• TOP
  • 芸能
  • 元巨乳クラリオンガール 自己破産で自宅差し押さえの過去

芸能

2010.12.27 20:00  週刊ポスト

元巨乳クラリオンガール 自己破産で自宅差し押さえの過去

 1979年には6代目『クラリオンガール』に選ばれ、CMやグラビアでブレークした“元祖グラビアアイドル”烏丸せつこ(1955年生まれ)。巨乳ブームの先駆けともいわれ、ポスターの盗難が相次ぐなど、その存在は社会現象にもなった。年の差婚でも話題になったが、その後の人生は波瀾万丈だった。(週刊ポスト2002年8月30日号より)

 * * *
「『クラリオンガール』に選ばれた3年後に21歳年上の敏腕映画プロデューサー・T氏と、“できちゃった婚”。1983年に長女、1990年には次女が生まれ、夫婦仲も抜群でおしどり夫婦と呼ばれていたんですが……」(芸能記者)

 だが、T氏の手掛ける映画がことどとく失敗。1992年に2回目の不渡りを出すとT氏が経営していた会社は倒産。1億2000万円にものぼる烏丸の自己負債を含め、総額7億5000万円もの負債を抱えて自己破産。

「世田谷の庭付き50坪の豪邸も差し押さえに。その後にT氏は債権者とのトラブルで逮捕されたんですが、その時すでに印鑑をついた離婚届を烏丸に渡したそうです」(当時のT家の知人)

 一家4人の生活を支えるため、一度は引退した芸能界も復帰したが、2001年11月、遂に19年間の結婚生活にピリオドを打った。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス