• TOP
  • 国際情報
  • 韓国の時代劇 日本人役が出る時はなぜか豊臣秀吉風の風貌に

国際情報

2011.12.07 16:00  週刊ポスト

韓国の時代劇 日本人役が出る時はなぜか豊臣秀吉風の風貌に

『チャングムの誓い』や『ファン・ジニ』など韓流時代劇が日本でも見られるようになったが、ここでいくつか韓流時代劇に関するトリビアを3つ紹介しよう。

【豊臣秀吉は韓流では完全に悪人】
文禄・慶長の役で朝鮮半島へ攻め込んだ豊臣秀吉は、韓流時代劇の中ではかなりの悪者視されている。またその秀吉軍を撃退したと李舜臣将軍は韓国では特別に英雄視されている。直接秀吉がでてこない時代劇の中でも、日本人が出てくるシーンではなぜか秀吉風の風貌で粗暴な性格に描かれることが多い。

【中国にだってたてついちゃうのが韓流時代劇】
朝鮮王朝の遥か昔に存在した高句麗初代王を扱った『朱蒙』。その中で「漢」の鉄騎軍と戦うシーンが何度も出てくる。終始押され気味だった高句麗軍だが、やがて漢よりも優れた防具が完成する。もちろんフィクションだが、漢に奪われた領土を取り戻すという民族意識高揚を意識した演出だと思われる。

【日本人の知らない宦官マル秘エピソード】
宦官が主人公の『王と私』。切除した男根は塩漬けにして「六根壺」に保存。命よりも大切なものとして扱われる。ただし、王の決定に命を賭けて諫言する際には、この六根壺を頭上に掲げ、宦官全員で声を揃えて嘆願するという、日本人には理解不能なシーンも。因みに宦官が亡くなると壺も一緒に埋葬されるとか。

※週刊ポスト2011年12月16日号

関連記事

トピックス