• TOP
  • 芸能
  • 長女誕生の海老蔵 妻妊娠中に「放射能心配で逃げ何が悪い」

芸能

2011.07.29 07:00  女性セブン

長女誕生の海老蔵 妻妊娠中に「放射能心配で逃げ何が悪い」

 25日午後6時37分、市川海老蔵(33)と妻・麻央(29)に待望の長女・麗禾(れいか)ちゃんが誕生した。体重は3054g。母子ともに健康だという。

 麻央の妊娠中に暴行事件を起こした海老蔵だが、生まれる前からお腹の子供にはデレデレだったという。

「海老蔵さんは4月くらいから、もう子供のおもちゃとか洋服とかが気になって選びに出かけたりしていました。ちょっとした稽古の合間にも、麻央ちゃんに電話したり、早くも親バカでしたね」(歌舞伎関係者)

 そんな海老蔵だけに、今年の3月11日以降は気が気でなかったという。

「海老蔵さんは、福島原発の事故による放射能の問題を大変気にしていました。水素爆発事故が起こると、すぐに身重の麻央さんを連れて東京から離れてしまいました」(前出・歌舞伎関係者)

 当時、暴行事件によって謹慎中だった海老蔵だけに、夫妻で東京から避難したことは複数のマスコミに取り上げられた。

「海老蔵さんは福岡に避難したことを報じられると、“放射能が心配で逃げて何が悪いんだよ。妊婦なんだから、避難させるのは当たり前じゃないか”と怒っていました。お子さんは無事に生まれましたが、放射能の問題はまだ終わっていないので、これからもまだまだ心配な日々が続きますね」(海老蔵の知人)

※女性セブン2011年8月11日号

関連記事

トピックス