芸能

最新芸能記事のRSS

aiko 幼稚園時代に即興オリジナルソング歌い将来を確信される

2011.03.13 07:00

 1998年のデビュー以来、ヒットチャートを席巻し続けているaiko(35)。2月23日に2枚同時に発売された初のベストアルバム『まとめI』『まとめII』は、合わせて44万枚の大ヒットになっている。  そんなaikoは1975年、大阪市で、

 1998年のデビュー以来、ヒットチャートを席巻し続けているaiko(35)。2月23日に2枚同時に発売された初のベストアルバム『まとめI』『まとめII』は、合わせて44万枚の大ヒットになっている。

 そんなaikoは1975年、大阪市で、スナックを経営する父と看護師の母の間に生まれた。父親は若いころ、プロの歌手を目指して上京したこともあるほどの音楽好き。その影響もあって、aikoは3才からピアノを習い始めた。aikoの知人がこう話す。

「“お前、なんか歌ってみろ”と父親がいうと、aikoちゃんは、即興でオリジナルの曲を作って歌うんですよ。それがなんと幼稚園のころ。そのときから、本人だけでなく、家族全員がaikoちゃんは将来プロの歌手になると思っていたそうです」

 高校生になると、学校で友人とともにバンドを組み、文化祭でMr.Childrenの曲を演奏していたという。そして、大阪音楽大学短大に進み、自分で作詞作曲をしながら、父親のカラオケスナックでアルバイトを始めた。それがaikoにとってのスタートラインとなった。当時の常連客が振り返る。

「店の客はほとんどが常連さん。aikoちゃんは客とデュエットしたり、ひとりで歌ったりしていました。なかには“甲斐バンドの『安奈』を1オクターブ高く歌え”とか、“太田裕美の『木綿のハンカチーフ』の〈彼女のパート〉を歌え”といった、細かい注文が飛ぶこともありましたよ」

 客からの注文は演歌もあった。が、もちろん当時のaikoには歌えない曲もあった。

「うまく歌えなかったり知らない曲があったときは、その次の日、父親と開店前から歌の特訓をしていました。美空ひばりさんの『リンゴ追分』なんかをよく練習していたようです。父親はとても厳しくて、“ここはそうじゃない!”“ヘタクソ”とダメ出しすることが何回もあったそうですよ」(前出・常連客)

※女性セブン2011年3月24日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP