古村比呂一覧

【古村比呂】に関するニュースを集めたページです。

3度のがんを経験した古村比呂、人生観が変わった強烈な体験
3度のがんを経験した古村比呂、人生観が変わった強烈な体験
「私、日によってかぶり方が違うみたいなんですよ。変じゃないですか?(笑い)」 前髪を気にかけながら語る古村比呂(52才)。その髪は、抗がん剤治療の副作用で地毛が抜け落ちてから着けるようになったウイッグだ。まだ慣れておらず、「現場に行くとヘアメイクさんに“古村さん、ズレてます”といつもダメ出しされるんです」と笑う。「今年から始まった抗がん剤治療から2週間が過ぎた頃、頭がムズムズしだして、ちょっと触ったらごそっと。その後2日でスーパーのレジ袋がいっぱいになるくらい抜けました」(古村。以下「」内同) 古村は2012年1月に子宮頸がんが発覚。子宮全摘出手術を受けた。「それからちょうど5年、これでがんとのつきあいが終わると思った区切りの年に、かえっておつきあいが深くなるなんて…」 骨盤内のリンパ節などにがんが見つかったのだ。「定期的に検診を受け、人いちばいケアをしてきたつもりでした。自覚症状もなかった。なんで? これ以上、私は何をすればいいの? って。現実を受け入れられませんでした」 まもなく昼ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)の出演が控えていた。1987年のNHK朝ドラ『チョッちゃん』に主演した彼女への新たなオファーは、そのチョッちゃんの母親、つまり黒柳徹子の祖母役。「このドラマに出たい」という強い思いと、「早く治療すれば、それだけ治る可能性が高い」と言う主治医の言葉で、気持ちを立て直すことができた。◆これまでの治療が合っていないのでは? 抗がん剤と、骨盤内の患部に放射線を照射する治療とが並行して始まる。28日間、平日は毎日放射線治療を受け、1週間に1度抗がん剤投与を受ける。放射線治療は1回5分くらいだが、その副作用は予想よりもはるかにつらいものだった。「放射線を当てた部分が熱くなり、低温やけどのような痛みを感じるんです。体がとても重く、だるくてつらくて。抗がん剤の方は激しい吐き気で、洗面器を抱えてベッドに入るような状態でした。“これが一生続くわけないんだから”って自分に言い聞かせていました」 その甲斐あって、3か月後にはがんは寛解、ドラマ出演も果たした。自信もついた。ところが、それからまもなく、肺やリンパ節にがんが再々発していることがわかる。「3度目ともなると、絶望的な気持ちになりました。こんなに頑張っているのに完治しないなんて、それまでの治療が私には合っていないんじゃないか、と疑うこともありました」 今回の治療では、3種類の抗がん剤投与により再び激しい吐き気に悩まされ、治療の2日後くらいから約1週間はさらに体調が悪化した。「食べられないうえに、全身がかゆくなったり、手がどす黒くなったり、指先がしびれてものを持つのもつらくなるんです」 治療のために片道40~50分かけて都心の大学病院まで通った。「朝6時に家を出て電車に乗るんです。病院ではまず受付に並んで、受付番号をとって検査、採血をします。その結果が出る10時頃まで待って、治療を受ける部屋に入るんです」 検査の結果によっては、「今日の体調では治療ができない」と判断されて、そのまま帰ることも。「大変じゃないといったらうそになりますけど、これも1つの治療だと思うことにしました。人混みで行動するのは、刺激が違いますよね。それがリハビリになるってどこかで教わったのか、自分でそう思うようになったのか、よくわからないけど。駅の階段の上り下りは、“今日はしんどい”とか“今日は調子いい”とか体調のバロメーターになるんです」◆悲劇のヒロイン気取りの自分に気づいた この通院の途中で、人生観が変わるような体験をした。「ある日、いつものように電車のホームに着いて、売店で水を買おうとしたとき、すさまじい急ブレーキの音がしたので、思わず振り向いたら、その電車に向かって飛び込んだおじいさんがいたんです。若い運転士さんの“やめてくれ”という形相も目に飛び込んできました。 次の瞬間、“生と死ってなに?”と考えていました。私は今、懸命に生きようとして、必死で命をつなごうとして、ここにいる。同じ場所に、自分から命を絶ってしまった人がいる…」 あまりに強烈な体験だったため、【目の前で人身事故があり、電車止まった。病院行けないどうしよう】と息子たちにメールした。「するとすぐに次男から返信がありました。【そんな日もあるさ】。え? これだけ?(笑い) 【大変だったね】とかいたわりの言葉が返ってくると思っていたのに“ガクッ”ですよ。その瞬間に目覚めたんです。私は自分でつらさを“盛ってる”だけなんじゃないかって。勝手に悲劇のヒロインを気取ってるんじゃないよって感じですね(笑い)」 張りつめていた心の糸がゆるんで、かえって気持ちが楽になった。「苦しみや悩みを抱えて生きているのは、私だけじゃない。ほかの病気のかたも、地震などの災害に遭ったかたもそうでしょう。誰にでも時間は平等に与えられていると思うと、前を向いて24時間どう自分らしく時間を刻んでいくか、と考えられるようになったんです」 とはいえ、自暴自棄になる日も。「落ち込んでキッチンに立つと、鍋やお玉が凹むほど八つ当たりしてしまう。でも、不思議なもので、ひとりでいるときは抑えられるんです。息子たちがいるときの方が、何かあっても大丈夫かなと思って、爆発する(笑い)。息子たちは冷静ですから、それで救われるんです」 3人の男子を持つ古村は現在、家を出た次男を除く長男、三男との3人暮らし。3人の子の父親で2009年に離婚した俳優・布施博に対しては、どのような思いでいるのか? それまで歯切れよく答えてきた彼女が、しばらくの間をおいた。「布施さん…ねえ。子供たちの父親であることはまぎれもない事実ですけど…。今は直接話すこともありませんし。私からは、“元気でいてください”くらいですね」※女性セブン2018年11月1日号
2018.10.19 11:00
女性セブン
古村比呂が40代ラストの衝撃グラビア挑戦 温泉宿の秘め事
古村比呂が40代ラストの衝撃グラビア挑戦 温泉宿の秘め事
 NHK朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』から28年。女優・古村比呂が40代ラストのメモリアル撮影を敢行した。 テーマは「温泉宿の秘め事」。そのグラビアの一部をここに紹介しよう。◆古村比呂(こむら・ひろ):1965年11月24日生まれ。北海道出身。1985年にデビュー後、1987年に放送されたNHK連続テレビ小説『チョッちゃん』のヒロインを務めるなど女優として活躍。2009年に俳優・布施博と離婚、2011年には子宮頸がんを発症するなどの波瀾を乗り越え、2012年に本格的に女優復帰した。撮影■西田幸樹※週刊ポスト2015年1月30日号
2015.01.19 07:00
週刊ポスト
古村比呂 浮気疑っていた前夫・布施博再婚相手発言にイラつく
古村比呂 浮気疑っていた前夫・布施博再婚相手発言にイラつく
 別居から正式に離婚するまで約3年もかかるなど、古村比呂(47才)と前夫・布施博(54才)が泥沼の離婚劇を繰り広げてから4年。その前夫が再婚した妻ともどもテレビ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演し、その信じ難い言動に、古村はブログで疑問を呈していた。 古村がどうしても許せなかったことのひとつは、再婚相手の井上和子(40才)が番組の中で読み上げた“手紙”だ。 その文面には、布施への感謝の思いとともに、布施と古村の息子たちへのメッセージも含まれていた。一緒に生活はしていないが、布施の子供たちにも、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいとし、<3人とも私の本当の子供ではないけれど、とても愛おしく、また頼もしいとも思っています。子供たちが、いつ泊まりに来てもいいようにと用意してる小さな部屋も、ほとんど使ったことはないけれど、もう少しこのままにしておきましょう> この手紙は、スタジオの涙を誘った。布施自身も目を真っ赤にして、「かーちゃん(井上)も息子3人とも仲良くしてくれるし、向こうもすごく歓迎してくれたんで、やっぱり嬉しかったですね」と語ったのだ。 しかし、古村はこの手紙に怒り心頭なのだ。古くから古村を知る芸能関係者はこう言う。「実は古村さんは、布施さんと結婚していたときから、井上さんと布施さんの関係を怪しんでいたんです。布施さんが“仕事だ”といって、井上さんと夜遅くまで飲みに行っている間、彼女はひとりで3人の息子さんたちを育てたわけです。それなのに今になって“母子”みたいなことを言われたわけですから、それは怒りますよね…」 実際、2009年に離婚した際、会見で古村は「(布施の)浮気があったことは事実。何度も裏切られるのは女性として複雑だった」と語っていた。井上との真相は定かではないが、古村は不倫相手だと思い込んでいたのだ。 古村と布施はおしどり夫婦として評判だったが、1995年に布施と劇団員女優との浮気が発覚する。このとき、古村は「布施博の軽率な行動に関して妻として力不足を痛切に感じております」とお詫び文を書き、布施にマスコミの前で頭を下げさせた。以来、夫婦仲がギクシャクし始めたのはいうまでもない。 このときの浮気相手は井上ではなかったのだが、前述の『行列~』で布施は、当時、井上からこんなひと言を言われたと明かしている。「バカねぇ~。浮気っていうのはね、バレないようにしなきゃいけないんだよ!」 テレビで聞いたこのひと言も古村をイラつかせたようだ。「古村さんは、布施さんと井上さんとの仲を疑ってたわけですから、あの発言を“バレなきゃ大丈夫!”と受け取ってしまったみたいで…。“やっぱり”と思ったんでしょうね」(前出・古村の知人)※女性セブン2013年3月28日号
2013.03.17 16:00
女性セブン
古村比呂 元夫・布施博出演の番組で子供の写真使用され激怒
古村比呂 元夫・布施博出演の番組で子供の写真使用され激怒
<昨日 夜 ある番組に我が息子たちの写真 映像が一つのキーワードとなって、オンエアされたと知りました。息子たちも、私も全く知らなかったのでとても驚いています!! 本人たちの了解なく テレビ番組が作られてしまうとは…> 3月4日、自身のブログにこんな文章を綴ったのは古村比呂(47才)だ。彼女がいう“ある番組”とは、前日の3月3日に放送された人気番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)のこと。この日のゲストのひとりは、2009年4月に離婚した前夫・布施博(54才)だった。 1992年に結婚したふたりはおしどり夫婦として知られたが、2006年ごろから、お互いの両親の介護問題を理由に別居を始める。そして2008年4月、古村は離婚を決意するが、布施が応じなかったため、2009年3月に離婚調停に入り、翌4月にようやく離婚が成立するという泥沼の離婚騒動を繰り広げた。 この日の放送は、「もう2度と失敗しないぞ!再婚さんいらっしゃ~い!」という企画で、布施は昨年4月10日に再婚した14才年下の妻・井上和子(40才)を連れて登場、夫婦初2ショットを披露した。 井上は、布施が主宰する劇団・東京ロックンパラダイス所属の女優で、同劇団が発足した1994年から在籍しており、脚本も担当するなど、“仕事のパートナー”として、20年近く布施をサポートしてきたという。 布施は『行列~』で、古村と離婚して2年が経った頃から、毎晩のように井上が夢に出てくるようになり、異性として意識し始め、その後、猛アタックしてゴールインに至ったと明かした。 番組ではさらに、現在は離れて暮らしている古村との間に誕生した3人の息子たちについても言及。離れていても、父親として何か力になりたいと考え、音楽活動をしている長男のライブに照明担当として参加し、裏方として支えたというエピソードを語った。自分の部屋には3人の息子の写真が飾られていることも明かし、その写真を公開までしたのだった。 しかし、この写真こそが、古村を怒らせる原因となった。古村の知人がこう語る。「古村さんは“息子たちの写真が勝手に使われたけど、どうなの? あれって許されるの?(写真に)目線すら入ってなかったし!”って烈火の如く怒ってましたね。特に三男は先日、高校受験を終えたばかりの難しい年頃ですから、“母親としては、やっぱり心配になる…”とこぼしていました」 まだ未成年のわが子の写真が突然テレビで大映しにされる…。思春期の子供がどんな感情を抱くか心配するのは、親として当然だろう。だが、父であれば当然持っているはずのそんな配慮もなく写真を公開した布施に、古村の怒りはどんどんふくらんでいった。前出・古村の知人がこう続ける。「どうやら古村さんは、離婚後、仕事が減っている布施さんが、息子たちを利用して仕事を増やそうとしていると感じたようで、“息子が売名行為に巻き込まれた!”なんて言ってましたね」 さらに、古村の知人はこう続ける。「古村さんは、表向きは布施さんの再婚を喜んでいましたけど、実際は布施さんの幸せを耳にして、複雑だったのかもしれませんね。それなのに、今度は自分に唯一残された“子供”という宝物まで利用されたわけですから、そう簡単には許せませんよね」 冒頭の古村のブログを読んだファンからは、こんなコメントが寄せられていた。<私も放送を見て、なんだか切なくなり、ここにやってきました。一部の人間にとってはよかれでも、あれは美談でもなんでもない>※女性セブン2013年3月28日号
2013.03.15 16:00
女性セブン
鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり
鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり
 テレビの視聴率低迷が進む中、『梅ちゃん先生』が平均20%を記録。戦後復興期の医師役を演じる主演、堀北真希への評価が高まっている。 かつては、「これを観ないと一日が始まらない」といわれたNHKの連続テレビ小説。1961年の第1作『娘と私』から数えて、計86作品に及ぶ。朝ドラは全国各地、本編だけでも週6日放送されるとあって、出演女優の知名度を一気に押し上げる力を持っている。 また、そこは演技の訓練学校でもある。放送は基本6か月間だが、撮影は8か月間に及ぶ。放送評論家の松尾羊一氏が話す。「撮影は毎日朝から深夜まで。自分の両親ほどの年齢のベテラン共演者から演技指導が行なわれるわけです。最初は演技がぎこちなかったヒロインも、回を重ねるごとに様になってくる」 かくして名実ともにグレードアップを図れる朝ドラへの出演。だが、振り返ってみると意外にもその後の「勝ち組」と「負け組」がくっきり。見た目や実力だけでは長くは続かないし、成功もできないだろう。 ここでは6人の朝ドラヒロインたちの、当時とその後を紹介しよう。■『君の名は』(1991年4月~1992年4月)【平均視聴率】29.1%【ヒロイン役】鈴木京香 真知子と春樹の再会劇を描くラジオ番組のテレビドラマ化。当時デビュー3年目の22歳。その後はドラマや三谷幸喜監督の映画で主演を務める一方、2010年にはNHKとしては異例の濡れ場のあるドラマ『セカンドバージン』に主演し、人気を不動のものに。■『チョッちゃん』(1987年4~10月)【平均視聴率】38.0%【ヒロイン役】古村比呂 1985年、映画『童貞物語』のヒロインで芸能界デビューし、2年後、黒柳徹子の実母の自伝をもとにしたストーリーでの大抜擢。1992年、布施博と結婚するが、夫の不倫から2009年に離婚。女優業を続けるが……。■『ひらり』(1992年10月~1993年4月)【平均視聴率】36.9%【ヒロイン役】石田ひかり アイドル時代を経て当時20歳、相撲好きのヒロインを演じる。半年後に“月9”ドラマ『あすなろ白書』に主演。2001年にはNHK局員と結婚し、現在、2児の母のかたわら、ラジオのパーソナリティも務める。■『オードリー』(2000年10月~2001年3月)【平均視聴率】20. 5%【ヒロイン役】岡本綾 ドラマ『3年B組金八先生』で脚光を浴び、朝ドラに抜擢。映画に人生を捧げる女優役を演じた。その後、順調に女優業を歩むかと思われたが、2006年に中村獅童との不倫密会が発覚。その後はオーストラリア人男性と結婚し、2007年5月に芸能界から引退。■『おしん』(1983年4月~1984年3月)【平均視聴率】52.6%【ヒロイン役】小林綾子・田中裕子 朝ドラ史上最高視聴率を誇った番組。子供時代のおしんを演じた小林綾子はこの役のイメージが強すぎ、その後あまり役に恵まれなかった。一方、少女期を演じた田中は1989年に沢田研二と結婚、2010年には、紫綬褒章を受章するなど公私ともに順風だ。※週刊ポスト2012年7月13日号
2012.07.03 07:00
週刊ポスト

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン