大化の改新一覧

【大化の改新】に関するニュースを集めたページです。

2019年1月、新年を迎えられた天皇ご一家(写真/宮内庁提供)
御代がわり、退位から即位までの約17時間は「空位」なのか?
「それぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたい、そうした願いを込め、『令和』にいたしました」 4月1日、安倍晋三首相は、新元号「令和」に込めた意味をこう述べた。 5月1日、新しい「令和の時代」が幕を開ける。天皇陛下のご退位と、皇太子さまの新天皇ご即位に関連し、重要な儀式・行事が目白押しだ。 崩御以外での天皇の御代がわりは、江戸時代の光格天皇以来、実に約200年ぶりで、現憲法下でははじめてのことだけに、儀式の内容やその様子は前例のないものになりそうだ。◆天皇陛下「最後のおことば」と新天皇「最初のおことば」の中身 目前に迫るのが、天皇陛下の最後の儀式であり、憲政史上初の儀式である「退位礼正殿の儀」。4月30日の夕方5時から行われ、この儀式をもって陛下は退位される。 注目が集まるのが、陛下の最後の「おことば」だ。退位特例法に基づき、安倍首相が陛下に感謝の言葉を伝えた後、陛下がおことばを述べられる。一体何を話されるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一さんが話す。「平成の世の締めくくりとして、3つの点をお伝えになられると思います。1つ目は戦争のない30年を振り返られること。2つ目は新天皇の即位後は権威の二重性が生じないように決して院政をしくようなことはしないこと。3つ目は、新天皇には、国民統合の象徴として国民とともに新たな時代を築いてほしいというようなことをおっしゃると思います」 神道学者で皇室研究者の高森明勅さんの見方はこうだ。「退位礼正殿の儀は、内閣が主導し、責任を負う国事行為です。その行事に、どれだけ陛下のご本心が盛り込まれるかが注目点です。 退位のご意向を示された2016年8月のビデオメッセージや、昨年の誕生日のおことばのように、『全身全霊で務めを果たせたのは国民の支えがあったから』という趣旨のことを述べられるのではないでしょうか」 陛下の万感の思いが込められたおことばは、テレビ中継が検討されている。 新天皇が即位されて最初の「おことば」にも注目が集まる。翌5月1日に行われる「剣璽等承継の儀」では、新天皇が、皇位のしるしとして代々伝わる「三種の神器」の剣と勾玉、および、国家と天皇の印鑑である国璽と御璽を承継される。その後、約10分間行われる「即位後朝見の儀」で、新天皇が第一声を発せられる。まず新天皇のおことばがあり、その後、首相の「奉答」が続く。 平成の御代がわりの時の陛下のおことばは約2分間で、次の一節で締めくくられた。《みなさん(国民)とともに日本国憲法を守り、国運の一層の進展と世界の平和、人類福祉の増進を切に希望してやみません》「表現は変えても、基本的な心構えは同じでしょう。新天皇の第一声は、前回を踏襲した内容になるとみられます」(神田さん)◆「退位」から「即位」までの約17時間は“空位”なのか 退位礼正殿の儀を終えてから、剣璽等承継の儀を行うまでに、約17時間の空白の時間がある。それによって、天皇不在の“空位”が生まれることになるのか。「退位特例法の条文に『退位し、皇嗣が、直ちに即位するものとする』と書かれています。皇嗣とは即ち、皇太子殿下を指します。その通り、退位と即位の日付が違っていても、陛下が退位された瞬間に、次の天皇が即位されるため、空位は生じません。 昭和から平成に変わる時も同様でした。剣璽等承継の儀が行われたのは、昭和天皇が崩御されて3時間半後の朝10時でした。あくまで儀式は、譲位の事実を世に示すためのものなのです」(高森さん) 歴史をひもとくと、意外にも、空位はたびたび前例があった。「『大化の改新』を進めた中大兄皇子は、先代の斉明天皇が亡くなられても、約6年半の間即位しないまま政務を執りました。 明治以降、上皇が存在することによる弊害や、天皇の自由意思で退位されては困るといった理由から、生前退位は排除されるようになりましたが、歴代の天皇で生前退位した例も、63代にのぼります」(高森さん) 長い歴史で見ると、生前退位もごく普通の皇位継承の形だったようだ。 今回の御代がわりでは、元号が切り替わるタイミングもあり、便宜上、「5月1日午前0時に新天皇即位」とする立場もある。また、「大嘗祭を終えて初めて、正式な新天皇の即位といえる」(神道関係者)という考え方もある。 現存する世界最古の王室である「日本の皇室」の1200年の歴史においては、数時間のタイムラグなど大きな問題ではないのかもしれない。※女性セブン2019年4月18日号
2019.04.07 16:00
女性セブン
(安倍首相の)『安』の文字を含めた、新元号の複数案を示したという安倍首相(時事通信フォト)
新元号発表に「権力者は安易に元号にかかわるべきではない」
 日本の元号の歴史は、約1300年前にさかのぼる。『日本書紀』によれば、最初の元号は645年の「大化」。飛鳥時代の孝徳天皇の即位に際して設けられ、遠く平成の御代になっても、その名は小学校の歴史の授業で学ぶ「大化の改新」と共に、多くの人に記憶されている。「大化」から「平成」まで、247の元号があった。元号は原則として「一世一元」。つまり、天皇1人の治世につき1つの元号というのがルールだ。しかし、約200年ぶりの譲位に伴う今回の改元の舞台裏では、その名を冠することになる「新天皇」が“ないがしろ”にされかねない事態が起きている──。 新元号が発表される4月1日、東京都心・皇居を囲む桜はちょうど満開を迎え、お濠には桜吹雪が舞うだろう。入学式や入社式など、今年の年度初めの行事は「平成最後の」と形容され、長く人々の記憶に残るに違いない。 新時代の名前は何になるのか──発表よりも一秒でも早く報じようと報道各社は熾烈な取材合戦を繰り広げている。「昭和改元の際には東京日日新聞(現在の毎日新聞)が新元号を『光文』とスクープしましたが、結果的に誤報になった。今回も新聞やテレビの政治部が中心となって『元号取材班』を組んでいます。 特に注力するのが、安倍晋三首相(64才)周辺や官邸関係者への取材です。そもそも“時代に名前をつける”という行為は、時の為政者が自身の権力を誇示するためのもの。強権的な政治姿勢をとる安倍首相も、新元号に強いこだわりを持っているとされます」(全国紙政治部記者) たとえば、その「出典」だ。これまでの元号はすべて中国の古典(漢籍)から選ばれてきたが、安倍首相は周辺に「出典は日本で書かれた書物(国書)がいい」と話しているという。国書とは、『古事記』や『日本書紀』などを指す。実際に菅義偉官房長官(70才)は3月25日、国文学や日本史学などの専門家に考案を委嘱したことを明らかにした。「安倍首相は“なぜ日本の元号制定に中国の手を借りなければならないのか”という感覚だそうです。一部では、安倍首相の『安』の字を採用するという話も浮上しています」(政治ジャーナリスト)◆私利私欲の道具にしてはならない 3月26日、新元号の発表は菅官房長官が行う方針だと報じられた。だが、この報道以前には、発表者は長らく「検討中」とされ、さまざまな憶測を呼んでいた。「安倍総理はこの8月まで政権を維持すれば、第1次政権を含めた通算で戦後最長の在職期間になります。ただ、“首相として歴史に残る大事業を行ったか”と問われれば、いまいちパッとしない。そこで、新元号を自ら発表することで末永く記憶に残る政治家になりたいという意欲があったと囁かれていました」(官邸関係者) たしかに「平成」の額縁を高々と掲げた小渕恵三官房長官(当時)の会見は、時代を象徴する1ページとして、繰り返し目にしてきた。「元号について見識の深い人たち、特に皇室関係者の間では、“権力者が自らの権威づけのために、安易に元号にかかわることは避けるべき”と考えられています。 たとえば、明治天皇は15才という若さであったとはいえ、『明治』をくじ引きで決めたことは有名です。大正天皇も昭和天皇も、天皇の最高諮問機関『枢密院(すうみついん)』の判断に任せた上で、追認しました。『平成』も竹下登首相ではなく、小渕官房長官が発表した。 御代の名前の決定は、向こう何十年かの国の平安を左右するかもしれない責任重大な行為であって、過去の為政者たちでさえ慎重に距離を取った、畏れ多い行為なのです。私利私欲の道具にしていいものではありません」(宮内庁関係者)※女性セブン2019年4月11日号
2019.03.28 07:00
女性セブン
天皇は「玉」 明治維新志士は天皇をいかに利用するか考えた
天皇は「玉」 明治維新志士は天皇をいかに利用するか考えた
 平成の世を通じ、天皇は象徴天皇としてあるべき姿を模索してきた。だが、歴史を俯瞰すれば、天皇の意思に反して時の権力者が都合のよい天皇像を作り上げた時代も少なくない。ポスト平成に天皇像はどう変化するのか。現代史の専門家・秦郁彦氏と中世史の専門家・本郷和人氏が歴史を踏まえて考察する。本郷:ヨーロッパには、栄光の古代、暗黒の中世、ルネッサンス以降の近代という形で区分する歴史観がありますが、日本の皇国史観もそれと同じです。天皇親政を理想とするので、大化の改新と明治維新が輝かしい時期であり、その間に建武の中興があったと考える。天皇が政治の先頭に立っているときが、いちばん良い時代だというわけです。秦:戦前に東京帝大教授だった平泉澄さんもそうでした。彼は宮中で昭和天皇にご進講をしたことがありますが、建武の中興で功績のあった楠木正成を褒め称えたんですね。ところが昭和天皇は「後醍醐天皇にも失政があったのではないか」と言ったそうです。しかし明治維新の志士たちも、楠木正成に自らの立場を重ねて賞賛しました。だから、正成が忠誠を尽くした後醍醐天皇も偉いということになる。すると、南朝が正統になってしまうんですよ。本郷:明治維新の志士たちが忠誠を誓った明治天皇は北朝の子孫なので、南朝を正統とするのはおかしい。しかし倒幕を果たした西郷隆盛らの根幹にあった水戸学では、南朝が正統です。秦:そもそも兄弟の順では、大覚寺統(南朝)と持明院統(北朝)のどちらが上ですか?本郷:持明院統の後深草天皇が兄で、大覚寺統の亀山天皇が弟です。ところが、南朝正統を主張する北畠親房の「神皇正統記」は、そこでデタラメを書いてるんですよ。北畠家が仕えた後嵯峨天皇については、後鳥羽天皇がかわいがった順徳天皇よりも「兄だから正統だ」と力説するのに、後嵯峨天皇の次の代になると、兄の後深草ではなく弟の亀山(大覚寺統)のほうに仕える。すると「兄のほうが正統」という理屈が使えないので、北畠親房はそこには触れない(笑)。しかし朝廷ではずっと、北朝が正統であることが当たり前とされていました。秦:それなのに北朝の子孫である明治大帝を前にして南朝正統を主張するのは、「おまえさんは妾の子だよ」というようなものでしょ。しかもその先頭に立ったのが山縣有朋、長州藩の足軽にもなるかならないかぐらいの出自ですよ(笑)。『明治天皇紀』には、南朝の正統性を国家として認めた枢密院会議に「明治天皇ご欠席」と書いてあります。明治天皇なりの抵抗だったのでしょう。本郷:山縣有朋は、「軍務においては元帥である自分のほうが格上」と考えて、軍人だった皇族とすれ違っても頭ひとつ下げなかったという話があります。秦:天皇は単なる「玉」にすぎないというのが本音なんです。明治維新の志士のほとんどが、戦略的に天皇をいかに利用するかだけを考えていた。極端な例が、戊辰戦争における錦の御旗の偽造ですよ。「私製」の旗を見て「賊軍になった」と思い込んだ徳川が揺らいでしまったのですから、明治維新は一大虚構の上に成り立っていたともいえます。本郷:思想戦ですよね。秦:それ以降、天皇家は自分たちが北朝系であることを口にしにくい状態でしたが、二・二六事件のときに皇統問題が浮上します。昭和天皇は反乱軍を討伐しようとしましたが、軍部が相手となると南朝問題を意識せざるを得ない。そこで「私も北朝の末裔ではあるが」と言うと、内大臣が周囲と協議した上で、「皇統が正統であるかどうかは三種の神器をお持ちであるかどうかで決まると考えます」と答えたんです。【PROFILE】はた・いくひこ/1932年山口県生まれ。現代史家。東京大学法学部卒。大蔵省入省後、防衛大学教官、大蔵省財政史室長、プリンストン大学客員教授、拓殖大学教授、千葉大学教授、日本大学教授などを歴任。著書に『靖国神社の祭神たち』『慰安婦問題の決算』『実証史学への道』などがある。【PROFILE】ほんごう・かずと/1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。中世政治史が専門。東京大学文学部卒。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。近著に『軍事の日本史』『考える日本史』『やばい日本史』などがある。※構成/岡田仁志(フリーライター)※SAPIO2019年4月号
2019.02.23 07:00
SAPIO
「元号」と「年号」の違いと元号の6つの条件とは?
「元号」と「年号」の違いと元号の6つの条件とは?
 4月30日に平成が終わり、5月1日から新しい元号となる…が、「元号」と「年号」の区別がついていない人も少なからずいるようだ。そこで、内閣府・大臣官房総務課の担当者に聞いてみた。「『年号』も『元号』も、年数の上に任意の漢字をつけて表す称号という点では同じため、ほぼ同義語として扱われています。 日本は明治の改元から『一世一元』となっており、以来公称として『元号』が使われています。それまでは必ずしも元号と天皇の在位の期間は同一ではありませんでしたが、現在は一世一元となっているため、年号という言い方は、あまり一般的ではありません」(担当者) また、国立民族学博物館名誉教授の中牧弘允さんは、その微妙な違いについてこう語る。「明治天皇が即位し、改元が行われた時、天皇が明治と書かれたくじをお引きになり、『年号の字を聖択したまふ』と『明治天皇記』に記されています」(中牧さん・以下同) 最初の年号は大化の改新が起きた645年。孝徳天皇の即位元年につけられた「大化」が始まりとされている。「その大化から平成まで、247の年号が存在します。日本は世界で唯一、長期的かつ持続的に年号を使う国なのです」 これに対し、元年の意味を持つ元号は天皇の即位から数えるものだ。「現行の法律は元号法といい、明治22年の『皇室典範』でも、明治42年の『登極令』でも元号が使われているのです」 最後に、前出の担当者によると、元号になる条件とは「国民の理想としてふさわしいよい意味を持つ」「漢字2文字である」「書きやすい」「読みやすい」「これまでに元号として用いられたものではない」「俗用されているものではない」という6つの条件があるという。新たな元号がますます楽しみになってきた。※女性セブン2019年2月7日号
2019.01.30 07:00
女性セブン
新潟市民と金沢市民が何かと張り合う理由
新潟市民と金沢市民が何かと張り合う理由
『週刊ポスト』では「京都ぎらい」「名古屋ぎらい」「横浜ぎらい」「広島ぎらい」と、各都市の嫌われる理由を紹介したシリーズをお届けしてきた。その中で浮かび上がってきたのは、近隣の人ほど敏感に反応する、いわば“同地域内の近親憎悪”の激しさだ。いずれも日本海側の都市で、どちらも東京から新幹線で気軽に行ける新潟市と金沢市もそんな関係だ。「新潟は人口80万を超す日本海側唯一の政令指定都市。(人口46万人の)金沢なんて相手にならない」 そう新潟市民が息巻けば、「金沢は全国にたくさんある“小京都”のなかでも飛び抜けた存在です。新潟は“日本海側ナンバーワン”っていうけど、そもそも北陸なのか、東北なのか関東甲信越なのか、はっきりしろと言いたい。金沢こそ『ザ・北陸』ですよ」 と金沢市民が切り返す。両市が何かと張り合う理由を、県民性研究の第一人者・矢野新一氏はこう解説する。「大化の改新以前の古代では、今の福井県から山形県の一部まで越国(こしのくに)と呼んでいた。元をたどれば“似た者同士”だけに意識し合うことが多いのでしょう」 人口は平成の大合併前までは40万~45万人程度で拮抗していたが、現在では新潟が金沢を圧倒。新潟はこの数字を元に「我こそが“北陸の都”」と主張するが、金沢の受け止め方はまったく逆だ。「あえて合併せずに金沢らしさを守ったんです。新潟みたいに、ただ人口が多ければいいってもんじゃない。田中角栄の時代から新潟は数字のことばかり。田舎くさいんですよ」(金沢市民) そうした態度に、新潟市民はカチンとくるようだ。「出身を聞かれて石川県ではなく・金沢です・と自慢げに答える。小京都とか、とにかく気取ったところが嫌」(新潟市民) 金沢自慢の古い街並みも、新潟市民から見れば「路地が入り組んでいて、せせこましい。その点、新潟は道路も広くてバスも走りやすい」となる。 金沢市民のプライドは筋金入りだ。「金沢は加賀百万石の一大城下町。裕福な暮らしを送っていた背景があるため、見栄っ張り気質の市民が多い。金沢には『財産三分法(金が貯まったら骨董品、不動産、商売に分散する)』という言葉があるように、経済的に裕福でゆとりがあった。ロレックスの代理店に言わせると人口当たりでロレックスが一番売れているのは金沢ではないか、とのことです」(前出・矢野氏) しかし、こと“お金”に関しては新潟市民も黙っちゃいない。「新潟は石油やガス関連の地場産業が発展していて、小金持ちが多い。そういう人は市内の三越や伊勢丹によく行くわね。金沢の大和百貨店という老舗も進出してきたけど、6年前につぶれちゃったわ」(新潟の女性) ※週刊ポスト2016年11月11日号
2016.11.02 07:00
週刊ポスト
日本人の肉食は紀元前から 進歩的な人ほど好んだという説も
日本人の肉食は紀元前から 進歩的な人ほど好んだという説も
 日本人が肉を食べ始めたのか明治からというのが「定説」だが、実は違う。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が、日本人の肉食ルーツをたどる。 * * * 「日本人が、肉を食べるようになったのは明治以降である」と大学の入試に出たら、おそらく正答は「○」だろう。だが実際のところは「☓」である。確かに明治の初頭、肉の食用や養豚事業などは失業状態にあった士族の授産対策としても奨励されることになったし、1872(明治5)年には、政府も「肉食妻帯勝手たるべし」──と僧侶への肉食奨励とも取れるような触れを出している。 だが実際には遥か昔から、日本人の食生活は常に肉食とともにあったと考えられる。例えば、紀元前には田畑をつかさどる「大地主神」が田作りの日に農民に牛肉を食べさせたことで、豊かな実りをつかさどる「御歳の神(みとしのかみ)の祟りに遭う。怒りを解くべく白猪、白馬、白鶏を献上した」という記述が登場する。 その肉食に歯止めがかかったのが、646年に発布された「大化の改新」の詔である。一般には同時期に伝来した仏教との関連で禁じられたと言われているが、確かに「諸国の百姓が農月に酒を飲み肉を食うことを禁ず」と記されているが、「農月」とは4~9月の農繁期のこと。農作業の効率を考えれば、酒を控えさせるのは自然なことで、農耕用の牛馬を食べてしまっても作業効率は落ちる。さらに676年には牛馬犬猿鶏の食用が禁じられたが、裏を返せば禁じなければならないほど食べていたということになる。 実際この頃から、ひんぱんに牛や馬の殺傷禁止や肉食禁止令がたびたび出されるようになる。嵯峨天皇に至っては、あまりに肉食禁止が守られないことにいらだったのか、811年に「農人が酒を呑み肉を食うことを禁じて久しくなるが、之に逆行する傾向なので一層取り締まりを強化する」とお触れを出す始末。 この後も、折にふれて「肉食」文化は文献に登場するものの、次第次第に禁忌的な扱われ方になっていく。とりわけ戦国~安土桃山時代にかけての南蛮渡来人の記録には色濃く残されている。「日本人は家畜を殺して食うこと少なく、肉食を罪悪視す」(フランシスコ・ザビエル/1549年)、「京都に来て皆病気になったが、肉や魚がまるで入手できない」(ルイス・フロイス/1565年)との記述が残されている。 もっともルイス・フロイスはその20年後に「日本人は野犬、鶴、大猿、猫、生の海草を好む。牛肉は食べないが好む」と記している。食べないのに好むというのはおかしな話だ。「食べない(ことになっている)が好む」というカッコ書きがすけて見える。 その後、江戸時代に入っても牛肉を食べた隠れキリシタンがはりつけ首に処せられたかと思えば、彦根藩では牛肉の味噌漬けが考案され、徳川綱吉が生類憐れみの例を発したかと思えば両国に猪料理屋の「豊田屋」が開店。中国地方で牛の屠殺が多いからと吟味を厳しくしたのに兵庫あたりでは牛の干し肉がよく売れるという、いたちごっこ的な展開が全国で繰り広げられた。 結局、明治を待たずになし崩し的に肉食は広まることに。安政年間に大阪で牛鍋を食した福沢諭吉のほか、「豚一様」と呼ばれるほど豚肉好きだったという15代将軍徳川慶喜など、進歩的な人間ほど肉を好んだという。こうした歴史の物語に思いを馳せながら、「夏バテ防止に牛」としゃれ込むのもいい。
2014.08.17 16:00
NEWSポストセブン
645年→646年に変わった大化の改新に「そもそもなかった」説
645年→646年に変わった大化の改新に「そもそもなかった」説
 ほとんどの日本人が「645年」と答えるであろう「大化の改新」は、“蒸し米で祝おう”などと覚えたが、今の教科書では、646年の改新の詔から始まる政治改革に書き換わっている。だが、近年では、大化の改新すらなかったとする説が物議を醸しているのだ。 大化の改新を簡単におさらいすると、645年に権勢を誇っていた蘇我入鹿、蝦夷(えみし)親子を中大兄王子(天智天皇)と中臣鎌足が誅殺した「乙巳(いつし)の変」が起こり、直後に即位した孝徳天皇が「改新の詔」を発令し、公地公民制など律令国家の礎を築いたとするもの。 これがなかったとはどういうことか。大化の改新を否定する立命館大学の山尾幸久名誉教授が語る。「『日本書紀』の孝徳紀には645~647年、天皇が11の詔を下したとあります。漢字の音訓が混じった和化漢文で書かれ、群臣の前で読み上げたとされています。しかし、和化漢文が一般化するのは670年ごろのことなので事実としておかしい。 また、孝徳天皇が営んだとされる前期難波宮は、近年の発掘調査で、もう少し後世の天武天皇の時代のものではないかと見直されている。律令制度が我が国で本格化するのは、白村江の戦(663年)で敗北し、国内の改革を痛感するようになった天智天皇の時代だ。こうした点を総合的に判断すると、大化の改新なるものは疑う必要がある」 もっとも、この説は山尾氏自ら「異端」と認め、今も学会の主流は改新の詔に端を発する政治改革は行なわれたとするものだ。だが、山尾氏はこうも続ける。「『日本書紀』が編纂された奈良時代は天武天皇系がわが世の春を謳歌した時代で、真に律令制による改革を行なった天智天皇を過大に評価することはないだろう。何らかの政治的意図で天智天皇を“格下げ”するために、中大兄皇子を残虐なクーデターの首謀者として位置づけた可能性は捨てがたい」 大化の改新を日本書紀の通り理解すれば、蘇我氏を滅ぼした国内のクーデターによって中央集権国家が誕生したことになるが、実際の改革がもっと後に行なわれていたとすれば、外圧に対する敗北で危機感を強め、国家を改革したという異なる歴史を読み取ることもできる。※週刊ポスト2013年5月24日号
2013.05.18 07:00
週刊ポスト

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン