• TOP
  • 国内
  • 東電6000億円過大見積り「大した問題ではない」と大前研一氏

国内

2011.11.01 16:00  週刊ポスト

東電6000億円過大見積り「大した問題ではない」と大前研一氏

先頃、東京電力が電気料金原価を6000億円過大に見積もっていたことが判明した。しかし、この件について大前研一氏は何を思ったか。以下、大前氏の談だ。

* * *
東京電力の電気料金算定のもとになるコスト見積もりが、実際にかかった費用より過去10年間で合計約6000億円過大だったことが明らかになり、電気料金が必要以上に高く設定されていたのではないか、とマスコミは騒いでいた。だが、これは大した問題ではない。

10年で6000億円ということは、1年600億円。東電は売上高5兆3685億円(2011年3月期)の会社だから、600億円はその約1%である。つまり、東電の電気料金は見積もりより1%高かったにすぎないのだ。

※週刊ポスト2011年11月11日号

関連記事

トピックス