デッドボール一覧

【デッドボール】に関するニュースを集めたページです。

贔屓チームの選手が死球を当てられたら心配なのはわかるが…(阪神の近本光司)
死球を与えた投手に誹謗中傷、球場DJが謝罪も… SNS時代に問われるプロ野球ファンのネットリテラシー
 SNSにおけるファンと選手の距離感を考えさせられる出来事だった。9月3日、ヤクルト対阪神戦(神宮球場)の9回、ヤクルトの山本大貴が阪神の近本光司に右脇腹に死球をぶつけ、近本は途中交代。試合終了後、ヤクル…
2023.09.06 16:00
NEWSポストセブン
金田正一、大谷翔平
大谷翔平「投げる時と打つ時どっちが楽しい?」 400勝投手・金田正一さんの問いに本人が出した「超一流の答え」
 エンゼルス・大谷翔平(28)が投打で存在感を見せ、快進撃を続けている。FAとなる今オフには、総額800億円とも1000億円ともいわれる契約を結ぶと囁かれる。メッツ、ドジャース、ヤンキースなどメジャーの名門球団…
2023.04.30 16:00
NEWSポストセブン
あの頃へ逆戻りかと思いきや、今年の藤浪はひと味違う?(時事通信フォト)
阪神・藤浪晋太郎 死球病再発でも馬耳東風「ナニワのオバちゃん力」
 開幕投手として白星スタート、4月16日のヤクルト戦でも自らホームランを放ち2勝目をあげた阪神・藤浪晋太郎(27)。4試合に登板して防御率1.90。首位をひた走るチームを牽引する活躍だが、“持病”は治っていない。…
2021.04.28 16:00
週刊ポスト
野田浩司との交換トレードで阪神入りした松永浩美(写真:時事通信フォト)
阪神1990年代の暗黒時代を生んだ「ベテラン補強」の失敗
 1950年、プロ野球が2リーグに分裂してから今年で70周年を迎える。数え切れないほどのドラマが生まれてきた中でも、1985年の阪神タイガースの日本一は未だに語り継がれ、その後の低迷期も含め、多くのファンの記憶…
2020.05.12 16:00
NEWSポストセブン
投球練習中の藤浪投手。左は福原忍投手コーチ(時事通信フォト)
阪神・藤浪は復活できるか イップス経験者、専門家の考え
 ゴールデンウィークの連戦で超満員に沸く甲子園球場から車で20分ほど離れた鳴尾浜球場で、ひっそりトレーニングに明け暮れる阪神・藤浪晋太郎(25)。ケガをしているわけでもない。でも投げられない。「10年に1人…
2019.05.04 16:00
NEWSポストセブン
今年は「夏のセンバツ」に
仲間の死を乗り越えセンバツ21世紀枠へ 熊本西の戦い
 平成最後の甲子園となる第91回選抜高校野球大会の出場32校が、1月25日に決定する。毎年3校が選ばれる21世紀枠で、選出が有力視されている熊本県立熊本西高校は、悲しい事故を乗り越えて、聖地での勝利を目指して…
2019.01.24 16:00
NEWSポストセブン
大阪桐蔭 入学前から「背番号2」をめぐる正捕手争いも
大阪桐蔭 入学前から「背番号2」をめぐる正捕手争いも
 夏の甲子園出場をかけ、全国の球児たちが連日、地方予選で熱戦を繰り広げている。その最中、甲子園の「常連校」は既に、今年だけでなく、来年、再来年、そして3年後の甲子園を見据えた“もうひとつの戦い”を水面下…
2018.07.30 07:00
週刊ポスト
諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師
鎌田實氏 言葉によって人生が変わった高校時代の体験
 人生が言葉をつくり、言葉が人を変える。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、言葉によって人生が変わった体験について語る。 * * * 元広島の“鉄人”衣笠祥雄さんが4月に亡くなった。現役時代、巨人の西本…
2018.05.31 16:00
週刊ポスト
豪快な笑顔が印象的だった
金田氏、乱闘はパを盛り上げる演出で「ワシは役者」だった
 シーズンオフになるとテレビで放送され人気を博した「珍プレー好プレー」的な番組で必ず取り上げられる試合中の乱闘事件。多くは、デッドボールを当てられた打者が投手に向かってゆくといった、選手同士の揉み合…
2018.05.24 16:00
週刊ポスト
小学校の道徳が教科に格上げ 教える教師の最大の不安とは
小学校の道徳が教科に格上げ 教える教師の最大の不安とは
 4月から小学校で、これまでは“教科外活動”として行なわれていた「道徳の時間」が、「特別の教科 道徳」に“格上げ”された。 学習指導要領によると、教える内容は「善悪の判断」「誠実」「思いやり」「国や郷土を…
2018.04.12 11:00
週刊ポスト
田口壮氏 野球漫画で最強の魔球聞かれ「野茂さんのフォーク」
田口壮氏 野球漫画で最強の魔球聞かれ「野茂さんのフォーク」
 オリックスではイチローらとともにリーグ連覇を達成し、米メジャーリーグでは、2度のワールドシリーズ制覇を経験した田口壮。出身高校は野球では無名の進学校、兵庫県立西宮北高で、甲子園とは無縁だった田口は、…
2015.03.21 16:00
週刊ポスト
史上最悪の風俗店 エースのオビスポ嬢は62歳でB100W80H100
史上最悪の風俗店 エースのオビスポ嬢は62歳でB100W80H100
「地雷女」ばかりを集めた派遣型風俗店がブームになっているという。東京は鴬谷、新宿・歌舞伎町、そして埼玉・西川口に拠点を構えるその名も「デッドボール」。同店の人気は、そのコンセプトもさることながら、爆…
2013.04.23 16:00
週刊ポスト
「地雷女」だらけの風俗店「デッドボール」に予約殺到の理由
「地雷女」だらけの風俗店「デッドボール」に予約殺到の理由
 革新的すぎるサービスに、業界が震撼している。普通のフーゾク店でもし出てきたら顔面蒼白になってしまいそうな「地雷女」ばかりを集めたデリヘルが、大ブームとなっているのだ。ホームページにアップされた在籍…
2013.04.22 16:01
週刊ポスト
村田兆治氏 「川崎球場は今思い出してもとんでもない球場」
村田兆治氏 「川崎球場は今思い出してもとんでもない球場」
 今はなき昭和の野球場をたどるこのコーナー。今回は、かつてロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)が本拠地を構えていた川崎球場の思い出を、当時のエース・村田兆治氏が振り返る。現在の千葉ロッテの…
2012.09.05 07:00
週刊ポスト
古田敦也氏 日ハム大嶋について「守備は苦労するだろうな」
古田敦也氏 日ハム大嶋について「守備は苦労するだろうな」
 早大ソフトボール部出身の異色ルーキー、北海道日本ハムファイターズのキャッチャー・大嶋匠に注目が集まっている。キャンプでは斎藤佑樹、中田翔らを差し置いてメディアの注目を集める大嶋をプロたちはどう見て…
2012.03.09 07:00
週刊ポスト

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン