• TOP
  • スポーツ
  • チーム最年長・松井秀喜「球団のお荷物にはなりたくない」

スポーツ

2011.03.09 07:00  週刊ポスト

チーム最年長・松井秀喜「球団のお荷物にはなりたくない」

移籍後もファンに囲まれる松井

 新天地となるオークランド・アスレチックスでメジャー9年目のシーズンに挑む松井秀喜(36)。アリゾナでキャンプを続ける松井の肉声を、スポーツジャーナリストの古内義明氏がリポートする。

 * * *
 今季で37歳になる松井に、「チーム最年長」という言葉の響きを聞いた。「もう松井秀喜もそういう年になったのか、という感じですよね」としみじみと語った。

「20年近く現役でやっていれば、いつかは最年長になる日が来ます。選手として残された時間が残り少ないと思われても仕方がないし、一年一年が勝負の年なのは間違いありませんね」

 彼の表情と言葉からは今年にかける意気込みが感じられると同時に、選手生命をかけた厳しいシーズンになることも十分に予感させた。

「毎年選手生命はかけていますよ。何度もいいますが一年一年が勝負ですし、球団のお荷物にはなりたくありませんからね。この年齢で“お荷物”になったら、そのチームでは終わりですよ。『心・技・体』の一つでも欠けたら、期待されている結果は出せないと思います。一つでも欠けたら引退する気持ちに変わりはありません」

 甲子園で5打席連続敬遠された男は、いつしか「巨人の4番」から「ヤンキースの4番」に飛躍を遂げた。体にメスを入れながらも、世界一の美酒を味わった。そして今季、選手生命をかけたプロ19年目の戦いが始まった。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2011年3月18日号

関連記事

トピックス