国内

皇太子が皇位継承権を譲ることがなぜ不可能かを専門家解説

 平成皇室が直面している難題の一つが皇太子と雅子妃を巡る問題だ。雅子妃の適応障害での療養期間は既に8年に及び、「皇太子殿下は皇太子位を秋篠宮殿下に譲るべき」「皇太子もそれを望んでいるのでは」という声まで飛び出している。もちろん、それらを暴論として切って捨てるのは簡単だ。しかし、こうした過激な発想は、皇室はどうあるべきか、という根本的な問いを考え直すきっかけになり得るのかもしれない。皇室ジャーナリストの山下晋司氏がレポートする。

  * * *
 昨年11月から、タレントのデヴィ夫人が自身のホームページで「皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める請願書」への署名運動を実施している(1月末で締め切り)。

 複数のメディアから取材を受けて私もその存在を知るところとなったが、内容としては、「皇太子位を速やかに徳仁殿下から秋篠宮文仁殿下に移譲」「皇太子徳仁殿下は皇位を廃嫡するか、皇太子妃のみを廃妃とする」という請願だ。

 請願は憲法に規定された国民の権利であるから、それ自体を否定すべきではない。問題は、なぜこういった過激な主張が浮上してきたのかという点にある。

「皇太子廃嫡論」まで出る背景にはまず、雅子妃殿下が適応障害という病気にもかかわらず、私的な活動では明るく元気な様子がテレビや週刊誌などで報じられている点が挙げられよう。療養期間が8年に及び、いまだに公務や宮中祭祀のほとんどを欠席されている妃殿下が、愛子内親王殿下の通学や校外学習には元気に付き添っているなどと報じられている。

 同時に、皇太子殿下ご自身の言動が国民に与える印象という問題もある。

 記者会見では内親王殿下の話題が多いであるとか、妃殿下が朝起きられない時は殿下が内親王殿下の付き添いをしている、などの報道により、「公」よりも「私」を重視しておられるように国民の目には映る。

 殿下が妻や子を守るのは、ある意味では非常に大事なことだが、「国民からどう見えるか」ということについて、東宮職を含めて配慮が足りなかったと反省すべき面があるのではないか。

 デヴィ夫人の主張もそのあたりに起因しているわけだが、一方で、皇太子を変更するには法的に非常に厳しい制約がある。

 皇室典範の11条2項には〈親王(皇太子及び皇太孫を除く。)、内親王、王及び女王は、前項の場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる〉とある。親王などに皇籍離脱の規定はあるが、「皇太子は除く」と規定されているのだ。

 できるとすれば、皇位継承順位の変更だ。同3条には、〈皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる〉とある。

 これは相当に厳しい規定である。「不治の重患」は、文字通り治る見込みの無い重病。「重大な事故」は、前例が無いので詳しくはわからないが、例えば「行方不明」や「一切の公務を放棄」などの場合は「重大な事故」に該当するものと思われる。少なくとも今の殿下の状況は当てはまらない。私の知る限り、殿下が公務を休まれたのはポリープ手術やインフルエンザの時くらいである。昨年、天皇陛下の入院により、殿下は約1か月にわたり、陛下の国事行為の臨時代行をしっかりと務め、この間ご自身の公務にもあたられた。

 ちなみに、同16条には摂政の規定について書かれているが、その2項には〈天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く〉とある。3条では〈不治の重患〉とあったところが〈重患〉とだけ記されている。つまり、皇太子の変更は摂政を置く規定よりも厳しいものなのだ。

 巷では「皇太子も雅子妃のために皇太子位の返上を望んでいるのでは」などという談議もあるようだが、殿下ご自身がそのような発言をされたことはないし、そもそもここまでに挙げた規定でわかるように、変更は皇室会議の議によりなされるもので、自発的に返上などできない。

 英国では1936年にエドワード8世がいわゆる「王冠を賭けた恋」で退位したという事例があった(英国国王に即位したエドワード8世が、夫のいるアメリカ人女性と恋仲になり、彼女と結婚するために退位。英国国教会では離婚を認めておらず、強い反発があった)。だが、王の自由意思による退位は英国でも前例が無く、規定も無かったため立法が必要とされたし、そもそも英国と日本では歩んできた歴史が異なる。同列に論じられるはずもない。

※SAPIO2012年2月22日号

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン