツ目の頃までは母ちゃんも高座を見に来てくれた。でも「ひやひやするよ…
2016.07.15 16:00
週刊ポスト
三遊亭円楽 母が泣いて謝るのを見て万引きがダメと判った
三遊亭円楽 母が泣いて謝るのを見て万引きがダメと判った
 男にとって生まれて最初に接する異性である母の愛のありがたみは、遠く離れてみて初めて気づくことがほとんどだろう。「瞼の母」の思い出を、落語家の三遊亭円楽(66)が語る。 * * * 母ちゃんはずっと働…
2016.07.13 16:00
週刊ポスト
笑点・山田隆夫 「自分は動きで笑い取るチャップリンの芸」
笑点・山田隆夫 「自分は動きで笑い取るチャップリンの芸」
 山田隆夫(59)が、舞台袖から大喜利メンバーの背中を真剣な表情で見つめている。袖に一番近い位置に座る林家たい平が、得意の「山田いじりネタ」で笑いを取る。その瞬間、山田が勢いよく飛び出し、たい平を後ろ…
2016.07.04 07:00
週刊ポスト
『笑点』山田クン 重労働の座布団運びのため体を鍛える
『笑点』山田クン 重労働の座布団運びのため体を鍛える
「大本命・円楽」の下馬評を覆し、新司会者に選ばれた春風亭昇太(56才)。初司会の回はなんと視聴率28.1%。1996年に現在の放送時間(毎週日曜午後5時30分~6時)になって以来、最高記録を叩き出した。 そんな『…
2016.07.03 07:00
女性セブン
極秘肺がん闘病の野際陽子 近隣では噂になっていた
極秘肺がん闘病の野際陽子 近隣では噂になっていた
 2年ほど前に肺がんに罹患し、極秘で闘病生活を送っていたことが『週刊ポスト』に報じられた女優の野際陽子(80才)。がんの発症を伏せ続けてきた野際だが、自宅周辺では“異変”が察知されていた。 1972年に千葉真…
2016.04.29 07:00
女性セブン
林家たい平 『笑点』メンバー故に落語ファンの評価が低いか
林家たい平 『笑点』メンバー故に落語ファンの評価が低いか
テレビ・ラジオで人気の林家たい平は1964年生まれ。立川談春や柳家喬太郎ら、今の落語人気を支える中堅層と同年代の落語家だ。1988年に林家こん平に入門、1992年に二ツ目に昇進した直後から頭角を現わして数々の賞…
2011.11.22 16:00
週刊ポスト
三遊亭鳳楽 独特のリズムでまったりとした空気感を醸し出す
三遊亭鳳楽 独特のリズムでまったりとした空気感を醸し出す
 広瀬和生氏は1960年生まれ、東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。30年来の落語ファンで、年間350回以上の落語会、1500席以上の高座に接する。その広瀬氏が「まったりとした空気感を醸し出す」と評するのが…
2011.10.09 16:00
週刊ポスト
粋でいなせな「江戸っ子」演じて最も似合う噺家は春風亭一朝
粋でいなせな「江戸っ子」演じて最も似合う噺家は春風亭一朝
 広瀬和生氏は1960年生まれ、東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。30年来の落語ファンで、年間350回以上の落語会、1500席以上の高座に接する。その広瀬氏が「粋でいなせな江戸落語」と評するのが、春風亭一…
2011.09.02 07:00
週刊ポスト
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立
 タモリを司会に起用!?といった報道まで飛び出した、今年放送45周年を迎えた『笑点』(日本テレビ系)。7月13日放送の『はねるのトびら』(フジテレビ系)では、6代目座布団運びの山田隆夫(54)から「あの男! …
2011.07.31 07:00
女性セブン

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン