テキ屋一覧

【テキ屋】に関するニュースを集めたページです。

正月飾りは暴力団にとってシノギの機会だという(イメージ)
正月飾りは暴力団の独占利権 Xマスツリーや熊手もシノギに
 正月は、一般人にもヤクザにも等しくやってくる。ただ、ヤクザにとっての正月は重要なシノギ(資金獲得の手段)でもあるのだという。暴力団取材に精通するジャーナリスト、鈴木智彦氏(フリ…
2021.01.02 07:00
週刊ポスト
正月飾りは「地域がヤクザを養う」時代には特別な意味があった(pixta)
溝口敦x鈴木智彦「正月飾りもお祭りもヤクザの仕事だった」
 柳田國男は日本人の伝統的な世界観には「ハレとケ」があると論じた。ハレは非日常を、ケは日常を表し、儀礼や祭り、年中行事など「ハレ」の日には、晴れ着をまとって酒肴を楽しみ、歌舞音曲…
2020.12.28 07:00
NEWSポストセブン
高田文夫、『男はつらいよ』最新作と猫ひろしをどう見たか
高田文夫、『男はつらいよ』最新作と猫ひろしをどう見たか
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、「ただいま」の一言が泣かせるトラと走…
2019.10.26 07:00
週刊ポスト
盛岡を想うきっかけをつくりたい――「盛岡という星で」プロジェクトが目指す、街と人のつながり方
盛岡を想うきっかけをつくりたい――「盛岡という星で」プロジェクトが目指す、街と人のつながり方
東京から東北新幹線で2時間13分。料金1万5010円。京都に行くのとほぼ同じ時間、同じ運賃で行ける岩手県盛岡市。宮沢賢治と石川啄木を生んだ文化の街(人口比の演劇の劇団数が日本一)であり…
2019.10.10 08:00
SUUMOジャーナル
言葉の解釈から例文までさまざまな辞典
「個性派辞典」が大ブーム、SNS隆盛の今の時代にマッチ
 分厚くて、重くて、堅苦しい──そんな従来の辞典が持つ常識を大きく覆す新手が登場し、注目を浴びている。とりあげる分野はニッチで語彙も少なめだが、そこに記された言葉から広がるインスピ…
2019.09.16 16:00
女性セブン
朝日新聞編集委員が辿る“裏昭和史”【香山リカ氏書評】
朝日新聞編集委員が辿る“裏昭和史”【香山リカ氏書評】
【書評】『裏昭和史探検 風俗、未確認生物、UFO…』/小泉信一・著/朝日新聞出版/1300円+税【評者】香山リカ(精神科医) ストリップ劇場、ロマンポルノ、ビニール本、のぞき部屋に愛人バ…
2019.05.17 16:00
週刊ポスト
カワウソが大人気、今や密輸するヤクザの資金源に
カワウソが大人気、今や密輸するヤクザの資金源に
 最近になって相次ぐ「暴力団の新たな資金源」に関するニュースに接するたび、驚かされる。いったい彼らはどのようにしてさまざまなサイドビジネスに手を伸ばしているのか。「ヤクザ取材」の…
2019.02.11 16:00
週刊ポスト
長年のヤクザ取材の経験から語りつくした溝口氏
溝口敦・鈴木智彦対談「粉もの・水・サカナとヤクザ」
 豊洲などの魚市場に密漁魚が出回り、それが暴力団の資金源になっている──話題書『サカナとヤクザ』でフリーライターの鈴木智彦氏は両者の知られざる関係に迫った。今から15年前、同じく食肉…
2018.11.04 16:00
週刊ポスト
クスリを止められないというのはウソ?
元組長、中国人犯罪の実態明かす「やつらとは組めない」
 警察の内部事情に詳しい人物が関係者の証言から得た、警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、日本国内における中国人犯罪の実情を、元暴力団組長が…
2018.09.07 16:00
NEWSポストセブン
元組長が明かす、祭りのテキ屋屋台が国際化している理由
元組長が明かす、祭りのテキ屋屋台が国際化している理由
 警察の内部事情に詳しい人物が関係者の証言から得た、警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、お祭りの屋台が国際色豊かになってきている背景を、元…
2018.08.21 07:00
NEWSポストセブン
DMM.com亀山会長 露天商から年商2000億円の経営術
DMM.com亀山会長 露天商から年商2000億円の経営術
 何をやっているか分からない。いや、分からないからこそ強いのだ。動画配信やFX、ロボット事業まで展開する「DMM.com」亀山敬司会長(55)に話を聞くと、そんな気になってくる。年商2000億円…
2017.01.05 16:00
SAPIO
山口組分裂 対立暴発の舞台として危惧されるのが初詣の屋台
山口組分裂 対立暴発の舞台として危惧されるのが初詣の屋台
 ヤクザ社会の新年行事である12月13日の「事始め」。例年、「直参」と呼ばれる直系組長が勢揃いし、盛大な宴会が開かれる山口組の「事始め」だが、2015年は様相が違った。「分裂騒動の結果、7…
2015.12.21 07:00
週刊ポスト
【今週はこれを読め! エンタメ編】じんわり効いてくる寅さん小説〜滝口悠生『愛と人生』
【今週はこれを読め! エンタメ編】じんわり効いてくる寅さん小説〜滝口悠生『愛と人生』
 博多華丸・大吉のネタに「酒のちゃんぽんと親の意見は後から効いてくる」というフレーズがある。私はここに「男はつらいよ」シリーズも、”後から効いてくるもの(成長とともによさがわかる、…
2015.02.18 13:06
BOOK STAND
五輪対談「選手団ユニフォームにメイド服」と森永卓郎氏提案
五輪対談「選手団ユニフォームにメイド服」と森永卓郎氏提案
 IOCの調査によると五輪開催に賛成する都民は70%で、候補3都市のなかで最低。巨額の税金が投入され、都民の生活にも大きな影響を与えるイベントなので、賛否は当然だ。 そこで本誌は、とも…
2013.09.04 16:00
週刊ポスト
暴排条例で海外に拠点移す組織増えると山口組系企業舎弟証言
暴排条例で海外に拠点移す組織増えると山口組系企業舎弟証言
警察組織と暴力団のせめぎ合いは水面下で激化している。ジャーナリスト・伊藤博敏氏が、暴力団排除条例の全国施行から1か月が経とうとする中で暴力団はどのような対策を取ろうしているのか、そ…
2011.11.11 07:00
SAPIO

トピックス